ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




発達障害



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





自閉症
学習障害
亜急性硬化性全脳炎」
慢性疲労症候群
レット症候群
アスペルガー症候群
向精神薬
ADHD
広告




発達障害
ASD(自閉症スペクトラム障害)
  • 自閉症
    アスペルガー症候群
    広汎性発達障害
LD(学習障害)
ADHD(注意欠陥多動性障害)






おもな発達障害
発達障害とは?

  • 落ち着きが無く、注意力散漫で、衝動性や多動性を特徴とする行動をとる「ADHD」や、

  • コミュニケーション能力・社会性・想像力の障害である「広汎性発達障害」や

  • 読む・書く・計算する、推論するなど、特定の分野の修得が著しく困難な学習障害(LD)

などを含めた総称。
  • 最近では1つの連続した障害とみなされる。

自閉症(広汎性発達障害)
  1. 他人との社会的関係の形成の困難さ
  2. 言葉の発達の遅れ
  3. 興味や関心が狭く特定のものにこだわるなどを特徴とする行動の障害


高機能自閉症
  • 自閉症のうち、知的発達の遅れを伴わないもの。
  • 高機能自閉症の人は目を使ったやり取りが苦手と言われている。
  • 2012年、自然科学研究機構・生理学研究所と福井大学、金沢大学は、意思疎通が苦手な「高機能自閉症」の人と健康な人が見つめ合っても、脳活動の変動パターンが同調しないことを突き止めた。
  • 健康な人同士では脳活動が同調する。
  • 生理研の定藤規弘教授と田辺宏樹助教(現:名古屋大学准教授)が、2台のfMRIをつないで同時に2人の脳活動を測定できるシステムを考案。福井大学に設置して実験した。
  • 高機能自閉症の人と健康は人を各21人づつペアにし、2人が見つめ合った後に、両者が同じ場所に目線を向ける共同注意という課題をテストした。

学習障害(LD)
  1. 基本的には全般的な知的発達に遅れはない
  2. 聞く・話す・読む・書く・計算する、推論する能力のうち、特定のものの修得と使用に著しい困難を示す、さまざまな状態を指す。


ADHD(注意欠如・多動性障害)
  1. 年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、衝動性、多動性を特徴とする行動の障害
  2. 社会的な活動や学業の機能に支障を来すもの

アスペルガー症候群
  1. 知的発達の遅れを伴わず
  2. かつ、自閉症の特徴のうち、言葉の発達の遅れを伴わないもの。







ABA(応用行動分析)
発達障害のトレーニング方法
  • NHK「あさいち」2016/06/22
  • ほめて伸ばす!子どもの発達障害
  • すぐ、ほめる。
    • できた瞬間にほめる
  • “ありがとう”




匂いで早期発見

2014年、慶應義塾大学の岡田謙一教授らは発達障害の早期発見ができる装置を開発した。

発達障害の1つである「自閉症スペクトラム」は100人に1人の割合で見かける。


症状は幼少期から始まる。
自閉症やアスペルガー症候群などで見られる幅広い症状を含み、
特定の匂いにこだわるなどの特徴があるという。

装置にはパイナップル・オレンジ・ラベンダーなどの香料を最大4種類充填できる。

年齢によって執着する匂いが異なるとされる。




発達障害の早期発見法などに
ヒルシュスプルング病の遺伝子発見

2001年、愛知県心身障害コロニー発達障害研究所(春日井市)は知的障害やテンカンなど発達障害の原因と見られる遺伝子を発見した。

腸管の蠕動運動がおかしくて食べたものを運べなくなる「ヒルシュスプルング病」で発達障害を合併した患者の染色体をしらべたところ、細胞内の情報伝達にかかわる遺伝子に異常が起きていた。


発達障害の早期発見法などにつながる成果。


発見したのは『スマッド結合タンパク1(SIP1)』という遺伝子。


細胞内のシグナル伝達に関わるタンパクを作る事は知られていたが、病気との関係は分かっていなかった。

同研究所の若松延昭遺伝学部長らは発達障害を持つ患者4人の染色体をしらべた。SIP1の塩基配列がある2番染色体に異常が起きて、この遺伝子がうまく働かなくなっていることを突き止めた。

このため、SIP1によって出来るはずのタンパク質が減り、発達障害が起きたと見られる。


  • ヒルシュスプルング病は出生児3000〜5000人当たり1人の割合で生まれ、腸管の収縮活動がうまく出来ず激しい便秘などを引き起こす。
  • 大半の患者は手術で治るものの、知的障害やテンカンなどを併発するケースが稀にあり、原因の解明が求められていた。



チェック
関連情報
学習障害」「亜急性硬化性全脳炎」慢性疲労症候群」「レット症候群」「アスペルガー症候群」「有機ゲルマニウム向精神薬」「ADHD











解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用