ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ヒスタミン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



関連情報 アレルギ 
喘息
 

好酸球増加
  
トゥレット症候群




ヒスタミン
@ヒスタミンは食品中のアミノ酸を特定の細菌が分解してできる 
  • @ 毛細血管を拡張させ、皮膚の発赤やかゆみの原因となる
    A 血圧を下げる
    B 気管支をケイレンさせ、呼吸困難の原因になる


Aヒスチジンからヒスタミンが出来る







ヒスタミン中毒
  • ヒスタミンによる食中毒は化学物質による食中毒に分類される


    その症状から、アレルギー様中毒ともいわれる。 


    ヒスタミンによる食中毒は魚介類がほとんど。





瞬時に検出
2011年、神奈川県産業技術センターは、食中毒やアレルギーの原因となるヒスタミンを瞬時に検出する装置を開発した。

1分程度で検出できる。

開発した検査装置は、神奈川工科大学が開発した酵素「ヒスタミンオキシダーゼ」を活用。

ヒスタミンがヒスタミンオキシダーゼに反応すると過酸化水素(活性酸素の1つ)が発生し、その過酸化水素の量を測定する仕組み。




トゥレット症候群
重度のチック症・・・ヒスタミンの生産量低下が一因?

エール大学の神経遺伝学のチームは、父親とその子供8人の全員がトゥレット症候群の家族を調べた。この家族は脳でのヒスタミンの生産に関与している遺伝子が通常よりも短く、生産量も少なかった。


ヒスタミン は炎症反応に必要な物質。


研究チームはヒスタミン濃度が低いためにチックが生じると考えている。

この家族とヒスタミン欠乏マウスに類似点が見つかった。


トゥレット症候群患者の多くが「プレパルス抑制」が弱く、平均的な人よりも驚いたり取り乱したりしやすい。
  • 2011年の米国生物学的精神医学会でエール大学のピッテンジャーはトゥレット症候群の家族とヒスタミン遺伝子欠損マウスのどちらもプレパルス抑制が弱く、チックを起こしたと報告。
  • 別の実験では、ヒスタミン増加薬によってマウスのチック様行動が減ることが分かった。

  • ヒスタミン 
    1. アレルギー反応の一因となる。
    2. 夜には眠れなくする働きがある。
    3. トゥレット症候群に関連する脳領域を含め、脳の全域に存在する神経伝達物質でもある。

  • 向精神薬はドーパミンを遮断することによってチックを和らげる。
  • ドーパミン濃度が下がるとヒスタミン 濃度が下がる。
  • ヒスタミン は脳の全域の存在する神経伝達物質でもある




濃度を判別
2011年、東京工業大学の三治敬信特任准教授は、魚や肉に含まれるアミン類の濃度を、特殊な蛍光物質を使って判別する技術を開発した。
前処理も不要。

ヒスタミンなどのアミン類は細胞の分裂や増殖で重要な役割を担っている。

魚介類や食肉などの鮮度が落ちるとアミン類が増え、食中毒アレルギーの原因となる。

アミン類の濃度は魚や肉の鮮度を測るための指標になるが、従来は試料を液体化するなどの前処理が必要だった。さらに分析に時間がかかるうえ、分析機器が数百万円以上と高価だった。
三治特任准教授はテトラフェニルエチレンという芳香族化合物に注目。この化合物にカルボキシル基などを化学結合させて、3種類の試薬を開発した。この試薬をアミン類を含む有機溶媒に溶かした後、水を混ぜると試薬が凝集して光った。
アミン類の濃度が高いほど凝集しやすく、明るく光る。
市販のマグロ缶を使って実験したところ、10種類のアミン類の有無を98%以上の精度で判別した。検出限界濃度は数十ppb(ppb=1/10億)。
米国のFDAが定める食品中のヒスタミン濃度の規制値は50ppm(ppm=1/100万)。







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査