ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ヘビ(蛇)



HOME ブログ 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




関連情報 コブラ」「ハブ
ヤマカガシ
抗ガン作用
高血圧



ヘビ毒
ヘビ毒には、大きく分けると神経毒と出血毒(溶血毒or血液毒ともいう)とがある。このほか、心臓毒・細胞素・溶血素などの成分が含まれており、毒ヘビの種類によって成分が微妙に違うので、咬まれたときの症状はそれぞれ違う。
例えば、クサリヘビ類は主成分は出血毒なのだが、かなりの量の神経毒も含んでいるため、始末が悪い


神経毒
神経毒は主として神経障害を起こす。具体的には
  1. 瞼が重くなる、
  2. 唇がしびれる、
  3. 唾液が出る、
  4. 物を飲み込めなくなる、
  5. 眼球を動かしにくくなる、
  6. 首の筋肉が麻痺する、
  7. 体中の筋肉が麻痺する、
  8. 呼吸が困難になる、
  9. 昏睡状態に陥る、
  10. 心臓が麻痺する
  • といったものである咬傷のあった個所に痛みは普通感じない。
  • 主に、コブラ類やウミヘビ類などの後牙類などがこれを持っている

出血毒
出血毒は血液などの細胞、血管組織、内臓などを破壊する。
真っ先に咬傷のある部分が破壊されるので大きく腫れ、
普通、激痛を伴う。
腫れと痛みが全身に広がっていき、皮下出血、吐き気、唇のシビレが現れる。クサリヘビ類やマムシ類がこれである

(今泉忠明著「猛毒動物の百科」データハウス発行より)



痛みの理由

2011年、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校などの研究チームは、ヘビに咬まれた時に強い痛みが起きる理由を解明した。

毒蛇の一種「テキサスサンゴヘビ」にかまれても致命傷にはならないが、激しい痛みが長く続く。
研究チームはテキサスサンゴヘビの毒素を抽出して分析。痛覚の神経細胞を刺激する化合物「MitTx」を特定した。MitTxは2種類の酵素を含んだ複合体。酵素は単独では痛みの反応を引き起こさないが、2種類を合わせると神経細胞にある受容体を強力に活性化することが分かった。
これまでに知られていない痛みの伝達経路で起きていた。
  • 成果はネイチャーに掲載。


ヘビにかまれたら・・・毒吸い出し、特徴を医師に知らせる

「毒のないヘビは人を見れば逃げることが多い。
逃げないヘビは毒蛇かも知れないので、近づかない。
山歩きのときなどは、くるぶしの上まである靴や、手袋をする。
こうした用心がヘビの被害を未然に防ぐ。
日本蛇族学術研究所の所長、鳥羽通久さんは、研究中のハブに噛まれたことがある。「ハブに麻酔はしたんですが、効きの悪いのがいて、うっかり」。


マムシやハブに噛まれると、局所に強烈な痛みが走り、すぐに腫れてくる。

「激しい痛みがあれば、噛んだのは毒蛇と考える。」

「傷口から毒を吸い出し、病院へ。」

マムシの血清は、救命救急センターや大きな病院にはだいたいある。血清の有無を電話で確かめると良い」


鳥羽さんによると、マムシによる被害は年間約1000件、死者も数人出る。南西諸島にいるハブの被害は年間2〜300件。
毒蛇に噛まれたら、まず、応急手当。指先などの場合、口で毒を吸い出す。血の味がするだけで毒とは分からないが、少しでも体に回る毒を減らす。
「傷口を刃物で切って吸い出す、という人もいますが、そこまでしなくても大丈夫」。
切開すると、傷口からばい菌が入って治りが悪くなったるするので勧めないという。
そして少しでも早く病院に行き、蛇毒を中和する血清を注射する。
たとえ夜でもその日のうちに病院に行った方がい。
体を激しく動かすと循環が促されて毒のまわりも早まるので、車に乗せてもらうなど、安静な状態での移動が望ましい

日本にいる主な毒蛇は3種類
  1. マムシ
    • マムシは茶色で銭形模様があり、太くて短い。
  2. ヤカマガシ
    • ヤカマガシは1m前後。関東では黄色や赤・黒などが交じったマダラ模様。関西ではやや地味で模様は薄く、緑・灰・チャなどの色が多い。カエルをエサにするので水田に多い。
  3. ハブ
    • は大きなもので体長2mにもなる。
  4. ヘビの種類が分からなかったら、どんな色、形のヘビだった、どんな場所で噛まれたか、などを医師に伝えよう。
    加納六郎・東京医科歯科大名誉教授(医動物学)には苦い思い出がある。 14年前、愛知県の医師から、ヘビに噛まれた子供に血清治療しても改善しない、と連絡を受けた。マムシ血清を打ったらしいのですが、噛んだのはヤマカガシだった、出血性の毒があります。連絡は噛まれて4日目で、その子は脳内出血で亡くなりました


ニシキヘビ
心臓肥大に脂肪酸が関与?

2011年、米コロラド大学などは脂肪酸が心臓を拡大させていることを動物実験で解明。ニシキヘビの心臓細胞に脂肪酸を投与すると、心臓の拡大に関連するシグナル伝達経路が刺激されていた。


ニシキヘビは1年間何も食べなくても生き延び、獲物を食べた途端に心臓が2倍近く大きくなる。これは、訓練を積んだ運動選手の心臓が両性の拡大を起こす現象に似ている。研究グループがニシキヘビとマウスの心臓細胞に脂肪酸を投与したところ、いずれも心臓の質量がふえたという。


クレオパトラ・・・毒に関心をもっていたらしい
クレオパトラ(前69〜前30)は、種々の毒の効果を囚人で試していたらしい。

《プルターク英雄伝》によれば、
毒蛇アスプ(エジプトコブラ)はイチジクの間に入れてもたらされ、青葉の間に隠されてあった。クレオパトラはこれを見ずして咬まれるように命じておいたが、青葉を除ける時に、目に触れたので、“とうとう来た”と言ってその白き腕をさしのべたと。

クレオパトラはいろいろな毒を調べ、熟睡した人間のように早く安らかな死を与えるエジプトコブラを見いだしたという。

エジプトコブラは神経毒をもち、眠るように死ねる。
クサリヘビ科の毒蛇(マムシ・ハブ)は咬まれると強い出血作用があり、皮膚の壊死が起きる。




関連情報 コブラ」「ハブ」「ヤマカガシ」「抗ガン作用」「高血圧」「





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査