ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



発熱の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





発熱するときの漢方薬
阿膠鶏子黄湯

安宮牛黄丸

益胃湯

黄蓍建中湯
  1. 不定期の発熱

黄竜湯

黄連阿膠湯

黄連解毒湯
  1. 高熱が多い。
  2. 悪風や悪寒のある場合には、この処方ではない《大塚敬節》
  3. 1男子、原因不明の高熱が数日続き、抗生物質を用いて下熱したが、口唇は乾燥して裂け、舌は乾いて全くしめりなく、水を欲するも、呑もうとすると悪心があり食欲なく、ウトウトとするも何となく不安で安眠を得ない。脈は沈で力がある。私はこれに黄連解毒湯を用いたが、2日後には口内にしめりを生じ、食欲が出で、安眠を得るようになった。《大塚敬節》
  4. 火傷のため、激しく発熱し、重篤の症状を呈する者に用いる。《大塚敬節》
  5. 発熱後、日数を経て余熱が内にこもり、舌は乾燥し、時には、黒苔を生じ、胸苦しく、口が渇き、悪心、不眠などのある者に用いる。この際、体の表面にくわっくわっとした浮かび出た熱はなく、深く沈んでこびりついたものによい。皮膚もガサガサとして湿りがない。脈は沈んで小さくても力がある。腹にも底力がある。《大塚敬節》

牛黄清心丸

加減復脈湯

加減逍遙散《寿世保元》

葛根湯
  1. 発熱・無汗・項背強

加味帰脾湯

加味逍遥散

桂枝加葛根湯    

桂枝加厚朴杏仁湯

桂枝加芍薬湯
  1. 発汗の後、微熱尚去らず、腹軟にして虚脹し、之を按ずれば痛み、或いは下痢する証。《奥田謙蔵》

桂枝加竜骨牡蠣湯

桂枝湯
  1. (表虚証)
  2. 発熱・表証・自汗・脈浮弱。


桂枝人参湯

桂芍知母湯

桂麻各半湯

五蒸散《医学入門》

犀角地黄湯

柴胡飲子《宣明論》

柴胡桂枝乾姜湯
  1. 熱に上り下りがあり、悪寒が強く、脈に力がなく、盗汗が出たり、頸から上だけ汗が出たりする者に用いる。血色も優れず。足が冷えるという徴候もある。《大塚敬節》

柴胡桂枝湯

柴苓湯《世医得効方》

左帰丸

滋陰降火湯《万病回春》
  1. 発熱・陰虚証・脈弱


梔子柏皮湯
  1. 蒸々として発熱し、衂血を発する証《奥田謙蔵》
  2. ☆1婦人、故なくして下肢の1部分に熱感があり、火が燃えているようだと云う。掌をあててみると、熱感を覚え、その部分が少し発赤している。よって身熱と診断して、この方を与えたところ、数日ののち熱感は拭うように消失した。漢方でいう熱とは、必ずしも体温の上昇を必要とせず、熱感だけのものでも、これを熱とする場合がある。《大塚敬節》


紫雪丹

四逆散
  1. 不定期の発熱


四物湯《万病回春》
  1. 昼静かにして夜熱する者、血分に熱あるなり:
    • 知母・黄柏・黄連・山梔子・牡丹皮・柴胡」《万病回春》
  2. 昼夜ともに発熱する者、気血の分に熱あるなり:
    • 小柴胡湯黄連・山梔子」《万病回春》
  3. 痩せて水分が少ない(=陰虚の)人発熱:
    • 知母・黄柏。」
  4. 結核性消耗熱:
    • 地骨皮・知母・柴胡各4.0g、2.5g。」
  5. 夜の潮熱:「黄連・胡黄連各等分」=四物二連湯


瀉陰火升陽湯《脾胃論》

沙参麦門冬湯

十全大補湯

十味敗毒湯

朱砂安神丸

潤腸丸

小柴胡湯
  1. 発熱・胸脇苦満・口苦・脈弦・少陽病・実熱。
  2. 抗生物質を使用しても下がらない高熱
  3. 原因不明の熱にも《大塚敬節》
  4. 発熱・胸脇苦満・往来寒熱
  5. 男女諸熱出で、血熱して蘊隆なるを治す。剛痙の熱有るを治す。咽乾喉塞、亡血家、淋家、衂家、瘡家、動気は、並に汗す可らず、皆此湯を用いる。《仁斎直指方》
  6. 伏暑、発熱し、汗し、渇し、暑心包に入り不語するを治す:「+茯苓」《万病回春》
  7. 傷暑、外熱し、内渇するを治す:
    • 茯苓・生姜」《仁斎直指方》
  8. 12歳の男児。1ヶ月余り前から、午後になると、37、5℃の熱が出て、元気が無く、だるがると云う。2、3の病院で詳しい診察を受けたが、熱の原因が分からない。腹診上、胸脇苦満というほど季肋下の抵抗を認めない。脈は浮ではなく、やや細である。悪風も悪寒もない。
    桂枝湯や葛根湯の証ともみえない。試みに小柴胡湯を与えてみる。7日後に来院したのをみると、何となく血色がよく、元気である。熱の方は下らない。引き続き3週間分を飲む終わる頃から、熱が37、1℃ぐらいになり、食が進み、疲れを訴えなくなった。《大塚敬節》
  9. 小児、5、6歳。悪寒がして熱が出るという状態が数ヶ月も続き、そのため痩せ衰えた。医は、これを疳労(小児結核)と云い、或いは回虫のためだと診断して治療し、その他諸種の薬を用いたが、一向に効がない。その後で、1人の医が、小柴胡湯を用いたところ、4、5日もたたないのに、諸症が脱然として愈えた。これは面白いことだ。前医はとかく、病の見立てが深くて薬が反って当たらず、後医は普通のありきたりの常法を守って効を得たのである。《梧竹楼方函口訣》

小青竜湯
  1. 喘・表証・心下有水気・裏寒。

升陽散火湯《寿世保元》

生脈散

新加黄竜湯

参蘇飲

清瘟敗毒散

清営湯

青蒿鼈甲湯

清骨散

清暑益気湯《万病回春》

清心蓮子飲《寿世保元》

増液承気湯

増液湯

大承気湯
  1. 発熱・宿便・燥屎・腹満
  2. 潮熱:潮熱とは、悪風や悪寒を伴わない熱で、ちょうど潮が満ちてくるときは、海岸の岩間のすみずみまで浪で濡れるように、熱とともに全身に汗が出るのをいう。この潮熱は大承気湯を用いる目標である。《大塚敬節》
  3. 蒸々として発熱し、煩満して食を欲せず、腹堅痛し、屡(シバシ)ば上厠するも糞便硬固なる証《奥田謙蔵》
  4. この方は、熱が高いのに脈が沈遅で力があり、汗が出ても悪寒がなく、腹部は膨満充実し、便秘して大便が硬く、手足からも、汗がじとじとと出るのを目標とする。この際、悪寒があるようなら、大承気湯を用いてはならない。《大塚敬節》


大青竜湯
  1. 発熱。・無汗・身疼痛・煩躁<甚>


大陥胸湯

大定風珠

大補陰丸

竹葉石膏湯

調胃承気湯

桃核承気湯

当帰飲《万病回春》

当帰承気湯《玉機微義》

当帰補血湯《内外傷弁惑論》

二陳湯
  1. 不定期の発熱


人参柴胡散《衛生宝鑑》

人参散

麦門冬湯

白虎湯
  1. 発熱・汗出・煩渇・陽明病・実熱。
  2. 発熱・身熱・皮膚灼熱感・煩渇・脈滑数


茯苓補心湯《易簡方》

防風通聖散

補中益気湯《万病回春》

麻黄湯
  1. 発熱・無舌苔・口渇・脈浮緊・太陽病・表証。


抑肝散

凉膈散

羚羊角釣藤湯

六一散

六味丸






漢方でいう“熱”
  1. 近代医学で熱があるかないかを診断するには体温計によるが、漢方医学で熱という場合は、必ずしも体温の上昇を意味しない。
    例えば、体温が39℃以上に達していても、脈が沈んで遅く、顔が蒼く、悪寒を訴え、手足が冷え、舌が湿り、尿が清澄であれば、これを“寒”とする。
  2. “熱”は新陳代謝の亢進を意味し、
    “寒”は新陳代謝の沈衰を意味する。《大塚敬節》

発熱の主薬 ・・・《万病回春》
  • 「心火を瀉すには、黄連を主薬とすべし」
    「肺火を瀉すには、を主薬とすべし」
    「脾火を瀉すには、芍薬を主薬とすべし」
    「胃火を瀉すには、石膏を主薬とすべし」
    「肝火を瀉すには、柴胡を主薬とすべし」
    「腎火を瀉すには、知母を主薬とすべし」
    「膀胱の火を瀉すには、黄柏を主薬とすべし」
    「小腸の火を瀉すには、木通を主薬とすべし」
    「屈曲の火を瀉すには、梔子を主薬とすべし」
    「無根の火を瀉すには、玄参を主薬とすべし






【悪熱】(おねつ)
  1. 陽明病にみられる熱で、悪風悪寒を伴わず、熱に耐え難くもだえ苦しむ状がある。
  2. “問うて曰く、陽明病の外証、何を云うか、答えて曰く、身熱して汗自ら出で、悪寒せずして反って悪熱するなり”《傷寒論》

】(おねつ)
  1. 裏にこもった熱で、尿利の減少を伴う。
  2. 後世派で「湿熱」と呼んだものが、これにあたる、
    《傷寒論》に、“これ、裏にありとなす、身必ず黄を発す、之を主る”とある。

湿熱】(しつねつ)
  1. =尿利の減少を伴う熱をいう。
  2. 《傷寒論》で、とよんだ熱がこれにあたり、後世派では湿熱とよんでいる。

【仮熱】(かねつ)
  1. =真熱に対していう仮の熱。真寒仮熱ともいう。

【虚熱】(きょねつ)
  1. =虚火ともいう。
  2. 疲労、損傷などのために起こった発熱、炎症、充血などを指す。
  3. 虚熱の治療には、人参、黄蓍、茯苓などの補剤を用いる。

【時疫】(じえき)
  1. =流行性の熱病。

【身熱】(しんねつ)
  1. =潮熱に似て、全身に熱があるが、潮熱のように一定の時を定めて出ることはなく、また発汗を伴うこともない。
  2. この熱は少陽病や陽明病のときにみられる。
    身熱悪風は少陽病の時にみられるが、陽明病では悪風を伴わない。

【燥熱】(そうねつ)
  1. =尿利の減少を伴わない熱。

【壮熱】(そうねつ)
  1. =高い熱。

【潮熱】(ちょうねつ)
  1. =陽明病のときに見られる熱型で、悪寒を伴うことなく、潮がみちてくるように時をきって熱が高くなり、そのときは全身にくまなく汗が出る。それは潮が満ちてくるときに海岸の砂も岩の間も、しっとりとぬれるように。《漢方診療医典》

【発熱】(ほつねつ)
  1. =《傷寒論》では、発熱という場合は、体表の熱をいう。
    そこで発熱して悪寒または悪風のある場合は太陽病の熱であることを知る。《漢方診療医典》






関連情報 発熱
高熱
発熱を伴う感染症
瘧疾(マラリア)






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査