ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



冷や汗が出る(冷汗)




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





多汗

発汗

無汗

手掌多汗症

発汗異常

盗汗

頭汗

低血糖
広告




(冷汗)冷や汗の原因
不安感 

急性心筋梗塞 

大動脈解離 

血栓塞栓症 

結石

低血糖
  • 「さっきまで元気にしていた子どもが、冷や汗をたくさんかいて何となくグッタリしている。顔色も蒼白く、手足は冷たい。会話の受け答えもおかしいと思っている間に意識がなくなってしまった。
    これは糖尿病の治療をしている子どもの「低血糖」症状である。
    糖分(グルコース)は効率よく燃やされて、すべての細胞のエネルギー源になる。
  • グルコースを細胞に取り込ませるのに不可欠なのが、膵臓から出るインスリンというホルモンだ。
  • このホルモンは血液中のグルコースを細胞に利用させ、血液中の糖濃度(血糖値)を下げる。食事をすると、腸から栄養分が吸収され、血糖値が下がる。これを膵臓は速やかに感知してインスリンを分泌し、一定の値以上に血糖が上がらないように調節している。
    小児の糖尿病はインスリンの投与が必要なインスリン依存型糖尿病が圧倒的に多い。
  • 自分自身はこのホルモンを分泌できないので、外から投与する必要がある。
  • インスリンは今のところ注射薬しかなく、1日に何回かの注射を毎日することになる。
    糖尿病の子どもたちは、自分で血糖値を測定して注射料を調節し、血糖を正常に近づける努力をしている。ただ、自然に分泌されるインスリンのように調節することは難しい。時にはインスリンが効きすぎて「低血糖」を起こすこともある。
    • 低血糖は糖尿病の治療では避けて通れないが、糖を補給すれば元に戻る。
    日本では、小児のインスリン依存型糖尿病は欧米より少ないため、インスリン注射に対する理解を得にくい。周りにインスリン注射をしている子どもがいたら応援をお願いしたい。」
    1型糖尿病
    ショック






副作用で冷や汗がでる医薬品
「アセトアミノフェン」「イトリゾール」「インドメタシン」「グルファスト」「スターシス」「テノーミン」「パキシル」「プレミネント」「ボルタレン」「ミカルディス」「メプチン」






関連情報 多汗」「発汗」「無汗手掌多汗症」「発汗異常盗汗」「頭汗低血糖






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査