ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ウシの肥育ホルモン



HOME naoruTOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告



関連情報 うし
狂牛病
牛肉
牛乳
ヘイキューブ
トウモロコシ








肥育ホルモン     食品安全委員会のサイトから
ホルモン剤
  • ホルモンは本来体内物質であり、特定の生理作用を有しています。
  • 畜産領域では、その生理作用を利用して繁殖のため発情周期の同調、病気の治療などを目的として使用されますが、特定のホルモンが有するタンパク質同化促進や成長促進を利用して、牛の肥育の際に成長促進を目的として使用されるものもあります。
  • 後者の「肥育ホルモン剤」は、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、主要な牛肉輸出国で広く利用されています。


肥育ホルモン剤には
  1. ヒトや動物の体内に自然に存在するホルモンを製剤とした天然型と
    • 「17β-エストラジオール」(estradiol 17β)
    • 「プロゲステロン」(progesterone)
    • 「テストステロン」(testosterone)
  2. 化学的に合成される合成型
    • 「酢酸トレンボロン」(trenbplone asetate)
    • 「酢酸メレンゲステロール」(melengestrol asetate)
    • 「ゼラノール」(zeranol)
があります。







  • 17-βエストラジオール
  • 分子式(C18242
  • 分子量(272.39)
  • 17-βエストラジオールは、代表的なエストロゲン(卵胞ホルモン)で、プロゲステロンとともに女性の性周期に関与します。
  • 卵巣、胎盤で合成され、閉経後の女性や男性では末梢組織でテストステロンから合成されます。
  • プロゲステロン分子式(C21302
  • 分子量(314.47)
  • 融点・・・127〜131℃(α体)、121℃(β体)
  • プロゲステロンは、代表的なゲスターゲン(黄体ホルモン)で。受精卵の着床、妊娠維持、排卵抑制などの作用を有します、
  • 成人女性では、卵巣の黄体から分泌されますが、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌されます。
  • テストステロン分子式(C19282
  • 分子量(288.43)
  • テストステロンは、代表的なアンドロゲン(男性ホルモン)で、筋肉増大、タンパク質同化作用の促進などの作用をもつ。
  • 女性にも存在しますが、分泌量は男性の1/20程度です。
  • 男性の場合は精巣と副腎、女性の場合は副腎から分泌されます、
  • ゼラノール分子式(C18265
  • 分子量(322.40)
  • ゼラノールはエストラジオールの合成型です。
  • 酢酸メレンゲステロール分子式(C25324
  • 分子量(396.53)
  • 酢酸メレンゲステロールは、プロゲステロンの合成型です。
  • 酢酸トレンボロン分子式(C20H24O3)
  • 分子量(312.41)
  • 酢酸トレンボロンはテストステロンの合成型です。







リスク評価
  • 残留の安全性を科学的に審議する国際機関FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)において、天然型の17β-エストラジール、プロゲステロン、テストステロン、合成型のゼラノール、酢酸メレンゲステロール、酢酸トレンボロンについては、一生涯にわたって摂取し続けても健康への悪影響が無いと推定される1日あたりの摂取量であり1日摂取許容量(ADI)が設計されています。


諸外国の状況
  1. 米国・カナダ・オーストラリアの状況
    • いずれの国でも、成長促進、繁殖治療目的について、一定の処方に基づく天然型およに合成型のホルモン剤の使用が認められています。
  2. 欧州の状況
    • 1988年、欧州共同体は、成長促進を目的としてホルモン作用を有する物質を牛に使用することを指令により禁止し、合わせて、1989年、これらを使用した牛肉及び牛肉製品の輸入も禁止しました。
    • 1999年、2000年、及び2002年にリスク評価を実施し、2003年欧州共同体はホルモン物質の使用および輸入禁止に関する指令を改正し、
    • 17β-エストラジオールを永続的に使用禁止とし、
    • その他のホルモン物質について、さらなる科学的情報が提供されるまで暫定的に使用禁止としています。










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬