ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



貧血



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




貧血 に用いる漢方薬
温清飲
  1. (出血傾向)


黄連解毒湯
  1. (出血傾向)


加味帰脾湯
  1. 昭和16年、患者は28歳のの婦人で、1男1女があり、数ヶ月前から病院に入院していたが、病勢は次第に悪化し、あと1ヶ月の命があぶないと云われたという。
    病室に入った私は吸呑みで口を湿らせている血色の悪い婦人をみた。口渇はあるが、水を飲んでも、すぐ吐くので、1口ずつ口に含んで吐き出し、ただ口を湿らせているだけでこらえているという。舌には乳頭がなくなって、赤く爛れている。脈をみると沈小弱で、体温は38℃7分、腹部は陥没していて、臍部では動悸が亢進し、下半身には浮腫がある。
    以上の病状から薬方を考えると、四逆湯加人参、附子理中湯なども頭に浮かんだが、貧血がひどいので、帰脾湯とし、これに柴胡と梔子を加えた。すなわち加味帰脾湯である。これを飲むと頑固な嘔吐が止み、その夜は尿がめずらしくたくさん出た。4、5日たつと、体温も37℃ぐ らいに下り、食欲も出てきた。7日後に、患者は自宅に帰って、私の薬だけで治療することを決心したので、その日の夕方、私は患家に往診した。この日は、もう下肢に浮腫もなく、顔に生気があふれていた。こんな状態で貧血の方もぐんぐん良くなり、5ヶ月ほどの服薬を続けて休薬した。それから20年になるが、この患者はこれといって重い病気も出ずに元気にいるという
    《大塚敬節》
  2. 原因不明の貧血、悪性貧血、再生不良性貧血に。
  3. 帰脾湯を用いるタイプで、熱状がある者。


帰脾湯
  1. (陰証、虚証、精神不安、出血傾向)
  2. 原因不明の貧血、悪性貧血、再生不良性貧血に。
  3. 貧血、出血、不眠、健忘、心悸亢進などある虚証の患者。
  4. 体質虚弱のもの、病後で衰弱している者、精神の過労から発病した者。
  5. 帰脾湯も、さらに柴胡と山梔子を加えた加味帰脾湯も、原因不明の貧血、悪性貧血、再生不良性貧血などに用いられ、これで著効をとることがある。帰脾湯は、貧血、出血、不眠、健忘、心悸亢進などのある虚証の患者に用いる。
    体質虚弱の者、病後で衰弱している者、精神の過労から発病したものなどによい。本方には、地黄が入っていないので、四物湯、十全大補湯、連珠飲などが胃にもたれて、食欲減退などを起こすものには加味帰脾湯を用いる(漢方診療医典)


  1. (陰証、虚証、顔色悪い、消化管出血、性器出血)
  2. 冷え症で、出血過多から貧血。
  3. 諸種の貧血証等《奥田謙蔵》





桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. 少年期の原因不明の貧血に用いて著効を得たことがある《大塚敬節》


柴胡桂枝乾姜湯
  1. 衰弱して精神不安、不眠、動悸などがあって、下痢する


三黄瀉心湯
  1. (出血傾向)


四君子湯
  1. (陰証、虚証)
  2. 貧血が強く、気力が衰え、胃腸の機能も衰え食欲が無く、下痢したり、吐いたりする者によい。


四物湯
  1. (陰証、虚証)
  2. 顔色悪い、皮膚の乾燥、皮膚の荒れ
  3. 貧血冷え症、やせて血色不良、便秘傾向。
  4. 貧血を治し、止血の效もある
  5. 胃腸障害があって下痢したり、吐いたりする者には用いない。


炙甘草湯
  1. 貧血があって脈が結滞し、動悸、息切れを訴える者。


十全大補湯
  1. (陰証、虚証、気血両虚)
  2. やせて貧血し、食欲不振
  3. 衰弱が激しい
  4. 補血強壮の效があり、全身的に衰弱して貧血し、口内が乾燥するものに。


小建中湯
  1. 諸種の貧血、或いは萎黄病の類にして尿利頻繁、腹痛、拘急を発する証。《奥田謙蔵》


小柴胡湯
  1. 小児の貧血。食欲不振で微熱、倦怠感がある


真武湯
  1. 胃下垂症や胃アトニー症などのある虚弱な貧血性の患者に、真武湯症が多く現れる《大塚敬節》


当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  1. 貧血冷え症
  2. 血行不良、凍傷になりやすい


当帰芍薬散
  1. (陰証、虚証、月経異常、浮腫傾向、冷え症)
  2. 貧血、冷え性で、排尿回数多く、尿量減少する者
  3. 貧血冷え症、易疲労
  4. 眼にクマドリ、頭重、肩こり。
  5. 産後の貧血に《大塚敬節》


当帰芍薬散紅参


人参湯
  1. (陰証、虚証、冷え、倦怠感が強い、消化不良)
  2. 胃腸弱い、冷え症
  3. 下痢、軟便傾向
  4. 鉄欠乏性貧血:「+反鼻」《中医処方解説》
  5. 再生不良性貧血:「+反鼻」《中医処方解説》


人参養栄湯
  1. (陰証、虚証、せき、不眠)


八味丸
  1. 諸種の貧血性疾患にして、脈微弱、尿溷濁を呈する証《奥田謙蔵》


補中益気湯
  1. 慢性疾患による貧血。胃腸虚弱で食欲不振、疲労倦怠感が強い
  2. 胃腸機能減退
  3. 疲労倦怠感あり。気力体力が乏しい。


六君子湯
  1. (陰証、虚証、心窩部の振水音、下痢)


連珠飲



貧血の針灸ツボ
  • “卒倒や脳貧血を治すには手の三里、足の三里、少沢に灸”

貧血のサプリメント
  • 「イソフラボン」「胎盤エキス」
  • 紅参」「コエンザイムQ10」
  • 「田七人参」「スクアレン
  • 霊芝






血が少ないこと? 血が薄いこと?
たかが貧血なんて甘くみちゃいけませんよ。
ひどくなると昏睡状態に陥ることもあるコワい病気なんです。
特に自覚症状が無くても要注意ですよ。

実は日本女性の4割が貧血の一歩手前の、いわゆる隠れ貧血なんだそうで・・・・。あなたは大丈夫?

貧血は血が足りなくて起きる訳ではないらしい

血液を遠心分離器にかけると、赤い赤血球部分と透明な血清部分に分かれる。
健康な人の血液と、貧血の人の血液とでは、この割合が違う。



貧血の人は健康な人に比べて、赤血球部分が少ない。


つまり、
貧血とは「血が少ない」のではなく、「血が薄い」
のである(NHKためしてガッテン)




貧血  anemia
貧血とは



『体の中の血液中に含まれる赤血球と血色素(ヘモグロビン)が減少した状態』のことである


血液中の赤血球[ヘモグロビン]が、正常値より少ない。
血液型で変化する



臨床的に貧血と判断するのは、以下の場合
  • ♂赤血球数(400万以下)、ヘモグロビン(13.0g/ml以下
  • ♀赤血球数(370万以下)、ヘモグロビン(11.5g/ml以下



フェリチン






貧血の症状
貧血が起こると、
  • 皮膚、
  • 眼瞼結膜、
  • 口唇などの粘膜が蒼白になる。


自覚症状としては、
  • からだがだるい、
  • 疲れる、
  • 考えがまとまらない。
  • むやみと眠い。

また、めまい、動悸、息切れ、耳なり、頭痛、肩こりなどを訴え、視力が衰える。

ときどき熱が出たり、噫気が出たり、嘔吐、シャックリやアクビが出たりすることもある。

貧血が強いときは、失神したり、昏倒したりすることもある。

手足は冷え、尿量は増加し、ときに浮腫が見られる。
  1. 動悸
  2. 息切れ
  3. めまい
  4. イライラ
  5. 頭痛
  6. 舌の異常
  7. 爪の異常
  8. 抵抗力が低下し、
  9. 昏睡から死に至る






貧血から起きる全身症状

ヘモグロビン量が減少するため
  • 顔面蒼白
  • くちびる(口唇)が白い
  • 爪が白い

脳への酸素供給量が低下するため
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 思考力が低下する
  • 傾眠
  • 失神

心臓への酸素供給量が減少するため
  • 心拍数が増加
  • 動悸
  • 不整脈
  • 心臓肥大
  • 心雑音
  • むくみ

末梢組織への酸素供給量が減少するため
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 四肢の冷感
  • 舌炎
  • 下痢
  • 便秘
  • 月経不順
  • 性欲減退

高齢者と若者では症状の出方が異なることがある。

狭心症の人・・・・・
  • が貧血になると、心臓は血液をはやく回そうと働き、負担が大きくなって胸が痛んだり、認知症やうつ状態の悪化と間違われることもある。






貧血の種類

鉄欠乏性貧血
  • (IDA):iron deficiency anemia
  1. 鉄欠乏性貧血は、小球性低色素貧血で、萎黄病とも呼ばれ、一般の貧血症状のほかに、消化器系の障害があり、舌炎を起こすことがある。
  2. 高齢者の貧血・・・・高齢者の1/10に貧血が隠れているとされる。血液を作る骨髄の働きは正常だが鉄分が不足する鉄欠乏性貧血が多い。
  3. 低色素性小球性貧血の1つ
    「ヘモグロビンの分子の真ん中にはが1分子入っています。
    従ってが足りなくなればヘモグロビンの量も減ります。骨髄の中では小さい出来損ないの赤芽球が出来、それから出来る赤血球も小型で、色の薄い赤血球になります。これが鉄欠乏性貧血です、
    1. 成人男子の体内:3〜4gの分→7割が赤血球にある。
    2. 1gのヘモグロビン=3.4mgの鉄分が含まれている
    3. 赤血球は約120日の寿命。→1日約21mgのが代謝される。
    4. が体外へ排出されるのは、
      • 垢(アカ)・消化管の粘膜上皮の脱落・髪の毛・爪・尿
      などからわずか1mgだけ失われる。残りは体内で再利用される。
    5. 食物中からは、10%だけが吸収される。
    1日10mgのを食事から摂取すればバランスがとれる


再生不良性貧血
  1. 再生不良性貧血では、出血しやすくなり、鼻、歯肉、子宮、腸から出血し、皮下にも出血する。
  2. 再生不良性貧血 (汎血球減少症)
    1. 骨髄の造血能が低下して末梢血液の赤血球・血小板及び顆粒球が減少する疾患
    2. 幹細胞障害にもとづく生成低下による汎血球減少症。
    3. 特異的検査所見はない
    4. 赤血球生成が障害される疾患


溶血性貧血 (hemolytic anemia)
  1. 赤血球寿命の短縮(破壊の亢進)にもとづく症状を主徴とする疾患の総称
  2. この貧血では赤血球が120日の寿命を全うできずに壊れてしまいます
  3. 赤血球が大量に壊れると、貧血が起きると同時に、黄疸が起こります
  4. 内因性と外因性の2種類があります


先天性溶血性貧血 (congenital hemolytic anemia)


自己免疫性溶血性貧血(AIHA)
  • 抗赤血球自己抗体による、血管外ないし血管内溶血をきたす後天性溶血性貧血


発作性夜間血色素尿症(PNH)
  • 多能性幹細胞に生じたPIGーA遺伝子の突然変異によって、(GPI)アンカータンパクが欠損し、慢性の経過をとる後天性溶血性疾患、汎血球減少。


巨赤芽球性貧血(MDS)
  • 赤血球の前駆細胞である赤芽球の核酸合成障害により骨髄像で特徴的な巨赤芽球の出現を見る貧血を総称する


腎性貧血
  • 腎臓の機能が低下し、赤血球を作る働きを持つエリスロポエチン(ホルモンの一種)が分泌されずに起きる貧血
  • 症状:
      @疲れやすい
      A息切れどうき
      Bめまい


悪性貧血
  1. 貧血による一般症状のほかに、皮膚、粘膜から出血しやすくなり、脾臓が腫れ、胃腸障害を起こす傾向がある。
  2. 胸骨を叩くと痛むのが特徴


続発性貧血
  • 種々の疾患ある場合に起きる。
    ・慢性関節リウマチ
    ・結核
    ・肝臓病



ファンコニ貧血
  • 子供の難病。
  • 劣性遺伝性疾患で、新生児の奇形や小児の重症貧血を引き起こし、重症化すると白血病につながる。


薬剤性貧血
  • 血液中の赤血球数やヘモグロビンの濃度が減少し、体内の酸素が少なくなる「貧血」は、医薬品によって引き起こされる場合もあります。
    何らかのお薬を服用していて、次のような症状がみられた場合には、放置せずに、ただちに医師・薬剤師に連絡してください。
    • 「顔色が悪い」、
    • 「疲れやすい」、
    • 「だるい」、
    • 「頭が重い」、
    • 「どうき」、
    • 「息切れ」





赤血球の出来方が悪い場合
  • 一次性貧血
    1. 再生不良性貧血(aplastic anemia)
    2. 赤芽球癆(pure cell apkasia)
    3. 鉄芽球性貧血(sidepblastic anemia)
    4. 骨髄異形成症状群(myelodysplastic syndrome)の一分症として現れる貧血
    5. 先天性赤芽球症候群(congenital dyserythroiesis)


  • 他の疾患に続発して起こる貧血
    1. 感染症
    2. 腎不全
    3. 肝疾患
    4. 膠原病
    5. 骨髄に浸潤を及ぼす疾患:
      1. 白血病
               
      2. 悪性リンパ腫
              
      3. 骨髄腫
               
      4. 骨髄線維症   
    6. 内分泌疾患:
      1. 甲状腺機能低下症
               
      2. 下垂体機能低下症




赤血球の成熟に必要な材料不足による貧血
  • 巨赤芽球性貧血(megaloblastic anemia:「MDS」)
  • 鉄欠乏性貧血(iron deficiency anemia:「IDA」)
  • 低栄養症(特に、protein malnutrition)
  • 壊血病




赤血球の燥湿による貧血
<失血性貧血>
  • @急性
    A慢性





鉄欠乏症
・疲れやすい
・頭やお腹が痛い
・めまいがする・・・・・・




思春期の子供たちは体の様々な不調をよく訴える。
  • 「やる気が足りない」
  • 「そういう時期だから」
と放っておかれることが多いようだが鉄分不足の貧血や自律神経失調が引き起こす障害などが隠れている例が少なくない。


学校や家庭で思い当たる節があれば、「
思春期病」と考えて対応し、治療した方がよいと専門家は指摘している。
東京都立母子保健院の北島晴夫・小児科医長は、昨年3月までいた慈恵医科大学柏原病院の思春期外来を訪れた患者薬550人について、


不定愁訴の原因を分析した。
  • 患者の1/3ほどは、近くの医師にかかっても良くならないため来院したという。

  • 最も多いのが
    1. 生活のリズムの崩れで半数を占め、
    2. 貧血とその予備軍を含む「鉄欠乏症」が続く。
    3. 立ちくらみが特徴的な「起立性調節障害」なども10%
    あった。
    見逃されやすいのが鉄欠乏症だ。

学校検診では、瞼の裏の視診で貧血の有無を調べるようになっているが、これで分かるのは重症の貧血で、軽い貧血や貧血に至らない鉄欠乏は採血しないと分からない。

体格がグングン大きくなる思春期は、体の中でエネルギーの生産や酸素の運搬に関わる鉄分の需要が増える。そこへ偏った食習慣や生理が加わると、鉄分は不足する。

最近は運動部の選手にも鉄欠乏症が目立つという。
バレーボール部の選手だった中学2年生の女子は、疲れやすく、練習についてゆけなくなり、朝起きるのがつらくなった。集中力も欠け、イライラしがち。血液検査では貧血に至らない程度の鉄欠乏と分かった。鉄分の錠剤を飲み続けたら、1ヶ月で元気を回復した。激しい運動で鉄分が失われていたらしい。


起立性調節障害も見逃されやすい。
自律神経失調症の1つで、体格が大きくなるのに神経や血管などの成長が追いつけないために起きる。
立ち上がったときに下半身の血管が収縮して血液を上に送り返す働きがうまくいかず、頭や体の中心部の血液が減って立ちくらみを起こす。動悸や息切れがしたり、朝なかなか起きられず午前中は調子が悪かったりする。


(思春期病)

片道1時間半の電車通学をしていた中学生の男子が、5月の連休明けから顔色がさえなくなり頭痛を訴えるようになった。
授業に集中出来ず、よく居眠りをする。
起立性調節障害
と診断され、体を活動的にする交感神経を刺激する薬を飲んでもらい、早起きに努力した結果、少しずつ良くなった。
北島さんは「思春期特有のアンバランスな体に起きる病気を『思春期病』と、まわりの大人たちは理解して欲しい」と話す。診療したケースや大人側の対処法をこのほど出版した「思春期ブルー」(二見書房)で紹介している。


日本医科大学小児科の前田美穂講師によると、思春期の貧血の頻度は、男子で1、2%だが、女子では8〜10%。貧血の予備軍が男子が5%、女子では20〜30%にも上ると見られている。
「予防するには生活リズムを整え、食事で鉄分をしっかり補い、無理なダイエットをしないこと」と「話している。
また、日本大学名誉教授の大国真彦・表参道眼科小児科クリニック院長は、起立性調節障害の頻度は30%ほどで、治療が必要な例は2、3%とみている。これが原因で学校へ行けなくなる子供が登校拒否と間違われる例が多いという。

「寝起きが悪くて遅刻が多ければ、怠け癖なのかどうか、よく見てほしい。起立性調節障害顔色が悪いのが特徴で、朝礼の時立ちくらみがしたり、午前中ぼんやりしていたりする。







貧血は運動群に多く、貧血に至らない鉄欠乏も、やや多かった
運動部で週5日以上の練習をしている子供を「運動群」、それ以外を「非運動群」と分けて、調べてみた。


貧血は運動群に多く、貧血に至らない鉄欠乏も、やや多かった。

男女の差はみられず、生理との関係も無かった。


運動群で貧血または鉄欠乏と診断された子供107人について種目をみると、[陸上][バスケットボール][バレーボール]が多かった。


体内にある鉄の
@67%は
赤血球中で酸素を運ぶヘモグロビンに含まれる。
A27%は肝臓や脾臓・骨髄に蓄えられ、
B残りは筋肉中で酸素の貯蔵に働くミオグロビンというタンパク質などに含まれる。


思春期は体格の向上だけで、鉄の需要が約10%増える。
そこへマイナスの要因が加わると鉄欠乏に陥りやすい。
これまでは偏った食事や生理が指摘されて来たが、最近はスポーツ活動が指摘されている。


足を踏み込むとき足の裏の血管が衝撃を受けたり、急激な筋肉の伸縮で赤血球が血管壁とすれたりして、赤血球が壊れる。準備運動の不足や過度の運動は筋肉を消耗させ、ミオグロビンが筋肉から離れてしまうと説明される。


貧血に至らない鉄欠乏でも持久力が落ちるのは、細胞でエネルギー生産に鉄を含む酵素が不可欠だからだ。大平充宣・鹿屋体育大学教授はネズミの実験をもとに「筋肉など組織中の鉄が持久力に関わっている」と話す。

北海道大学が札幌市内の中学校運動部員約60人にしたアンケートで、鉄欠乏の症状と合わせ、[学力の低下]や[骨折][靱帯損傷]を経験している子が目立った。

「鉄欠乏に伴う集中力低下疲労が、学業不振や運動中のケガに直接つながると言えないまでも、背景にある恐れはある」と同大保険診療所の桜田恵石・助教授はみる。
 
慈恵医大の北島さんは「スポーツ貧血は鉄剤の投与で治るが、対症療法。鉄欠乏の兆候を見逃さず、予防するのが大切」と訴える。


  • [気力がない][記録がおちた]といった変調に注意する

赤血球が壊れている証拠だ。



鉄欠乏に気付いたら、
  1. 練習量を減らし、体の負担が大きい早朝練習は避ける。
  2. 準備運動や整理運動を励行し、
  3. 足への衝撃を和らげる靴を使う。
食事は鉄分が豊富で吸収の良いレバーがおすすめだ。
ほうれん草鉄分も肉と食べ合わせると吸収が良い。
育ち盛りの時期、不自然なダイエットはしないこと、と話す







スポーツ選手特有の貧血
スポーツ選手は全力を発揮するごとに筋繊維が切れる。切れた筋繊維は運動後2時間ほどで再生が始まる。そのため、筋肉の材料であるタンパク質を補給する必要がある。

タンパク質が足りないと筋肉血液中の赤血球のタンパク質を利用してしまう。赤血球は鉄分を多く含むので結果的に体内の鉄分が失われ、全身に酸素を運ぶ赤血球の働きも弱まり、持久力などが低下する。

汗からも鉄分が失われる

体温の上昇も貧血を促す。

トップアスリートを目指すには運動直後に体重1kg当たり3g以上のプロテイン(タンパク質)を摂取し、スタミナを支える鉄分、スピードを生むカルシウムを補給しましょう





女子中・高校生の貧血が増加
東京都予防医学協会が1966年から実施している中学、高校、大学生を対象にした「貧血(鉄欠乏性貧血)検診」で、ここ数年、再び貧血が増えていることが分かった。

検診は毎年7〜8万人が受けている。

30年前は約1/4が貧血と診断されたが、食生活の向上などで、その数は着実に減少していた。ところが、90年頃を境に、再び増加傾向が見られるようになり、特に中学、高校の女子で顕著だった。

すぐに治療のに非強い必要はないが、「要注意」とされる、ヘモグロビン値11.0g〜11.9g/dlの生徒が、90年には3〜4%しかいなかったのが、95年には6〜7%と2倍近くになっていた





大球性
正色素性貧血
MCV・・・・・100fl以上
MCHC・・・32〜36%
悪性貧血
葉酸欠乏性貧血
肝障害性の貧血
正球性
正色素性貧血
MCV・・・・・80〜100fl
MCH・・・・・26〜35pg
MCHC・・・32〜36%
溶血性貧血
再生不良性貧血
腎性貧血
白血病
急性出血
感染症
悪性腫瘍
小球性
低色素性貧血
MCV・・・・・80以下
MCH・・・・・26以下
MCHC・・・32%以下
鉄欠乏性貧血
鉄芽球性貧血
サラセミア症候群
妊娠貧血
無トランスフェリン血症
慢性炎症による二次性貧血





鉄剤
経口 クエン酸第一鉄ナトリウム 「インクレミン」
フマル酸第一鉄 「フェルム」
溶性ピロリン酸第二鉄 「インクレミン」
硫酸鉄 「スローフィー」
「テツクールS」
「フェロ・グラデュメット」
注射 含糖酸化鉄 「フェジン」
コンドロイチン硫酸・鉄コロイド 「ブルタール」
シデフェロン 「フェリコン」




貧血の食事療法
  1. ひじき
  2. きくらげ
  3. 焼きのり




紅参(こうじん)
紅参は血球を作る骨髄の機能を高めます
  • ・・・貧血症は神経痛やリウマチ患者によくみられる

人参のサポニン配糖体は、副腎皮質ホルモン の分泌を促進する。
  • 副腎皮質ホルモン、すなわちコルチコイドは、炎症を抑える働きがあるので、リウマチを治療して痛みを止める。

  • また、人参でもって赤血球数 を増やして貧血症をなくせば、リウマチや神経痛の早期回復によい

  • 胃潰瘍・肝炎・腎臓炎のときにも貧血症が起きる



ガンの化学療法による副作用で貧血に
がん化学療法に伴う貧血 エポエチンα [エスポー](申請中)
エポエチンβ [エポジン](申請中)



チェック
関連情報
貧血に用いる漢方薬
薬剤性貧血」「溶血性貧血」「鉄欠乏性貧血」「鉄芽球性貧血」「巨赤芽球貧血」「再生不良性貧血」「悪性貧血」「骨髄異形成症候群








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬