ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ヒアルロン酸



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




ヒアルロン酸
ヒアルロン酸

  • 分子量200万〜800万で、
  • 関節やヘソの緒に含まれている。

  • 胎児の運動によってねじれてもヘソの緒の弾力性を保ち血管がつぶれないように働いている。
    1. 細胞外器質成分の1つ。
    2. 生体内ではヒアルロン酸ータンパク複合体(プロテオグルカン)として、細胞間で結合水をとり、マトリックスを形成して細胞の保持や滑剤として機能する。
    3. 線維芽細胞などで合成され、血中に移行したものは肝で分解される

軟骨の構成
  • ヒアルロン酸は、体液として至る所に存在し、ミネラル・アミノ酸・ビタミンなどを細胞の奥まで浸透させる働きがあります。
  • また細胞の間隙を埋めて皮膚に潤いを与えたり、
  • 眼の透明度を保ったり、
  • 潤滑油の働きをするので、関節炎やリウマチなどの緩和に役立っています。





保湿
  • ヒアルロン酸は、水分をゲル化する能力に優れた成分です。
  • 1gあたり6000mlも水分を保持します。
    • 水であれば自重の1200倍吸収できるが、塩分があるとゼロに近い。

  • 成人女性の皮膚に含まれるヒアルロン酸は、赤ちゃんの皮膚に比べ20%低下するといわれています。ヒアルロン酸が減少すると、カサカサ肌になって、ハリがなくなり、キメが荒くなります。
  • ヒアルロン酸は熱に弱く、40℃以上の加熱で破壊されます。
  • 2008年、ヒアルロン酸を超える保水力があるものがスイゼンジノリから見つかった。




原料
鶏冠からの抽出物と、微生物で発酵したものがあります。
  • ムコ多糖。.
  • 鶏冠より、微温時〜温時水、アルカリ性水溶液若しくは酸性水溶液で抽出し、エタノール若しくは含水エタノールで処理、若しくは酵素処理した後エタノール若しくは含水エタノールで処理し、精製して得られたもの、又は細菌(Streptcoccus zooepidemicus)の培養液を、冷時〜温時、除菌し、エタノール若しくは含水エタノールで処理し、精製して得られたものである。





ガンの転移・増殖に関連
  • 1996年、愛知医科大学の木全弘治教授らのグループは、ガンの転移や増殖と関係が深いと見られる「ヒアルロン酸」をつくる遺伝子をマウスの細胞から分離した。遺伝子を特定出来たことで、体内でヒアルロン酸の生成を抑え、ガンの転移を防ぐ新薬の開発につながるという。

  • ヒアルロン酸は転移性乳ガンなどの組織に多く含まれる糖類の一種

  • ほ乳類でヒアルロン酸の遺伝子を特定したのは初めて。
    ヒアルロン酸を作る能力が低いガン細胞をマウスに注入すると、転移が減ることも確認したという





(リウマチ)
  • ヒアルロン酸はヒジなどに注入することで、関節痛を和らげる効果があるとされ、リウマチの治療薬として使われている。


軟骨の構成
  • ヒアルロン酸は、体液として至る所に存在し、ミネラル・アミノ酸・ビタミンなどを細胞の奥まで浸透させる働きがあります


  • また細胞の間隙を埋めて皮膚に潤いを与えたり、眼の透明度を保ったり、潤滑油の働きをするので、関節炎リウマチなどの緩和に役立っています





関節痛
  • 2010年、キューピーは、保湿成分として知られる「ヒアルロン酸」が関節の痛みを和らげるメカニズムの一端を解明した。
    ヒアルロン酸が腸管にある受容体に結合し、炎症を抑える物質の分泌をうながす
    ことをマウス実験で確認した。

  • ひざに関節炎を起こしたマウスにヒアルロン酸を4週間食べさせて、体内でヒアルロン酸がどこへ作用するかを調べた。

  • その結果、
  • 腸管にあり高分子を認識するTLR4(TOLL様受容体)という受容体にヒアルロン酸が結合することを確認した。
    マウスの腸管組織や血液を調べるとヒアルロン酸を与えたマウスでは炎症を抑える働きがある「サイトカイン」という物質が多く分泌されていることが分かった。

  • 研究チームは
  • ヒアルロン酸がTLR4に結合し、サイトカインの分泌をうながすことで炎症が抑えられると考えている。







ヒアルロン酸ナトリウム
(アルツ/スベニール)
  • ヒアルロン酸の関節内注射が行われているが、
    2010年、FDAが承認不可
    • 米食品医薬品局(FDA)から「現時点では承認不可」との通知を受けたと生化学工業は2010年1/8発表。








ヒアルロン酸の正常値・・・50ng/ml
ヒアルロン酸高値を示す疾患
  • l肝硬変
    • 肝疾患ではヒアルロン酸濃度が、
    • [130ng/ml]以上の場合、肝硬変の陽性率が高い。
      [200ng/ml]以上では、ほぼ100%の率で肝硬変。
      • 肝硬変の病態と進行度(慢性肝炎から肝硬変への移行)の判定に良いマーカーとなる。
        線維化マーカーの1つ










N-アセチルグルコサミン
2007年、○○は、肌や軟骨などに含まれる保湿成分であるヒアルロン酸の一部分『N-アセチルグルコサミン』(NAG)が、ヒアルロン酸だけを飲むよりも保湿効果が高かった。

肌の乾燥に悩む女性に
  • @NAGを含む乳酸飲料、
    Aヒアルロン酸を含む乳酸飲料、
    Bどちらむ含まない乳酸飲料を8週間飲んで比べた。
通常乾燥しやすい目尻やほほの水分量を測定して比較した。
@はAの2.5〜3倍の保水量があった。
NAGはヒアルロン酸に含まれる構成要素の一部、分子量が小さい。



分子量1/1000以下(超低分子)
○○は医薬品の原料となるヒアルロン酸について、分子量を従来の1/1000に抑えた超低分子素材の生産技術を開発した。
ヒアルロン酸と体内の細胞が結合し、過剰な免疫反応を抑制するなどの生理活性が見込めるという。

ヒアルロン酸はグルクロン酸とグルコサミンの結合が連鎖している。
従来の高分子ヒアルロン酸はこの結合が2000〜5000連なっていて、分子量も80万〜200万だった。そのため、肌の保湿効果を高めたり関節を滑りをよくするなどの物理化学的な作用が中心だった。
超低分子のヒアルロン酸はグルクロン酸とグルコサミンの結合が2つ連なっただけで分子量は800程度。細胞の特異な受容体と結合し新たな生理活性作用を期待できる


チェック
関連情報
サメ軟骨」「胎盤エキス









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬