ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




皮膚の病気



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






発疹
湿疹
フルンケル
光線過敏症
くさ
ニキビ
かぶれ
化膿
乾癬
疥癬
尋常性乾癬
広告





皮膚病の漢方薬
いんちんこうとう
  1. 体格中等度
  2. 肝臓・胆嚢疾患に起因するもの
  3. 便秘傾向 。口渇
  4. 急性期~亜急性期のじんましん


インチンゴレイサン
  1. 体格体型にこだわらない。
  2. 朝、手指が握りにくい(違和感がある)
  3. 顔がむくむ
  4. 夕方に足がむくむ
  5. 歯形が舌に見られる。
  6. 亜急性~慢性のじんましん


温経湯
  1. 虚弱者
  2. 指掌角皮症。
  3. 慢性皮膚疾患 、
  4. 34歳の婦人。不妊のため、6ヶ月前に、子宮後屈の手術をし、その時、両側の卵管を切除し、片方をビニールでつないだ。
    なお4年前より軽い耳鳴りがあり、最近、疲れやすく、肩が張り、足が冷える。足は右が重い。時々眠れない。湿疹は胸部の中央に手掌大に拡がったものと、背部で肩胛間部の下方に手掌大に坐をとっている。発疹はあまり隆起せず、発赤を認めない。分泌物もなく、乾燥している。カユミはあるがひどくはない。腹診上左の腸骨窩のあたりに圧痛があり、の存在を疑わしめるに足る。大便は1日1行。
    私はこれに温経湯を用いたところ、10日分の服用で安眠が出来るようになり、湿疹も軽快した。しかし腰痛と肩こりがよくならない。次の10日分で腰痛はよくなったが、肩こりがひどい。次の10日分で依然として肩こりを訴え、耳鳴りがひどい。まだ時々湿疹が痒い。なお、4、5回悪心を訴えた。次の10日分で依然として、肩こりと耳鳴りがあり、口腔に潰瘍が出来た。次の10日分で口腔の潰瘍は治したが、外陰部から膣がただれ性交不能となる。イライラする。温経湯に黄柏を加えて与える。これを飲むと、とても気分がよく、肥えてきた。陰部のただれもよくなり、湿疹も全治した。《大塚敬節》


温清飲
  1. 体質中等度以上
  2. 局所赤く熱感がある。
  3. 乾燥して落屑あり、かゆみが強い
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 指掌角皮症
  6. 慢性湿疹
  7. 慢性じんましん
  8. 尋常性乾癬


越婢加朮湯
  1. 浮腫・水疱が甚だしい
  2. 急性期


黄蓍桂枝五物湯


黄蓍建中湯
  1. やせ型で虚弱体質
  2. 慢性湿疹、アトピー性皮膚炎
  3. 漿液性分泌物


黄連解毒湯
  1. 体格・体質中等度以上
  2. 胃腸丈夫
  3. 局所の赤みと熱感が強い者に。
  4. 分泌物が少ないものに。
  5. 湿疹、じんましん 、アトピー性皮膚炎


葛根橘皮湯


葛根湯
  1. 急性じんましん
  2. 発熱、悪寒する


加味逍遙散
  1. 掻痒の強いもの
  2. 神経性のもの。「+四物湯」


荊芥連翹湯
  1. 体質中等度以上
  2. 局所が発赤
  3. 熱感あり、乾燥気味、落屑あり。
  4. アトピー性皮膚炎
  5. 慢性湿疹
  6. 指掌角皮症。
  7. ニキビ
  8. 尋常性乾癬


桂枝加黄蓍湯
  1. やせ型で虚弱体質
  2. 漿液性分泌物
  3. 発赤。熱感少ない
  4. 炎症が強い者・・・不適
  5. 慢性湿疹、アトピー性皮膚炎


桂枝茯苓丸
  1. のぼせ症で足腰冷える
  2. 患部が汚い
  3. 手掌角皮症:「+」《大塚敬節》
  4. 33歳の女性。10年前に結婚したが未だに子がない。約5年前から月経が長引き、或いは1ヶ月に2回もあって、とかく全身の違和感を覚えて、いろいろ治療を試みたが無効であった。訴えを聞くと、常に下腹部が張り、黄色の帯下が多く、腰が冷え、いつも腰へ風が吹き込んでいるようだと云う。上衝や肩こりがあり、月経の時に風邪を引くことが多く、また下痢する。同時に、数年前から両手指掌が荒れて冬になると亀裂を生じ耐え難い疼痛があり、口唇も乾燥して荒れるという。見たところでは血色は大変良く、上衝して赤すぎるぐらいの顔色である。体格はしっかりして均整のとれた肢体である。脈は沈遅で力があり。腹は全面拘急し、両腹直筋は特に拘攣して、臍の左方及び右腸骨窩に圧痛を証明する。
    以上から考えると、桂枝茯苓丸の正面の証とみて差し支えないであろう。私は料とし、手指の荒れるのを皮膚甲錯とみてを加えて投薬した。当時2度目の出血が8日間続いて止みそうに無いとのことであったが、本方を1貼服用したら翌朝ピタリと止血してしまった。    しかし本方を服用してから翌月は正しく1ヶ月目に来潮して5日間でキチンと済んだ。
    それと同時に、両手掌の角化症が8分通り治ってしまった。《矢数道明》
  5. 手掌・手甲の荒れる者に:「+」《大塚敬節》
  6. 体格中等度の女性。があり、月経時悪化するニキビ「+ヨクイニン」


桂麻各半湯


香蘇散
  1. 魚毒によるじんましん



五苓散


柴胡桂枝乾姜湯


柴胡桂枝湯
  1. 体格中等度~すこしやせ型
  2. 心身症傾向あり
  3. ストレスで悪化しやすい
  4. 慢性じんましん


柴胡清肝湯
  1. 体質中等度以上
  2. 小児腺病体質、湿疹ができやすい
  3. 局所が発赤
  4. 熱感あり、乾燥気味、落屑あり。
  5. アトピー性皮膚炎
  6. 慢性湿疹
  7. 指掌角皮症。
  8. 尋常性乾癬


三黄瀉心湯
  1. 乾燥性の皮膚疾患





紫雲膏
  1. 以下の疾患・症状で悪化の恐れがある
    • ▽過敏歴がある者
    • ▽重症の熱傷・外傷
    • ▽化膿性創傷で高熱がある者
    • ▽患部が湿潤・だだれがひどい者


梔子柏皮湯
  1. 肝臓・胆嚢疾患に起因するもの


四物湯
  1. 乾燥性の皮膚病:かゆみがあれば:「当帰飲子」を考える《中医処方解説》
  2. 皮膚枯燥:皮膚がカサカサ・潤いがない。
  3. 乾性陰症の皮膚病《矢数道明》
  4. 皮膚掻痒症:皮膚の上を虫がはっている感じ


十全大補湯


十味敗毒湯
  1. 体格・体質中等度
  2. 小丘疹が散在し、化膿傾向
  3. 化膿しやすいアトピー素因がある
  4. 水疱がある者には・・・効果が薄い
  5. 滲出性で痂皮を形成する・・・不適
  6. 発赤乾燥が著しい・・・効果が薄い
  7. 化膿性皮膚疾患
  8. フルンクロージスの体質改善
  9. 慢性湿疹
  10. 慢性じんましん
  11. アトピー性皮膚炎


小柴胡湯


消風散
  1. 体質・体格中等度以上 、口渇
  2. 炎症。かゆみが強い
  3. 分泌物が多く、かゆい
  4. 粘稠性分泌物が多い。
  5. アトピー性皮膚炎
  6. 長年治らない頑固な皮膚病
  7. 夏期・・増悪するもの
  8. 慢性湿疹
  9. 指掌角皮症


清上防風湯
  1. 体質中等度
  2. 局所の赤みと熱感が強い
  3. 赤く化膿するニキビ


大柴胡湯


大青龍湯


治頭瘡一方
  1. 体質中等度以上
  2. 便秘傾向
  3. 小児頭部湿疹
  4. 脂漏性湿疹


調胃承気湯


桃核承気湯
  1. 患部が汚い
  2. 炎症の強いもの。便秘


当帰飲子
  1. 局所の赤みが少なく、乾燥気味。


当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. (鬱血・紫斑)
  2. しもやけ


当帰芍薬散
  1. 虚弱な女性のニキビ
  2. 月経時悪化
  3. 冷え症、むくみやすい


白虎加人参湯
  1. 発疹性疾病等にして、出血性発斑の傾向多く、高熱あり、口渇、煩躁甚だしく、口唇乾燥して殆ど知覚麻痺の状ある証《奥田謙蔵》


八味地黄丸
  1. 老人性の皮膚掻痒症
  2. 掻痒が強い。
  3. 口渇、夜間多尿、手足の冷え


防已黄蓍湯


防風通聖散


補中益気湯








竜胆瀉肝湯






乾性 湿性
(浸出液は少ない、あるいは無い) (滲出液の多いもの)
陽症 浸出液は少ない、
外観汚い
分泌液濃厚、
外観汚い、
悪臭あり、
血痂をつくる
  1. 葛根湯
  2. 桂麻各半湯
  3. 黄連阿膠湯
  4. 白虎加人参湯
  1. 桂枝加黄蓍湯
  2. 越婢加朮湯
  3. 桃核承気湯
  4. 大黄牡丹皮湯
陰証 皮膚に変化少ない、
痒みだけ
分泌物希薄、
外観普通、
悪臭無し、
血痂作らない
  1. 苓姜朮甘湯
  2. 真武湯
  1. 桂枝加附子湯
  2. 四逆湯




湿疹 陽証 陰証
湿性 越婢加朮湯
十味敗毒湯
治頭瘡一方
消風散
桂枝加朮附湯
十全大補湯
乾性 葛根湯
黄連解毒湯
温清飲
当帰飲子
十全大補湯
八味地黄丸
「陰証」or「陽証」・・炎症反応の強弱で分ける

「湿性」or「乾性」・・病巣(局所)の滲出液の多少で分ける





皮膚病の漢方療法
  1. 斑(はん)
    • =色点だけあって顆粒のない症。
  2. 疹(しん)
    • =浮小して顆粒がある症。
  3. 発斑
    • =胃熱が手太陰の火を助け、手太陰が肺に入ると紅点が皮毛のあいだに斑と同じように現れる症。
      1. 陽毒発斑
      2. 温毒発斑
      3. 熱毒発斑
      4. 時行発斑
      5. 陰症発斑=胸背と手足から出、また稀少で微紅な症。
  4. 疹(いんしん)
    • =多く脾に属し、隠々として皮膚の間にあるので、疹という。赤いイボのようなものが出て、かゆいばかりで痛まない。春に多く、温毒である。
      1. 赤い疹:涼しいとなくなる。[胡麻散]
      2. 白い疹:温まると消える。 [消風散]
  5. ・・
    • =労汗が風寒にあたると(サ)となり、欝すると(ザ、腫れ物)になる。夏に汗が出て、そのままにしておくと紅栗のような症が出るのを(ヒ、あせも)という。




針灸(沢田流)
腎臓が悪い

56年間も皮膚病で苦しみ、多くの病院に入院して治らなかった患者に、沢田先生は“腎臓がわるいのです。腎臓と皮膚は裏と表の関係になっています。腎臓の排泄作用が衰えると皮膚から毒素が吹き出すのです”


「身柱」「心兪」「肝兪」「脾喩」「腎兪」「次」「中」「左陽池」「曲地」「足三里」「肩」





皮膚の病気
皮膚病
  1. あざ(ケロイド)
  2. アトピー性皮膚炎
  3. 疥癬(かいせん)
  4. 化膿
  5. かぶれ
  6. 乾癬
  7. くさ
  8. 湿疹
    • ・主婦手湿疹
      ・女子頸部隣屑疹[オロナイン皮膚炎]

      女子顔面再発性皮膚炎
      ・ベルロック皮膚炎
      ・植物皮膚炎
      リール黒皮症 melanosis Riehl
      ・急性湿疹 eczema acutum
      ・慢性湿疹 eczema chronicum
      貨幣状湿疹
      自家感作性皮膚炎
      鬱滞性湿疹
      おむつ皮膚炎
      膿痂疹性湿疹
      老人下腿湿疹(老人性乾皮症)
  9. 掌蹠膿疱症
  10. 尋常性乾癬
  11. ジンマシン
  12. ジンマシン様苔癬
  13. 頭瘡(ずそう)
  14. できもの
  15. ニキビ
  16. ビダール苔癬
  17. 皮膚炎
  18. 皮膚枯燥(乾燥肌)
  19. フルンケル
  20. 発疹(ホッシン)=皮疹
    • 皮膚にみられる肉眼的変化を発疹といい、肉眼的に
    • (1)斑・(2)丘疹・(3)結節・(4)水疱・(5)膿疱・(6)嚢腫・(7)膨疹などがあり、
    • 続いて、(8)表皮剥離、(9)ビラン、(10)潰瘍、(11)膿瘍、(12)亀裂、(13)鱗屑、(14)痂皮、(15)瘢痕などが認められる病変
  21. 老人性皮膚掻痒症







皮膚用医薬品
寄生性皮膚疾患
  • (抗真菌薬)
    1. アリルアミン系
      1. 塩酸テルビナフィン
        • [ラシミール]
    2. イミダゾール系
      1. 塩酸クロコナゾール
        • [ピルツシン]
      2. 塩酸ネチコナゾール
      3. ケトコナゾール
        • [ニゾラール]
      4. クロトリマゾール
        • [エンペシド][タオン]
      5. ビホナゾール
        • [マイコスポール]
      6. ラノコナゾール
        • [アスタット]
      7. 硫酸イソコナゾール
        • [アデスタン]
      8. 硫酸エコナゾール
        • [パラベール]
      9. 硫酸オキシコナゾール
        • [オキナゾール]
      10. 硫酸スルコナゾール
        • [エクセルダーム]
      11. 硫酸ミコナゾール
        • [フロリードD]
      12. ラノコナゾール
        • [アスタット]
      13. ルリコナゾール
        • [ルリコン]
    3. チオカルパメート系
      1. トルナフテ^ト
        • [ハイアラージン]
      2. リラナフタート
        • [ゼフナート]
    4. 脂肪酸系
      1. ウンデシレン酸
        • [ウンデシレン酸]
        • [ウンデシレン酸亜鉛]
    5. ピリジン系
      1. シクロピロクスオラミン
        • [バトラフェン]
    6. ベンジルアミン系
      1. 塩酸ブテナフィン
        • [ボレー][メンアックス]
    7. モルフォリン系
      1. 塩酸アモロルフィン
        • [ペキロン]
  • (抗ウイスル薬)
    1. アシクロビル・・・・[アラセナーA]
    2. ビダラピン・・・・・・[ゾビラックス]
  • (その他)
    1. イオウ・・・・・・・・[イオウ]
    2. イオウカンフル・・・[イオウカンフルローション]


化膿性皮膚疾患
  • 抗菌薬
    1. エリスロマイシン・・・・・[エリスロシン軟膏]
    2. 塩酸テトラサイクリン・・・[アクロマイシン軟膏]
    3. クロラムフェニコール・・・[クロロマイセチン]
    4. フジシン酸ナトリウム・・・[フジシンレオ]
    5. 硫酸カナマイシン・・・・・・[カナマイシン]
    6. 硫酸ゲンタマイシン・・・・[ゲンタシン]
    7. 硫酸フラジオマイシン・・・[ソフラチュール]
    8. 硫酸ポリミキシンB・・・・・[硫酸ポリミキシンB末]
    9. リン酸クリンダマイシン・・・[ダラシン]
  • 抗菌合剤
    1. 合剤
      • [クロマイP][コリマイフォーム]
      • [テラマイシン軟膏]
      • [フランセチンTパウダー][パラマイシン]
    2. ナジフロキサシン・・[アクアチム]
  • サルファ剤
    1. スルファジアジン・・・・[テラジアパスタ]
    2. スルファジアジン銀・・・[ゲーペン]










発疹」「湿疹」「フルンケル」「光線過敏症」「くさ」「ニキビ」「かぶれ」「化膿」「乾癬」「疥癬」「尋常性乾癬











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬