必須アミノ酸
ヒトでは、次の9種類
  • トリプトファン
    ・リシン(リジン)
    ・メチオニン
    ・フェニルアラニン
    ・トレオニン
    ・バリン
    ・ロイシン
    ・イソロイシン
    ヒスチジン
    • ヒスチジンは従来、乳幼児期のみ必須とされてきたが、現在は成人も必須とされている。






必須アミノ酸の効果とメカニズム
脂肪燃焼
  • 以下のアミノ酸が脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化させる。


ダイエット
  • 以下のアミノ酸が筋肉の損傷を防いで、安静時の代謝量を維持する
    • ・BCAA
      ・アルギニン


肌再生
  • 以下のアミノ酸が肌に潤いを与えるNMFやコラーゲンの原料になり、肌を再生


シミ
  • 以下のアミノ酸がラニンの過剰生成を抑えるのでシミ予防に
    • ・システイン


やる気


集中力UP
  • 以下のアミノ酸が脳内で興奮性の神経伝達物質に変わり、集中力を高める
    • ・チロシン
      アルギニン
      ・グルタミン酸
      ・イソロイシン


免疫力UP
  • 以下のアミノ酸がマクロファージを活性化


精力増強
  • 以下のアミノ酸が精子の数と活動をUP


スポーツ
  • 以下のアミノ酸が傷ついた筋肉の修復もする。
  • BCAAが筋肉のネレルギーに。






必須アミノ酸の働き
  • イソロイシン
    • 成長促進
      肝機能亢進
  • スレオニン
    • 脂肪肝予防
      成長促進
  • トリプトファン
    • 鎮静作用、
      精神安定作用
  • バリン
    • 成長
      筋肉強化に関与
  • フェニルアラニン
    • 抗うつ作用
  • メチオニン
    • 抗うつ作用
      抜け毛の予防
  • リジン
    • エネルギー代謝亢進
      カルシウム吸収促進











必須アミノ酸の構成表
必須アミノ酸 FAO
基準値
カキ 牛肉 大豆 アジ 牛乳
トリプトファン 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
イソロイシン 3.0 4.4 3.7 3.3 3.3 3.3 3.7
ロイシン 3.4 7.2 6.8 4.9 5.3 5.4 6.7
リジン 3.0 8.0 7.0 4.7 6.5 4.4 5.5
含硫アミノ酸
(メチオニン)
(シスチン)
タウリン
3.0 19.8 2.7 1.6 2.8 3.9 2.2
フェニルアラニン 2.0 4.0 3.4 2.9 3.1 2.9 3.0
スレオニン 2.0 6.0 3.4 2.9 3.1 2.9 3.0
バリン 3.0 5.5 4.2 3.4 3.6 4.1 4.7
トリプトファンを[1]としたもので、「FAO基準値」をすべてクリアしたのが、優秀なアミノ酸組成と言われる




食品 アミノ酸スコア
鶏卵 100
牛乳 100
ヨーグルト(無糖) 100
アジ(生) 100
イワシ(生) 100
サケ(生) 100
カツオ(生) 100
サバ(生) 100
サンマ(生) 100
マグロ(生) 100
和牛(サーロイン、脂なし) 100
鶏肉(もも・胸) 100
豚肉(ロース、脂なし) 100
羊肉(ロース、脂なし) 100
レバー(牛・豚・鶏) 100
ベーコン 95
プロセスチーズ 91
大豆 86
納豆 84
アズキ(全粒・乾燥) 84
トウフ(木綿) 82
カニ(ズワイガニ・生) 81
アサリ(生) 81
カキ(生) 77
クルマエビ(生) 74
イカ(生) 71
マダコ(生) 71



チェック
アミノ酸」「分岐鎖アミノ酸(BCAA) 」「細胞」「ダイエット」「肝硬変」「血糖値がたかい」「劇症肝炎」「トナカイ」「大豆」「スズメバチ」「スポ−ツ障害」「尿素窒素」「胎盤エキス」「L-カルニチン」「クレアチニン







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬