ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ヘルニア



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




広告


関連情報 「腰椎椎間板ヘルニア
腰痛
シビレ





ヘルニアの漢方薬
烏頭桂枝湯
  1. (篏頓ヘルニアに用いる)


烏頭湯
  1. (篏頓ヘルニアに用いる)


桂枝加芍薬湯
  1. 還納性ヘルニアで、しばしば腫瘤状となり、時々腹が張って腹痛を訴える者に用いてよい。やせ型の老人によく奏功する(漢方診療医典)
  2. 篏頓ヘルニアに附子

五苓散


芍薬甘草湯
  1. (篏頓ヘルニアに用いる)


小建中湯
  1. 初生児の「ヘルニア」《奥田謙蔵》
  2. 小児の腺病性虚弱体質で、胃腸が弱く、疲労しやすく、痩せてしばしばヘルニアを起こすものは、本方を長期にわたって服用し、体質が改善されるとヘルニアがなおる(漢方診療医典)


大烏頭煎
  1. (篏頓ヘルニアに用いる)


大建中湯
  1. (篏頓ヘルニアに用いる)
  2. 胃腸が弱く、弛緩下垂して、腹部軟弱で篏頓を疑うほど激しい腹痛が起こり、あるいは腸の逆蠕動を認め、脈が遅くて弱く、手足や腹中が冷えるものによい(漢方診療医典)


当帰四逆加呉茱萸生姜湯


蜘蛛散《金匱要略》
  • 陰孤疝気で、大小の偏りがあり、時々上下するもの。


半夏厚朴湯


補中益気湯


ヘルニアとは?

=鼠径ヘルニア(脱腸)
  • 腹部内臓が腹壁腹膜に包まれたまま、脱出する疾患
  • 腹膜の上に腹壁がある。
    腹壁から小腸が出る。
  • 本来腹壁に収まっているはずの小腸が出てくる。

(副作用で起きる)
ヘルニアの種類

<1>臨床上から
   1.還納性ヘルニア
   2.不還納性ヘルニア
   3.篏頓ヘルニア

<2>位置・部位から
 1.内腹ヘルニア
     イ.横隔膜ヘルニア
     ロ.網膜嚢ヘルニア
     ハ.十二指腸空腸ヘルニア
     ニ.十二指腸空腸ヘルニア
     ホ.盲腸後陥凹ヘルニア
     ヘ.S状結腸間陥凹ヘルニア
 2.外腹ヘルニア
     イ.鼠径ヘルニア
     ロ.股ヘルニア
     ハ.閉鎖孔ヘルニア
     ニ.座骨孔ヘルニア
     ホ.会陰ヘルニア
     ヘ.腰ヘルニア
     ト.臍ヘルニア(umbilical hernia)
     チ.腹壁ヘルニア
臨床症状はヘルニア腫瘤で、自覚症状はないことが多い。しかし、ヘルニア門で、ヘルニア内容が絞扼され、血行障害より壊死するような篏頓ヘルニアもあるので、ヘルニアが発見されたときは速やかに還納し、脱腸帯を装着する





ヘルニアの手術
  • 4ヶ月の男児Aちゃん。母親がおむつの交換時、右ももの付け根(鼠径部)が左に比べ膨らんでいるのに気づいた。触れるとグルッとした感じがあったが、膨らみ自体はなくなった。やはり4ヶ月のBちゃんも同様に鼠径部の膨らみがあり、こちらはコリッとしていて触ってもなくならなかった。
    どちらも鼠径ヘルニア(=脱腸)を疑わせる。初めの例はヘルニアの典型例だが、後の例は「精系水瘤」と呼ばれる(女児では女性水瘤)。鼠径ヘルニア、水瘤はいずれも本来なら閉じるべき腹膜の膨らみの中へ腸が脱出したり、水が溜まることにより発症する

乳幼期に鼠径部の腫れを示す疾患には、
  • 1.ヘルニア、
    2.水瘤、
    3.リンパ節炎、
    4.停留睾丸などがある。
消失しない膨らみの場合、[鼠径ヘルニア篏頓](篏頓=カントン、脱出した臓器の血行障害を伴う)と区別する必要がある。しかし、水瘤、リンパ節炎、女児では卵巣卵管滑脱(ヘルニアの袋に卵管卵巣が付いている)との区別は簡単ではない。     
 
篏頓したままにすれば脱出した臓器は、血行障害の結果壊死する。安全な麻酔、手術が出来るならば、篏頓の危険を心配しながら自然治癒を待つより、予定をたてて手術する方が安全である。現在では小児専門病院ならばそれが可能となっている。
手術は気管内麻酔で行い、成人の鼠径ヘルニアの手術に比べ、極めて短時間で終了する。手術創もケロイド状になることはなく、手術後半年位で、ほとんど分からなくなる。入院日数も短く、日帰り手術を行っている病院もある





【疝】(たいせん)
  • =鼠径ヘルニアまたは陰嚢ヘルニア。
    「」「艨v「竅v「腸」「狐疝風」「狐疝」「陰狐疝」「偏墜」みな同じ。

【陰孤疝】(いんこせん)=陰孤疝気









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬