ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



片頭痛のクスリ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





片頭痛の漢方薬  

頭痛の治療薬
  
片頭痛
  
広告




片頭痛クスリ
片頭痛の発作時には・・・セロトニン受容体作動薬(トリプタン系)
片頭痛の予防には・・・Ca拮抗薬が主流

  • (片頭痛治療薬)
    麦角アルカロイド 酒石酸エルゴタミンの配合剤 [カフェルゴット]
    [クリアミンA]

    [クリアミンS]
    メシル酸ジヒドロエルゴタミン [ジヒデルゴット]
    カルシウム拮抗薬 塩酸ロメリジン [テラナス]
    [ミグシス]
    トリプタン系薬剤 安息香酸リザトリプタン [マクサルト]
    臭化水素酸エレトリプタン [レルパックス]
    ゾルミトリプタン [ゾーミッグ]
    スマトリプタン [イミグラン]



○「イミグラン」:100ヶ国で発売。
  • 「イミグラン注3」(一般名はコハク酸スマトリプタン):
    「グラクソ・ウェルカムが発売。片頭痛のほかに、年に1〜2回、毎日ほぼ決まった時間に頭痛が1〜2ヶ月続いて起きる群発頭痛への適応も日本で初めて取得した。
    注射剤であるため内服薬より効果が早い。第三相臨床試験の結果、片頭痛は投与45分後に73.7%、群発頭痛は30分後に73.3%の有効率を示した。
    片頭痛は月に1〜2回、多い場合には週に2〜3回の割合で発作的に強い頭痛が起こり、吐き気を伴う。
    片頭痛や群発頭痛は、頭蓋内外の血管が異常拡張して炎症が生じた結果起こるとされている。イミグランは神経伝達物質の『5HT(セロトニン)』受容体に作用して拡張した血管を収縮させて炎症を抑える。
    「英製薬大手のグラクソ・ウェルカムは、片頭痛治療薬のスマトリプタンの効果が、片頭痛がひどくなった時に飲むよりも、少し痛いときに飲んだ方が効果が高く、長い時間痛みを抑えられることを疫学的に明らかにした。118人の片頭痛患者の臨床試験で確かめた。
    症状が軽いうちにスマトリプタンを100mg飲んだグループは2時間で約7割が改善した。これに対し、症状がひどくなってから飲んだグループでは、4割弱にとどまった。
    スマトリプタンは「イミグラン」の商品名で同社が商品化している。
    「イミグラン錠50」と「ゾーミック」が20日製造承認されました

    「アストラゼネカの「ゾーミック」(成分名:ゾルミトリプタン)とイミグラン(成分名:コハク酸スマトリプタン)はいずれも「トリプタン系」と呼ばれる薬で、ともに経口投与できる」






片頭痛の発作時の医薬品

  1. 筋弛緩薬
    • 頭全体が締め付けられるような慢性頭痛の緊張型頭痛では、首や肩こり(筋肉の収縮)が主因の場合が多いので、筋弛緩薬を使います。
  2. 非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs)
    • 「アスピリン」「アルボ」「インテバン」「インフリー」「オステラック」「クリノリル」「サルソニン」「ソレトン」「オパイリン」「ナパノール」「ニフラン」「バキソ」「フェナゾックス」「フルカム」「ブルフェン」「ポンタール」「ボルタレン」「ミリダシン」「モービック」「ランツジール」「ロキソニン
  3. エルゴタミン製剤
    • 「カフェルゴット」「クリアミンA」「クリアミンS」
  4. 抗不安薬
    • 精神的ストレスが大きくて気分が暗くなっている人に
  5. セロトニン受容体作動薬
    • 脳にあるセロトニン受容体に働き脳血管の拡張を抑制、トリプタン系の薬を使う。トリプタン系内服薬は発作を予防できませんが、頭の血管だけを収縮させ、片頭痛発作を和らげます。早く効くので頭痛が襲ってきてからでも間に合います




トリプタン系(セロトニン作動薬
一般名 商品名 半減期
(時間)
特徴
スマトリプタン イミグラン 2.2 第1世代
ゾルミトリプタン ゾーミック 2.4 腸からの吸収が良い
エレトリプタン臭化水素酸塩 レルパックス 3.2 最も吸収がよい。
作用時間長い
リゼトリプタン安息香酸塩 マクサルト 1.6 吸収が早い
ナラトリプタン塩酸塩 アマージ 5






予防
分類 一般名 商品名









Ca拮抗薬 ロメリジン塩酸塩 テラナス
ミグシス
ベラパミル塩酸塩 ワソラン
抗セロトニン薬 ジメトチアジンメシル酸塩 ミグリステン
ジプロヘプタジン塩酸塩水和物 ペリアクチン
β遮断薬 アテノロール テノーミン
ニブラジロール ハイパジール
プロプラノロール塩酸塩 インデラル
メトプロロール酒石酸塩 セロケン
ロプレソール
抗うつ薬 アミトリプチリン塩酸塩 トリプタノール
抗痙攣薬 バルプロ酸ナトリウム デパケン
エルゴタミン製剤 ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩 ジヒデルゴット






片頭痛の予防薬
  1. カルシウム拮抗薬
    • カルシウムイオンが細胞に入るのを防いで血管収縮を防ぐ。片頭痛の発作はほぼ一定の間隔で襲ってくるのが普通なので、予防的に使うとができます。代表的な薬はロメリジン(塩酸ロメリジン<一般名>)です。脳の血管に作用して血流量を改善し、頭痛の回数や発作を軽くします
      1. ベラパミル塩酸塩
        • 「ワソラン」
      2. ロメリジン塩酸塩
        • 「テラナス」「ミグシス」
  2. 抗ウツ薬
  3. エルゴタミン製剤
    • 発作の前に飲むのが効果的で、閃輝暗点といって視野にギザギザ型のまぶしい光が現れるなど片頭痛の前兆を伴う人や、そろそろ頭痛が出てくるかな?といった予感がある人に適します。
      ただ、全身の血管を収縮させるので、心臓疾患などのある人や高齢者には避けた方がいいでしょう
      1. ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩
        • 「ジヒデルゴット」
  4. β遮断剤
    • 血管壁にあるβ受容体に働き、血管の拡張を防ぐ
      1. アテノロール
        • 「テノーミン」
      2. ニプラジロール
        • 「ハイパジール」
      3. プロプラノロール塩酸塩
        • 「インデラル」
      4. メトプロロール酒石酸塩
        • 「セロケン」「ロプレソール」
  5. 抗セロトニン薬
    • 血管を収縮させる生体内物質であるセロトニンの作用を抑える
      1. ジメトチアジンメシル酸塩
        • 「ミグリシテン」
      2. シプロヘプタジン塩酸塩水和物
        • ペリアクチン




関連情報 片頭痛の漢方薬  頭痛の治療薬  
片頭痛
  慢性頭痛  群発性頭痛  
緊張型頭痛
  薬物乱用頭痛  頭痛






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査