ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP


片頭痛




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



関連情報 頭痛
薬物乱用頭痛
慢性頭痛
群発性頭痛
緊張型頭痛
片頭痛のくすり
片頭痛の漢方薬
三叉神経痛
モヤモヤ病



片頭痛漢方薬
①葛根湯


②加味逍遙散


③九味檳榔湯


④桂枝湯


⑤桂枝人参湯
  • (気逆、裏寒、脾虚)


⑥桂枝茯苓丸


⑦呉茱萸湯
  • a (肩こりから始まり、激痛)
    b 気逆、裏寒、脾虚
    c はげしい発作を繰り返す片頭痛には、この処方の応ずるものが多い。発作のときには、痛む側の項部の筋肉が収縮するから、肩から頸にかけてひどこうこる。発作時に腹診すると、心下部が膨満し、患者も胃がつまったようだと訴えることが多い。これは心下逆満と呼ぶかたちで、胸脇苦満と間違うことがある。発作時には、足がひどこく冷え、脈も沈遅になることが多い。また一種の煩躁状態があって、安静にしておれないで、起きたり寝たりして苦悶する傾向がある。発作の激しいときには嘔吐を伴い、しばしば胆汁を吐く、このような状態があれば呉茱萸湯を用いる。これで発作を抑制するばかりでなく、長期にわたって連用していると、発作が起こらなくなる(漢方診療医典)
    d 多くは片頭痛の型でくる。
    発作の激しい時は、嘔吐がくる。
    発作は疲れたとき、食べ過ぎたとき、婦人では月経の前によく起こる。発作の起きるときは、項部の筋肉が収縮するから、肩から首にかけてひどく凝る。左より右にくる場合が多く、耳の後ろから、こめかみにまで連なる」。このくびの凝り具合が、この処方を用いる1つの目標になる。《大塚敬節》
    頭痛は肩凝りから始まり、耳の後ろからコメカミにかけて激しい片頭痛となる。《矢野》
    発作の時、頭痛と側頚部の筋肉がこりが先行する。
    頭痛が激しく、悪心・嘔吐を伴うことが多い
    一種の煩躁 状態をともなうことがある。
    • じっと安静にしておれないで、起きたり、寝たりして苦悶する傾向がある《大塚敬節》
    トリプタン製剤(exイミグラン)との併用は、より効果的


⑧五積散


⑨五苓散
  1. (水滞)
  2. めまい、虚弱者のカゼ


柴胡桂枝湯


⑪柴胡桂枝乾姜湯


⑫三黄瀉心湯


⑬四逆散


⑭四物湯


⑮小建中湯


⑯小柴胡湯


⑰小青竜湯


⑱続命湯





⑳大柴胡湯


大承気湯


㉒調胃承気湯


㉓釣藤散
  • a 休息時発作を起こす者
    b 老人の頑固な頭痛で、めまいを伴う者。
    老人などで、早朝眼がさめた時に頭が痛み、起きていると、いつの間にか頭痛を忘れるという者に良く効く。これは恐らく脳動脈の硬化があるための頭痛と思われる《大塚敬節》
    早朝の頭痛でなくても、のぼせる・肩がこる・めまいがする・耳鳴り・目が充血 or目がかゆい or目がくしゃくしゃする、つまらないことに腹が立つ、取り越し苦労をする、身体が宙に浮いたようで足がふらつく等の症状があって頭痛する者に用いる。腹部は軟弱で、腹筋はあまり強く緊張していないことが多い、老人に多くみられるが、若い人でも皮膚が枯燥して光沢がない点を参考に用いる《大塚敬節》
    52歳男性。梅毒の既往症があり、4年前から頭重と耳鳴を訴え、高血圧症の診断のもとに、治療を受けたが軽快せず、駆梅療法をやってみたが、効無く私の診察を受けた。初診時の愁訴は、頭重、めまい、耳鳴、背痛、腰痛、後頭部の緊張感、排尿後の不快感で、右側の季肋下に抵抗を証明し、脈はピンと張っている。血圧は右が158-94、左が167-102。私はこれに釣藤散を与えたが、3週目頃から愁訴がとれ始め、2ヶ月で苦しいところはなくなった。
    釣藤鈎には、脳の血管の痙攣を治し、毛細血管を拡張せしめる作用があるらしい。
    《大塚敬節》


㉔桃核承気湯
  1. 月経閉止で起きる片頭痛


㉕当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. (気逆、裏寒、脾虚)


㉖当帰芍薬散


㉗八味地黄丸
  1. 三好修一氏は、片頭痛に八味丸を用いて著効を得た。その患者は、いつも頭がはっきりせず、足の裏が火照って熱し、ノドが渇き、左半分の頭と頬と肩が痛むという。診察すると、下腹が冷えて、この部は綿のように軟弱である。そこで八味丸の証と診断して、この方を用いたところ、3日分の服薬で全治した。《大塚敬節》


㉘半夏白朮天麻湯
  1. 片頭痛・筋緊張性頭痛
  2. 疝を帯びる者→「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」《勿誤薬室方函口訣》


㉙麻黄細辛附子湯
  • 頭が冷えて痛む者。<冷痛>
  • 諸般の頭痛にして、足部寒冷、逆上感あり、脈沈細なる等の証。《奥田謙蔵》


麻黄湯


㉛苓桂朮甘湯



片頭痛の食事療法
◎片頭痛の引き金になる食品:
  • その他の食品をチェックしましょう

◎片頭痛は低血糖になると発症しやすいので、アメ(飴)などをなめると良い。






片頭痛の栄養療法
  1. ビタミンB1
  2. マグネシウム
  3. カフェイン
    • (ミルク・砂糖を入れてコーヒーを飲む)




片頭痛 MIGRAINE
片頭痛とは?

☆慢性頭痛の1つ


☆片頭痛の原因は、頭の中の血管が強く拡張するためと考えられている


☆痛みの強さは日常生活に支障が出るほど激しい

☆国内患者数は約840万


☆片頭痛の人は脳梗塞になりやすい。
  • (倦怠感が出てくれば要注意)

☆2親等以内に頭痛持ちがいることが多い


☆子供の時に喘息だった



片頭痛の正体はセロトニン

「頭の片側がズキンズキンと痛む片頭痛は、肩こりがひどくない時にも起きる。

片頭痛を起こしている人の脳の血流を調べると、
痛みが起きている部分の血液量が増えている
そして、その時の血液には、『
セロトニン』という物質が大量に含まれている。



セロトニンは、
傷口から出る血液を凝固させる物質

これが何らかの原因で血管に紛れ込むと血管を収縮させた後、必要以上に膨張させてしまうため、神経が引っ張られて痛むのだ。

  • (NHKためしてガッテン)



片頭痛のメカニズムには三叉神経が関係している。
何らかの刺激で、
セロトニンが異常に放出されると、脳の血管が収縮する。
次に、
血管が急激に拡張し、血管を取り巻く三叉神経が圧迫されて片頭痛を引き起こす。
片頭痛が脈を打つのと同じリズムで「ズキズキ」と痛むのは、送られてくる血液で血管がさらに太くなるからだ
女性ホルモンの変動や疲労なども、セロトニンの異常放出の引き金になる。
また片頭痛の場合は、 こともある。




片頭痛の特徴
頭痛の前兆

  • 目の前にイナズマ(稲妻)が光った
  • ノコギリのような波の形をしたものが、ギラッと光った
  • ギラギラ光るものが見える
  • 頭の中で電気がショートした時のように光る


30代の女性に多い
  • 片頭痛は緊張(ストレス)から開放された時に起きるケースが多い


痛みの特徴

  • 痛みが発作的に生じる
  • 多くは頭の片側で(両側の場合もある)
    • (ズキズキ)
      (ズキンズキン)
      (ドクドク)
      (ガンガン)
      ・・・痛む
  • 数時間~3日間ほど続いたあと自然に治まる


痛み以外に
  1. 脱力感
  2. 無気力
  3. 焦燥感
  4. 悪心
  5. 嘔吐・・・・・・・・・緊張型頭痛との違い
  6. 便秘or下痢・・・・を伴うのが普通
  7. また羞明を伴うことが多い(光過敏症


低血糖になると発作が起きる
  • 対策・・・10時~午後3時のティータイムが有効。


体を温めるのは逆効果

  • 血流を良くしてはいけない
  • サウナなどは良くない
  • 片頭痛は脳の血管が拡張しすぎて発作が起き、小さな梗塞を引き起こしている



赤ワイン
  • は片頭痛が起きるので要注意。
    1. 白ワインでは問題が無いことがある
    2. チーズやスナック類
    3. ビール
  • などが原因になる場合もある




片頭痛の対処
  • 頭を冷やすと痛みを忘れる
  • カフェインの入った飲み物
  • 頭を手ぬぐいで締め付ける

片頭痛の発症後は十分な睡眠を
  • 片頭痛の原因はまだハッキリしていない。
  • ただ、頭の血管が過度に拡張しその周囲に炎症が起きていることが分かっている。
  • 血管の拡張と炎症には頭の血管の周りを走っている三叉神経が深く関与している事も知られてきた。
  • ストレスなどが原因になって三叉神経の末端から血管を拡張する物質が放出され、血管の拡張・炎症が生じて頭痛発作を引き起こす説が有力視されている。





頭痛日記
多くの医師は頭痛日記をつけることを勧めている
  • いつ頃、そんな症状を伴って頭痛が起きたのか?
  • 頭痛がどれくらい続いたのか?
  • 頭のどに辺りが痛いのか?
  • などを記録する。
  • ほぼ定期的に繰り返し起きるようなら片頭痛を疑ってよい



閃輝暗点
片頭痛は発作の前に前兆がしばしば見られる

主に視覚や感覚の障害で、

最も良く知られているのが、閃輝暗点と呼ばれる神経症状だ。

本や新聞を読んでいるときに視野の中心がぽつんと急に明るくなったと思ったら、それが三日月状になって広がりだし、逆に視野の中心部が暗くなって文字が見えにくくなる、

そうこうするうちに、輝きの部分の周りが稲妻のようにギザギザ状になってチカチカする。

このチカが消えたと思ったら、30分~2時間後に頭痛に襲われるというのである。


ただこうした前兆がすべての患者に見られるわけではない



片頭痛の診断
2004年7/21、厚生労働省研究班の調査結果から診療態勢の整備が必要なことが分かった。
多くの医師の理解不足から「片頭痛」と診断がつくまで平均10年もかかっていた。

北里大学病院(神奈川県相模原市)の頭痛外来に罹った18~65歳の患者約200人にアンケートした。その結果、片頭痛と診断されるまでの年数は20年が最も多く、約50人(25%)、40年以上かかった患者も数人いた。診断がつくまでに10カ所以上の病院を転々とした人もいた。

近くの医師らに相談した患者の半数以上が脳の画像診断をうけていたが、「適切な助言を受けていた」と答えた人は27%にとどまった。
片頭痛が日常生活に影響し、社会的に不利だと感じている患者は80%にのぼるが、職場や学校の理解があると答えた人は28%だった。

・・・→モヤモヤ病



原因・・・
セロトニン説)と(三叉神経説)
脳の血管の収縮・拡張を促す神経伝達物質であるセロトニンと、脳幹につながっている三叉神経が関わっていると考える説。
  • ストレスを感じる状況から解放される
       ↓
    セロトニン量が急に変動する
       ↓
    血管が拡張し→
    三叉神経を圧迫する
       ↓
    炎症物質(発痛物質)が放出される。
       ↓
    血管のまわりの神経に炎症が起きる。
       ↓
    痛み以外に、
  • ニオイに過敏吐き気などが同時に起きる。


(セロトニン説)
  1. 発生因子がある
    • 睡眠不足・抑うつ・ストレス・光・音など
  2. 血小板からセロトニンが発生
  3. 血管の収縮
  4. セロトニンの代謝
  5. 血管の拡張
  6. 知覚神経の刺激
  7. 頭痛が起きる


水痘ヘルペスウイルスが原因とする説もある。




片頭痛の診断基準 1988年、国際頭痛学会。
前兆を伴う片頭痛
migraine with aura)

<1>診断基準
  1. 次のBを満たす発作が2回以上ある。
  2. 次の4項目のうち3項目を満たす。
    1. 一過性の前兆があり、脳皮質あるいは脳幹の局所神経症状と考えられる。
    2. 前兆は4分以上にわたり進展し、2種類以上の前兆が連続して生じてもよい。
    3. 前兆は60分以上持続することはない。2種類以上の前兆の組合わさるときは、その分持続時間が延長する。
    4. 頭痛は前兆後60分以内に生ずる
        (前兆より以前あるいは同時でもよい)
  3. 次のうち1項目を満たす。
    1. 臨床的に器質的疾患による頭痛を否定しうる。
    2. 臨床的に器質的疾患が疑われても検査により否定できる
    3. 器質的疾患が存在していても、経過より片頭痛との関係が否定できる。

<2>前兆症状
  1. 特徴的:閃輝性暗点があること
    • 「視野がぼんやりとして周辺部に光輝くジグザグ線が見える」
  2. 羞明や暗転のみ。
  3. その他:
    • 1.脱力、
      2.感覚障害、
      3.構音障害、
      4.失語、
      5.めまい、
      6.耳鳴などが起きることがある。

<3>前兆は頭痛期になると消失するのが普通
  • 原則的に、発作間欠期には全く異常がない





前兆なしに突然に出現する片頭痛
migraine without aure)

・・・普通はこのタイプ

A)次のB~Dを満たす発作が5回以上ある
  • 頭痛発作が4~72時間持続する
    次のうち、少なくとも2項目を満たす。
    1. 片側性頭痛
    2. 拍動性
    3. 中等~強度の痛み(日常生活が妨げられる)
    4. 階段の昇降など日常的な動作により頭痛が増悪する。
    発作中、次のうち1項目を満たす。
    1. 悪心あるいは嘔吐
    2. 光過敏あるいは音過敏

E)次のうち1項目を満たす
  1. 臨床的に器質的疾患による頭痛を否定しうる。
  2. 臨床的に器質的疾患が疑われても検査により否定できる。
  3. 器質的疾患が存在しても、経過より片頭痛との関係が否定できる





心臓の小さな穴を
カテーテルでふさぐ治療法
2015年、岡山大学の赤木禎治准教授らは、心臓の小さな穴を細い管(カテーテル)でふさぐことで、片頭痛の症状を改善する治療を始めた。
  • 従来の薬物療法で効果が無かった患者が対象。
  • 費用は130万円

片頭痛患者の半分で心臓に「卵円孔」と呼ぶ2~3㍉の穴が見つかっている

肝臓でできたセロトニンが穴を通って脳の動脈に入ることが頭痛の原因とみられている


もともとは脳梗塞の再発を防ぐ治療法だった。

2013~2014年、片頭痛がある脳梗塞患者19人に実施したところ、18人は頭痛が消えたり、症状が改善したりした。


卵円孔は胎盤循環で機能しているが、出生直後の「オギャー」で肺呼吸が開始され、動脈管が収縮し、一次中隔が二次中隔に押しつけられて卵円孔は閉鎖し、胎盤循環は停止する。



子供の自家中毒
周期性嘔吐症)も片頭痛とされる
  • 子供は頭より腹痛で感じる。
  • また、片頭痛の子供は[乗り物酔い]になりやすい。
  • 朝食を食べないで学校に行くと、昼食前になると腹痛を訴える。



遺伝性の片頭痛の原因遺伝子 (NBCe1)
(NBCe1)

2010年、東京大学医学部の関常司講師らは、片頭痛の発症に関わる新しい遺伝子を突き止めた。
この遺伝子の変異によって、
  • 脳細胞内の水素イオン濃度pHの調節がうまくいかなくなり、片頭痛が引き起こされるという

  • 8/24の米国科学アカデミー紀要に掲載
    関講師らが遺伝性の片頭痛を持つ患者の遺伝子を調べた結果、

腎臓や脳などの細胞でイオン濃度の調節に関わる「NBCe1」というタンパク質の遺伝子に変異があることが分かった。

ヒトの培養細胞を使い、変異したNBCe1の働きを調べると、イオンを細胞の外に運び出す能力が(変異のないNBCe1にくらべて)50~60%に低下していた。
その結果、細胞内のpHが通常より高くなってしまうという。

脳の中で細胞間の信号伝達にかかわる「NMDA受容体」というタンパク質は、pHが高いと働きが活発になることが知られている。

関講師は“変異がある患者では細胞内のpHが上昇し、神経活動が異常に活発になって片頭痛を発症すると考えられる”と説明。



偏頭痛
  • 漢方医学では「偏頭痛」が用いられてきました。
  • 「頭偏痛」ともいいます。
    漢方医学の病証名には「偏頭風」が用いられ、発作時の疼痛は激烈で、痛みが頭の左右のどちらかにあり、他に痛みが無いもので、頭風の一種です。
  • また、頭全体が痛むことを「正頭痛」と呼んでいます。


偏頭痛の針灸ツボ
  1. [天柱][完骨][][隠白][頷厭]
  2. (偏頭痛)「天柱」「」「正営」「通天」「百会」「手三里」




関連情報 頭痛」「薬物乱用頭痛」「慢性頭痛」「群発性頭痛「緊張型頭痛 モヤモヤ病  片頭痛のくすり 片頭痛の漢方薬 三叉神経痛







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査