ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



肥満症(病気による肥満)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





肥満
肥満に用いる漢方薬
ダイエット
肥満を呼ぶ遺伝子
仮面うつ病
肥満低換気症候群
メタボ
宝石の不思議
広告




病気の肥満(肥満症)
病気の肥満
  • (病態)
  • 体脂肪の過剰蓄積状態。
    肥満を伴う合併症を有するもの→食物依存症


肥満症とは?
  • 肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するが、その合併が予測される場合で、医学的に減量を必要とする病態をいい、疾患単位として扱う。

<1>単純性肥満(simple obesity)

<2>症候性肥満(symptomatic obesity)・・・肥満全体の1~2% 


内分泌疾患:
  1. Cushing症候群
    • 「顔面・背・体幹は極度に肥満し、手足は細い。」

  2. Frohlich症候群(生殖腺萎縮性肥満症):
  3. Laurence-Moon-Biedl症候群
  4. Stein-Leventhal症候群
  5. 性腺機能不全(去勢を含む)
  6. 糖尿病
  7. インスリン分泌過剰症
  8. 脳性肥満症
  9. 甲状腺機能低下症
    • 真の肥満でなく、ムチン体を含んだ水分の貯留による粘液水腫である
    • 橋本病
  10. 経口避妊薬服用



神経疾患:
  • 満腹中枢の障害





肥満症の検査
  1. 血糖
  2. インスリン・・・・基準値以上
  3. 血清脂質・・・基準値以上
  4. 尿酸・・・・基準値以上
  5. GPT・・・・・基準値以上
  6. BMI・・・・25以上
  7. CT・・・・・V/S≧0.4内臓脂肪型肥満
  8. 超音波・・・・脂肪肝





肥満症の診断基準
BMI(Body Mass Index)を指標に判定する。
BMI≧25のとき「肥満」である。

・BMIが25以上で、次の[A]または[B]のような状態であれば「肥満症」と診断される

[A]肥満による健康障害
2型糖尿病
耐糖能障害
心筋梗塞
狭心症
脳血栓症
一過性脳虚血発作
睡眠時無呼吸症候群
Pickwick症候群、
脂肪肝
変形性関節症
腰椎症、
月経異常

[B]内臓脂肪蓄積の判定基準

  • スクリーニング検査
    ウエスト周囲径計測
    男性(85cm≦)
    女性(90cm≦)
    【上半身肥満】
    腹部CT検査
    内臓脂肪面積
    (100cm2≦)
    【内臓脂肪型肥満】







  • BMI=体重(kg)÷身長(m)
    • この指数22をもって標準体重の算出法とすることが日本肥満学会により提言されている。
      標準体重=22×身長(m)×身長(m)

    ■日本肥満学会(1990)
    BMI25のうち以下のいずれかの条件を満たすもの
    ①肥満に関連し、減量を要する健康障害を有するもの。
    ②健康障害を伴いやすいハイリスク肥満(内臓脂肪型肥満)






「肥満症」には胃の手術
  • 「米医療機関のメイヨ・クリニックは、激しい肥満症の中高年の患者には、胃の手術が安全で有効という報告をまとめた。50歳以上の肥満症患者に対し、胃にバイパスを取り付ける手術をした場合、3年後には体重が58%減少した。胃の成形手術を施した場合には体重は33%減少した。
    手術を受けた患者の81%は手術結果に満足していると言う。糖尿病・関節炎などの薬を飲む量も、手術後は減ったと報告している


運動量の増加とカロリー減が必要
  • 「単なる『肥満』と、病気としての『肥満症』はどう違うのだろうか?。肥満症診断の基準づくりで、中心となった大阪大学第2内科の松沢裕次教授はこう説明する。
    「相撲取りは非常に太っていますが、よく運動する限りは健康を保っています。彼らは肥満であっても肥満症ではない。私たちのねらいは、危険な肥満の人を早く見つけ生活習慣を改めてもらい、病気を予防すること。そのための診断基準なのです」
    診断の出発点は、痩せているか太っているかを表す「ボディ・マス・インデックス(BMI)」という指標の計算だ。体重(Kg)を身長(m)の二乗で割ったもので、、太っているほど値は大きい。
    これまでの研究で、BMIがほぼ22のときに病気の数が最も少ない、その前後で増えると分かっている。今回の基準では、BMIが25以上の人は肥満とされる。
    肥満と診断された上、糖尿病や高脂血症・高血圧などを合併していたり、おへその位置で腹をコンピューター断層撮影(CT)で輪切りにして見る検査で、皮下脂肪に比べ生活習慣病を招きやすい内臓脂肪が断面の一定面積以上を占めていたりしたら、肥満症と診断される。
    従来の基準では、BMIが26.4以上を肥満としていた。25まで引き上げられたため。数字だけからみると基準が厳しくなった。松沢教授は「肥満の程度を切りのいい数字で区切る国際基準に合わせただけで、その変更に深い意味はない。むしろBMIだけで肥満症の診断は出来ないことこそ理解して欲しい」と話す。
    実は記者(37)もかなり太っている。身長170cm、体重85kg、BMIは29.4gだあ、人間ドックの血液検査では合併症は見つからず、肥満症では無いと思っていた。取材のため腹部にCT検査を受けた。結果は、内臓脂肪の面積が基準の100cm²を大幅に上回る192cm²だった。
    これで記者も立派な肥満症。松沢教授に「症状が無いからと肥満は放っておくと、将来、生活習慣病になるリスクは9割」と警告された。
    では生活をどのように改めたらいいのか?。肥満治療の両輪は、運動量を増やすことと、食事のカロリーを減らすこと。エネルギー消費は、自転車に乗る時間を増やし、エレベーターを止めて階段を使うことで取り組む。つらいのはカロリー減らしだ。以前、体重を落とそうと、天ぷらなど油ものを一切止めようとしたこともあったが、1週間続かなかった。
    減量に詳しい大分医科大学第一内科の坂田利家教授は“無理な食事制限は、『食べたい』という本能を抑えつけてしまう。いつかは必ず本能に負けて失敗する”という。飯台病院栄養管理室の石井和子室長も“いったん減量できても、理想体重近くで維持できる人は半分ぐらい”坂田教授はこうアドバイスする。
    「肥満の人は、満腹感や空腹感が分からなくなり“眼に前にあるから”というだけで食べ続ける。食いしんぼがいけない。食事の時間帯を決め、ゆっくり噛む。満腹感がよみがえったら、それを無視しないで食事を止める。減量ではなく、体重を維持するくらいの気構えで」
    一言で言えば、「出来ることを少しずつ習慣に」
    日本人は欧米人に比べて、極端でない肥満でも健康を害しやすい。
    日本肥満学会は、病気としての肥満症の定着をはかり、肥満治療に対する保険適用も訴えていくことにしている。」





関連情報 肥満に用いる漢方薬ダイエット」「肥満を呼ぶ遺伝子」「仮面うつ病」「肥満低換気症候群」「メタボ」「 宝石の不思議






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査