ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




発熱



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)


発熱に用いる漢方薬
高熱
発熱を伴う感染症
原因不明の発熱
「小児の発熱
往来寒熱
側頭動脈炎
中枢神経の疾患
結節性多発動脈炎
クローン病
川崎病




発熱するときの漢方薬
阿膠鶏子黄湯

安宮牛黄丸

益胃湯

黄蓍建中湯
  1. 不定期の発熱

黄竜湯

黄連阿膠湯

黄連解毒湯
  1. 高熱が多い。
  2. 悪風や悪寒のある場合には、この処方ではない《大塚敬節》
  3. 1男子、原因不明の高熱が数日続き、抗生物質を用いて下熱したが、口唇は乾燥して裂け、舌は乾いて全くしめりなく、水を欲するも、呑もうとすると悪心があり食欲なく、ウトウトとするも何となく不安で安眠を得ない。脈は沈で力がある。私はこれに黄連解毒湯を用いたが、2日後には口内にしめりを生じ、食欲が出で、安眠を得るようになった。《大塚敬節》
  4. 火傷のため、激しく発熱し、重篤の症状を呈する者に用いる。《大塚敬節》
  5. 発熱後、日数を経て余熱が内にこもり、舌は乾燥し、時には、黒苔を生じ、胸苦しく、口が渇き、悪心、不眠などのある者に用いる。この際、体の表面にくわっくわっとした浮かび出た熱はなく、深く沈んでこびりついたものによい。皮膚もガサガサとして湿りがない。脈は沈んで小さくても力がある。腹にも底力がある。《大塚敬節》

牛黄清心丸

加減復脈湯

加減逍遙散《寿世保元》

葛根湯
  1. 発熱・無汗・項背強

加味帰脾湯

加味逍遥散

桂枝加葛根湯    

桂枝加厚朴杏仁湯

桂枝加芍薬湯
  1. 発汗の後、微熱尚去らず、腹軟にして虚脹し、之を按ずれば痛み、或いは下痢する証。《奥田謙蔵》

桂枝加竜骨牡蠣湯

桂枝湯
  1. (表虚証)
  2. 発熱・表証・自汗・脈浮弱。

桂枝人参湯

桂芍知母湯

桂麻各半湯

五蒸散《医学入門》

犀角地黄湯

柴胡飲子《宣明論》

柴胡桂枝乾姜湯
  1. 熱に上り下りがあり、悪寒が強く、脈に力がなく、盗汗が出たり、頸から上だけ汗が出たりする者に用いる。血色も優れず。足が冷えるという徴候もある。《大塚敬節》

柴胡桂枝湯

柴苓湯《世医得効方》

左帰丸

滋陰降火湯《万病回春》
  1. 発熱・陰虚証・脈弱

梔子柏皮湯
  1. 蒸々として発熱し、衂血を発する証《奥田謙蔵》
  2. ☆1婦人、故なくして下肢の1部分に熱感があり、火が燃えているようだと云う。掌をあててみると、熱感を覚え、その部分が少し発赤している。よって身熱と診断して、この方を与えたところ、数日ののち熱感は拭うように消失した。漢方でいう熱とは、必ずしも体温の上昇を必要とせず、熱感だけのものでも、これを熱とする場合がある。《大塚敬節》

紫雪丹

四逆散
  1. 不定期の発熱

四物湯《万病回春》
  1. 昼静かにして夜熱する者、血分に熱あるなり:
    • 知母・黄柏・黄連・山梔子・牡丹皮・柴胡」《万病回春》
  2. 昼夜ともに発熱する者、気血の分に熱あるなり:
    • 小柴胡湯黄連・山梔子」《万病回春》
  3. 痩せて水分が少ない(=陰虚の)人発熱:
    • 知母・黄柏。」
  4. 結核性消耗熱:
    • 地骨皮・知母・柴胡各4.0g、2.5g。」
  5. 夜の潮熱:「黄連・胡黄連各等分」=四物二連湯

瀉陰火升陽湯《脾胃論》

沙参麦門冬湯

十全大補湯

十味敗毒湯

朱砂安神丸

潤腸丸

小柴胡湯
  1. 発熱・胸脇苦満・口苦・脈弦・少陽病・実熱。
  2. 抗生物質を使用しても下がらない高熱
  3. 原因不明の熱にも《大塚敬節》
  4. 発熱・胸脇苦満・往来寒熱
  5. 男女諸熱出で、血熱して蘊隆なるを治す。剛痙の熱有るを治す。咽乾喉塞、亡血家、淋家、衂家、瘡家、動気は、並に汗す可らず、皆此湯を用いる。《仁斎直指方》
  6. 伏暑、発熱し、汗し、渇し、暑心包に入り不語するを治す:「+茯苓」《万病回春》
  7. 傷暑、外熱し、内渇するを治す:
    • 茯苓・生姜」《仁斎直指方》
  8. 12歳の男児。1ヶ月余り前から、午後になると、37、5℃の熱が出て、元気が無く、だるがると云う。2、3の病院で詳しい診察を受けたが、熱の原因が分からない。腹診上、胸脇苦満というほど季肋下の抵抗を認めない。脈は浮ではなく、やや細である。悪風も悪寒もない。
    桂枝湯や葛根湯の証ともみえない。試みに小柴胡湯を与えてみる。7日後に来院したのをみると、何となく血色がよく、元気である。熱の方は下らない。引き続き3週間分を飲む終わる頃から、熱が37、1℃ぐらいになり、食が進み、疲れを訴えなくなった。《大塚敬節》
  9. 小児、5、6歳。悪寒がして熱が出るという状態が数ヶ月も続き、そのため痩せ衰えた。医は、これを疳労(小児結核)と云い、或いは回虫のためだと診断して治療し、その他諸種の薬を用いたが、一向に効がない。その後で、1人の医が、小柴胡湯を用いたところ、4、5日もたたないのに、諸症が脱然として愈えた。これは面白いことだ。前医はとかく、病の見立てが深くて薬が反って当たらず、後医は普通のありきたりの常法を守って効を得たのである。《梧竹楼方函口訣》

小青竜湯
  1. 喘・表証・心下有水気・裏寒。

升陽散火湯《寿世保元》

生脈散

新加黄竜湯

参蘇飲

清瘟敗毒散

清営湯

青蒿鼈甲湯

清骨散

清暑益気湯《万病回春》

清心蓮子飲《寿世保元》

増液承気湯

増液湯

大承気湯
  1. 発熱・宿便・燥屎・腹満
  2. 潮熱:潮熱とは、悪風や悪寒を伴わない熱で、ちょうど潮が満ちてくるときは、海岸の岩間のすみずみまで浪で濡れるように、熱とともに全身に汗が出るのをいう。この潮熱は大承気湯を用いる目標である。《大塚敬節》
  3. 蒸々として発熱し、煩満して食を欲せず、腹堅痛し、屡(シバシ)ば上厠するも糞便硬固なる証《奥田謙蔵》
  4. この方は、熱が高いのに脈が沈遅で力があり、汗が出ても悪寒がなく、腹部は膨満充実し、便秘して大便が硬く、手足からも、汗がじとじとと出るのを目標とする。この際、悪寒があるようなら、大承気湯を用いてはならない。《大塚敬節》

大青竜湯
  1. 発熱。・無汗・身疼痛・煩躁<甚>

大陥胸湯

大定風珠

大補陰丸

竹葉石膏湯

調胃承気湯

桃核承気湯

当帰飲《万病回春》

当帰承気湯《玉機微義》

当帰補血湯《内外傷弁惑論》

二陳湯
  1. 不定期の発熱

人参柴胡散《衛生宝鑑》

人参散

麦門冬湯

白虎湯
  1. 発熱・汗出・煩渇・陽明病・実熱。
  2. 発熱・身熱・皮膚灼熱感・煩渇・脈滑数


茯苓補心湯《易簡方》

防風通聖散

補中益気湯《万病回春》

麻黄湯
  1. 発熱・無舌苔・口渇・脈浮緊・太陽病・表証。


抑肝散

凉膈散

羚羊角釣藤湯

六一散

六味丸





漢方でいう“熱”
近代医学で熱があるかないかを診断するには体温計によるが、漢方医学で熱という場合は、必ずしも体温の上昇を意味しない。

例えば、体温が39℃以上に達していても、
  • 脈が沈んで遅く、
  • 顔が蒼く、
  • 悪寒を訴え、
  • 手足が冷え、
  • 舌が湿り、
  • 尿が清澄であれば、これを“寒”とする。


“熱”は新陳代謝の亢進を意味し、

“寒”は新陳代謝の沈衰を意味する。《大塚敬節》

発熱の主薬 ・・・《万病回春》
  • 「心火を瀉すには、黄連を主薬とすべし」
    「肺火を瀉すには、を主薬とすべし」
    「脾火を瀉すには、芍薬を主薬とすべし」
    「胃火を瀉すには、石膏を主薬とすべし」
    「肝火を瀉すには、柴胡を主薬とすべし」
    「腎火を瀉すには、知母を主薬とすべし」
    「膀胱の火を瀉すには、黄柏を主薬とすべし」
    「小腸の火を瀉すには、木通を主薬とすべし」
    「屈曲の火を瀉すには、梔子を主薬とすべし」
    「無根の火を瀉すには、玄参を主薬とすべし」





【悪熱】(おねつ)

陽明病にみられる熱で、悪風悪寒を伴わず、熱に耐え難くもだえ苦しむ状がある。

“問うて曰く、陽明病の外証、何を云うか、答えて曰く、身熱して汗自ら出で、悪寒せずして反って悪熱するなり”《傷寒論》
】(おねつ)

裏にこもった熱で、尿利の減少を伴う。

後世派で「湿熱」と呼んだものが、これにあたる、

《傷寒論》に、“これ、裏にありとなす、身必ず黄を発す、之を主る”とある。
湿熱】(しつねつ)

=尿利の減少を伴う熱をいう。

《傷寒論》で、とよんだ熱がこれにあたり、後世派では湿熱とよんでいる。
【仮熱】(かねつ)

=真熱に対していう仮の熱。真寒仮熱ともいう。
【虚熱】(きょねつ)

=虚火ともいう。

疲労、損傷などのために起こった発熱、炎症、充血などを指す。

虚熱の治療には、人参、黄蓍、茯苓などの補剤を用いる。
【時疫】(じえき)

=流行性の熱病。
【身熱】(しんねつ)

=潮熱に似て、全身に熱があるが、潮熱のように一定の時を定めて出ることはなく、また発汗を伴うこともない。

この熱は少陽病や陽明病のときにみられる。
身熱悪風は少陽病の時にみられるが、陽明病では悪風を伴わない。
【燥熱】(そうねつ)

=尿利の減少を伴わない熱。
【壮熱】(そうねつ)

=高い熱。
【潮熱】(ちょうねつ)

=陽明病のときに見られる熱型で、悪寒を伴うことなく、潮がみちてくるように時をきって熱が高くなり、そのときは全身にくまなく汗が出る。それは潮が満ちてくるときに海岸の砂も岩の間も、しっとりとぬれるように。《漢方診療医典》
【発熱】(ほつねつ)

=《傷寒論》では、発熱という場合は、体表の熱をいう。
そこで発熱して悪寒または悪風のある場合は太陽病の熱であることを知る。《漢方診療医典》





湿熱
◇湿邪と熱邪が一緒になって起こした病証

◇湿熱の症状
  1. 発熱
  2. 頭痛
  3. 身重く痛む
  4. 腹満して食少
  5. 小便少なく黄赤色
  6. 舌苔・・・黄膩
  7. 脈・・・・・濡数

◇湿熱を除く薬物
  • ◎黄
    ◎黄柏
    ◎黄連
    ◎苦参
    ◎重薬
    ◎秦皮
    ◎土茯苓
    ◎白鮮皮
    ◎白頭翁




発熱の芳香療法
体温を下げる精油
  1. ベルガモット
  2. ユーカリ
  3. ラベンダー
  4. メリッサ
  5. ペパーミント

(針灸)
(沢田流針灸神髄)

・諸熱はすべて三焦より発する。

・難経にも
「熱病内に在れば気穴を取る」とあり、気穴(KI-13足少陰腎経 )は三焦に属する。



腸チフスの熱をとるにも滑肉門(ST-24足陽明胃経 )へ鍼すればよい


発熱の針灸ツボ
  • “後谿は感冒や肺炎チブス等すべての熱を下げるなり”
  • (陰虚で発熱)・・・
    • 「神門」「腎兪」「心兪」「三陰交」「太谿」「内関」

    で発熱)・・・
    • 「心兪」「内関」「膈兪」「太衝」「太淵」





発熱  (fever)
発熱とは?
  1. 体温(BT)
    • body temperature 35.5~36.5℃
  2. 平熱
    • 通常37℃以下
  3. 微熱
    • slight fever 38℃以下の発熱
  4. 発熱
    • 37.5℃・・・厚生労働省が発熱の基準としている体温。
  5. 弛張熱 (remittent fever)
    1. 最高38℃以上で体温の日差が1℃以上。
    2. 最も低い体温でも平熱に戻っていないもの。
    3. 以下の疾患などに見られる
  6. 稽留熱 (continued fever)
    1. 最高38℃以上で体温の日差が1℃以内。
    2. 以下の疾患などに見られる
      • 腸チフス
      • 大葉性肺炎
  7. 間欠熱 (intermittent fever)
    1. 高熱期と無熱期が交互に現れる。(日差1℃以上、平熱のこともある)
    2. 以下の疾患などに見られる
  8. Charcot熱
  9. Pel-Ebstein熱
    1. 3~10日間弛張熱が続き、次いで3~10日の平熱期に入り、発熱期と平熱期を交互に不規則に繰り返す
    2. ホジキン病の経過中にみられる。







発熱を引き起こすもの
結核真菌感染症


膠原病


悪性腫瘍


細菌感染症
  1. 症状・・・・悪寒戦慄
  2. 臨床的特徴
    1. 「白血球増加、好中球増加、核左方移動、中毒性顆粒。」
    2. 「感染臓器により特有の臓器症状」
    3. 「抗生物質で解熱する」
  3. 検査
    1. 細菌培養
    2. 赤沈
    3. 画像診断


ウイルス感染症
  1. 二峰性発熱や発疹を伴うことが多い。
  2. 白血球数・・・不変~減少
  3. リンパ球・・・相対的に増加


薬剤熱・・・・起こしやすい薬剤
  1. 抗生物質抗結核薬降圧薬・麻酔薬・鎮静薬抗甲状腺薬
  2. 「アキネトン」「アスペノン」「アナフラニール」「アモキサン」「アルダクトンA」「アルドメット」「アレジオン」「アレビアチン」「イトリゾール」「インタール」「オメプラール」「ガスター」「カプトプリル」「グラマリール」「コナン」「コントミン」「ザイロリック」「ザンタック」「ジプレキサ」「セレネース」「ゾビラックス」「ダイアモックス」「タガメット」「タケプロン」「タミフル」「ダントリウム」「ディオバン」「テグレトール」「デパス」「デプロメール」「ドメナン」「トレドミン」「ナバボン」「ニューレプチル」ノルバスク」「パキシル」「バクシダール」「パナルジン」「パンスポリン」「ファーストシン」「フェノバール」「フェルデン」「ブリプラチン」「プレドニン」「ベンザリン」「ポンタール」「ミオナール」「ラシミール」「リスバダール」「リズミック」「リュープリン」「リーマス」「リウマトレクス」「ルジオミール」「ルボックス」「レニベース」「ロキソニン」「ロコルナール」「ロドピン」「ワーファリン


その他
  1. 血液疾患
    1. 白血病
    2. 悪性リンパ腫
    3. 顆粒減少症
    4. 溶血性貧血
  2. 組織壊死
    1. 肺梗塞
    2. 脾梗塞
    3. 心筋梗塞
    4. 外傷
  3. 腸疾患
    1. Crohn病
    2. 潰瘍性大腸炎
    3. 偽膜性腸炎
  4. 代謝疾患
    1. 痛風
    2. 偽痛風
  5. サルコイドーシス
  6. 貧血性発熱(anemic fever)
  7. 不明熱・・・・原因不明の発熱






発熱を伴う感染症
  1. Gianoti病
  2. エンテロウイルス感染症
  3. 細菌性心内膜炎
  4. 猩紅熱
  5. 水痘(水ぼうそう)
  6. 炭疸病
  7. 腸チフス
  8. ツツガムシ病
  9. 手足口病
  10. デング熱
  11. 伝染性紅斑
  12. 伝染性単球症
  13. 突発性発疹
  14. 敗血症
  15. はしか(麻疹)
  16. 風疹
  17. 溶連菌感染症
    • 発熱して急に手足が腫れて痛む。
    • 発病してから数日で手足の壊死や多臓器不全に陥るのが「劇症型溶血性連鎖球菌感染症」。
    • 劇症溶連菌感染症
    • 原因となるのは溶連菌と呼ばれる「溶血性連鎖球菌」。
    • 菌そのものはありふれたもので、咽頭炎を起こした子供のノドから検出されることが多い。







解熱鎮痛薬
・非麻薬性鎮痛薬(オピオイド)合成麻薬
  • 麻薬と同様の強い鎮痛作用がある。
    習慣性は無いが、大量投与で依存性。
  1. 塩酸トラマドール
    • 「トラマール」
  2. 塩酸ブプレノルフィン
    • 「レペタン」
  3. 塩酸ベンタゾシン
  4. 酒石酸ブトルファノール
    • 「スタドール」
  5. 臭化水素酸エプタゾシン
    • 「セダペイン」
  6. ペンタゾシン
    • 「ソセゴン注」「ペンタジン注」


ピリン系解熱鎮痛薬
  1. スルピリン
    • 「スベロン」「スルピリン」「ボスピリン」「メチロン」
  2. 合剤
    • 「オベロン」「ミグレニン」


非ピリン系解熱鎮痛薬
  1. アセトアミノフェン
    • 「アスペイン」「アテネメン」「アトミフェン」「アニルーメ」「カルジール」「カロナール」「トーワサール」「ナバ」「ネオセデナール」「ピリナジン」「ピレチノール」
  2. 合剤
    • 「E・C・A錠」「カシワドール」「キョウーリンAP2」「シボンN」「ペレックス顆粒」
    • 「エルエルシロップ」「ネオアムノール」「レバロン」
    • 「カンポリン」「カンポリジン」「プロカムラジン」
    • 「ジカベリン」「ジブカルソー」「タイオゼット」「ネオビタカイン」「トリガイン」「ビーセルファ」
    • 「イスキア」「バッサミン」「バファリン」
    • 「カシミタール」「カシロン」「サイリジン」「サリロチン」「ザルソロイチン」「ザルチロン」「ハウゼマイム」「ピリツイン」「ロイサールS」「ヤスラミン」





解熱鎮痛剤 NSAIDs
ウイルス感染などによる炎症・痛み・発熱には
  • 生体に分布する発痛物質・・・「ブラジキニン」
  • 発熱・発痛増強物質・・・・・・・「プロスタグランジン」
  • プロスタグランジンの産生を促す酵素「シクロオキシゲナーゼ」(COX)
が関与していて、解熱鎮痛薬はCOXの働きを阻害することで炎症・痛み・発熱を緩和します。


アスピリン
  1. は中枢・末梢でのプロスタグランジン合成阻害作用が強く、発熱・痛み・炎症を鎮める効果が高い
  2. 胃腸障害の副作用があるので、胃・十二指腸潰瘍のあるひとは使用できない
  3. 小児がインフルエンザや水ぼうそうの回復期に発症する「ライ症候群」との関連から、15歳未満の小児には使えません


アセトアミノフェン
  1. は、アスピリンに比べて末梢でのプロスタグランジン合成阻害作用が弱く、抗炎症作用はほとんどありません。
  2. 副作用が比較的少ないため、小児にも用いられます
  3. 代謝産物の一部は強い肝毒性を持ち、重篤な肝機能障害を引き起こすことが知られています。
  4. アルコール常飲者では、代謝が亢進されて肝機能障害のリスクが高まります。


イブプロフェン
  1. は、末梢でのプロスタグランジン合成阻害作用が強く、ノドの痛みや関節痛などの炎症を伴う風邪や月経痛に効果を発揮します
  2. アスピリンと同じ理由から、小児には使用できません。






アスピリンアミノフェン
アスピリンとアセトアミノフェンが、今、一般用解熱鎮痛剤として最もよく使われるが、効き方が全く異なっている。
最近、英国で発表された報告によると、

※1回に1000mgを服用したときの鎮痛効果は、アスピリンで75.7%、アセトアミノフェンでは71.2%だった。



アスピリン
  1. 抹消で働いて炎症も抑える
  2. 1回に500mgの服用ではアスピリンは有効だったが、アセトアミノフェンでは効果が曖昧だった。


アセトアミノフェン
  1. 中枢に働き、消炎作用はない
  2. しかし、アセトアミノフェンには消化管粘膜に対する障害や小児に対するライ症候群(小児性急性脳症の1種)の危険が無いので、胃腸の弱い人や小児でも安心して使える。(山崎幹夫・千葉大学名誉教授)





発熱は脳が感知
風邪の時に熱が出るのは、脳の奥の視床下部にある体温調節中枢の神経細胞が「体温を上げろ」と体に指示するからだ。と言っても、風邪のウイルスが脳に潜り込み、体温を上げるスイッチをじかに押している訳ではない。

あなたの脳は一体、あなたが風邪を引いたことをどのようにして知るのか?

“ウイルスなどの病原体に出会った免疫細胞は、体を守る為に各種の生理活性物質を出します。このうちのいくつかが体温調節中枢の神経細胞に作用するので体温が上がるのです”と東京医科歯科大の広川勝教授は説明する。
これだと体温は上がりっぱなしになりそうだが、実際には、42℃を越える高熱が出ることはまずない。
九州大の堀哲朗教授(生理学)は“あまりに高い熱は体に有害ですから、免疫細胞は発熱を抑える物質も出します。其の結果、風邪のウイルスに対処するのにちょうどいい熱を保てるのです”と話す。

発熱だけではない、感染症に罹ったとき、食欲不振や眠気などと言った様々な肉体的変化が現れるのは、免疫系が脳に働きかけるからだ。では、免疫系は意図的に脳へ情報を送っているのだろうか?

“各種の生理活性物質は、免疫細胞たちが会話を交わすための『言語』のようなものです。病原体がくると免疫細胞同士の会話が活発になるので、この『言語』が脳にまで聞こえるようになるのです”と広川さん。

免疫細胞がやり取りする生理活性物質がたまたま脳にも作用して肉体的な変化が現れるに過ぎないというわけだ。
多くの専門家はこれとは対照的に、免疫系は目的を持って脳に働き掛けているとみる。
国立精神・神経センター神経研究所の田平武部長(神経内科学)は“発熱や食欲不振、眠気に襲われると、生き物の活動量は健康なときより減ります。例えば、食欲が無ければわざわざエサを探し回らない。病原体と戦いやすい環境を整えたいとも目的から、免疫系は脳に働きかけて体を安静な状態に保つと考えられるのです”と説明する。
どちらの見方が真実に近いのかは分からない。
ただ、免疫系が脳に働きかけたり、逆に脳が免疫系に働きかけたりと、体のいろいろな機能が手を結んで調和を保っているからこそ人間は生きていける





発熱に用いる漢方薬高熱 発熱を伴う感染症原因不明の発熱「小児の発熱」「往来寒熱」「側頭動脈炎」「中枢神経の疾患」「結節性多発動脈炎」「クローン病」「川崎病」「発熱を伴う感染症








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬