情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ヒスチジン






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







アミノ酸
分岐鎖アミノ酸(BCAA)
細胞
ダイエット
肝硬変
血糖値がたかい
劇症肝炎
トナカイ
大豆
スズメバチ
スポ−ツ障害
尿素窒素
胎盤エキス
L-カルニチン
クレアチニン







ヒスチジン
  • ヒスチジンとはギリシャ語で「組織」の意味。
  • アミノ酸の一種。
    • 塩基性アミノ酸の一種で、必須アミノ酸
  • [ヒスタミン]および[カルノシン]生合成の前駆体

(相互作用)
  • [抗結核薬]
    [イソニアジド]
    [イソニアジドメタンスルホン酸ナトリウム]
  などと併用すると、ヒスタミン中毒症状として
  • [頭痛]
  • [紅斑]
  • [嘔吐]
  • [かゆみ]
    [顔面紅潮]
  • [発汗]
  • [嘔吐]
  • などの中毒症状が出る
  • (魚類中に含まれるヒスチジンが細菌が持っているL-ヒスチジンデカルボキシレースによって脱炭酸されてヒスタミンに変化する)
    (INHはヒスタミン代謝に関するMAO、DAOの阻害作用があるので、体内でのヒスタミンが蓄積され、ヒスタミン中毒が起きる)
  • (ヒスチジン含有率の高い魚で起きる)→マグロ









チェック
関連情報
アミノ酸」「分岐鎖アミノ酸(BCAA) 」「細胞」「ダイエット」「肝硬変」「血糖値がたかい」「劇症肝炎」「トナカイ」「大豆」「スズメバチ」「スポ−ツ障害」「尿素窒素」「胎盤エキス」「L-カルニチン」「クレアチニン








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬