ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    




皮膚筋炎



情報TOP





皮膚筋炎
皮膚筋炎の病態

→「多発性筋炎

膠原病の一種。

皮膚やまぶたが腫れたり、背中がかゆくなったりする。
クビの周囲の筋肉に異常をきたして、食べ物を飲み込みにくくなったり、呼吸がしづらくなることもある。


胃癌が隠れていることも。


皮膚筋炎の症状
1>発疹・・・爪の周囲に出血斑が出ることがある、
  1. 部位:
    • 顔面、
    • 耳、
    • 頬粘膜、
    • 関節部位(ex手の甲が赤い)

  2. 性状
    • ・対称性、浮腫状、
      ・紅斑、紫斑、水疱状
      ・治癒すると萎縮、瘢痕化する。
      ・落屑、色素沈着も見られる。
  3. 発疹の出現時間
    • ・急性型では発熱とともに発疹する
    • ・慢性型では発疹少ない

2>筋障害:
  • (四肢・肩・頚筋の疼痛or萎縮)

3>リンパ節腫張

4>貧血(軽度)





  • 皮膚筋炎の好発年齢
    • 40〜50才に多い

  • 皮膚筋炎の好発時期
    • 特になし

  • 皮膚筋炎の血液像
    1. クレアチンキナーゼ(CK):上昇
    2. 白血球数:正常
    3. リンパ球:やや増加
    4. 好酸球:増加

  • 皮膚筋炎の検査項目
    1. 血中クレアチニン
    2. 心電図
    3. LE細胞(ー)
    4. 梅毒血清反応(ー)
    5. 血清タンパク分画
    6. 皮膚・筋生検



チェック
関連情報
発疹」「肺性心」「皮膚炎






なおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬