ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



尿意頻数
(頻尿症)




HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告




頻尿の漢方薬
@桂枝加竜骨牡蛎湯

A桂枝人参湯

B杞菊地黄丸

C牛車腎気丸

D五淋散

E四逆散

F七物降下湯

G小建中湯

H清心蓮子飲

I猪苓湯

J猪苓湯四物湯

K当帰芍薬散加工ブシ末

L八味地黄丸

M白虎加人参湯


N補陽還五湯

O麻子仁丸

P竜胆瀉肝湯


Q苓姜朮甘湯

R鹿茸大補湯

S六味丸




頻尿症   pollakisuria
頻尿症(ひんにょうしょう)とは? 


尿意頻数 frequency of urination 


尿の量は
普通1日に1500cc〜2000cc。
膀胱は最大容量が約500ccだが、200ccほど溜まると自律神経が信号を脳に伝え、尿意をもよおす。
 



健康者の1昼夜の排尿回数は5〜6回で、多くても10回ぐらいで、夜間排尿は、0〜1回です。これより多いのが頻尿です。
→「夜間多尿 





頻尿症の原因
  1. 多尿に伴う排尿回数の増加
  2. 神経因性膀胱(多尿はない)
  3. 膀胱炎などで膀胱容積が減少
  4. 膀胱炎・前立腺肥大で膀胱の刺激が原因。
  5. 心因性・・・「心身症


○気淋(きりん)=神経性の尿意頻数。





パーキンソン病かも?
運動機能
が衰える
手や足がふるえる 
両手を前に差し出し、手のひらを下に向ける実験をすると、
 
本態性振戦では微妙にふるえ始めるが、
パーキンソン病ではヒザの上に置いた手が指先で何かを丸めるように震える
筋肉が硬くなったようにみえる
歩きだすときに足が出にくい 
(一歩が出しにくい)
坂道の下りで止まりにくい
体が前屈みになっていて、歩きにくい
(腰が極端に曲がる)
手先のこまかい動作がぎこちない
(動きがにぶい)
自律神経
症状
夜間の頻尿
便秘
立ち上がったときにふらつきを感じる
睡眠障害 ・眠りが浅くなる、 
・ねつきが悪くなる 
・足の不快感で眠れない
精神症状 ウツ症状、
無関心、
 

不安感 
幻想、 
妄想が現れる
認知機能 記憶力や注意力が低下 
考えがまとまらない








関連情報 おしっこが近い」「夜間頻尿」「排尿回数が多い」「過活動膀胱






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査