ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



閉所恐怖症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 恐怖症



閉所恐怖症
恐怖症の1つ
  • 「Aさんは、小学校時代に3歳年上の兄とふざけて遊んでいるとき、布団にくるくる巻きにされる“布団蒸し”にあい、そのときの恐ろしさ、苦しさが頭に焼き付いて離れません。身動きできないことはもちろん、このまま窒息するのではないかという恐怖感に襲われたのです。
    このときからAさんは、狭いところにいることを次第に恐れるようになりました。
    たとえば便所に入っても窓を開けるか、ドアを開けたまま用を足すようになりました。
    また、エレベーターに乗らなければならない高層ビルの展望台など、高い所へ行くことを嫌うようになりました。

  • 彼は大学を卒業して銀行に就職し、都心の支店に配属されましたが、得意先に行くときも高層ビルにある顧客は出来るだけ避け、7、8階ぐらいなら階段を使いました。同僚と一緒に行くときは、ちょっとした口実を作って同僚だけ先にエレベーターに乗せ、自分は階段を駆け上がるのです。

  • Aさんは、その真面目さと努力の甲斐あって、出世コースとされる本店勤務になることを上司から聞かされたのですが、それ以来、彼は喜ぶどころか浮かぬ顔をする毎日になりました。そして、とうとう本店勤務になる前に銀行を辞めてしまったのです。」
    (貝谷久宣著「脳内不安物質」参照)
  • 患者数は、米国人の方が日本人より多い。









関連情報 恐怖症







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査