情報TOP



ホメオパシー
(同種療法)




通 販 カタログ 病名(症状)



同種療法
同種療法 ⇒ザムエル・ハーネマンが発見した原理。

同種のもので同種を治療する。

◎ある物質を大量に使うことで引き起こされる症状は、同じその物質を極少量用いると、好転するという事実に基づいたもの。


◎正反対にあるのが、アロパシー(逆症療法)で、漢方療法などがあります。

特徴

各稀釈液をさらに稀釈するたびに、その混合剤を激しく動かしたり振ったりします。

このプロセスのことを『ポテンシー』と呼びます。

普通に考えられることとは反対に、この薬剤は稀釈すればするほど、その効力は強まるのです


ホメオパシーの薬剤
  • 動物性物質
    植物性物質
    鉱物性物質
    細菌・ウイルス
  • を連続的に稀釈して調製


治療中の注意点


<1>以下のような強いニオイの精油から避ける必要がある。
  1.ペパーミント
  2.ユーカリ

<2>ホネオパシー治療中は、芳香療法を併用出来ない。



薬剤の保管

1.精油から遠ざける。

2.ホメオパシー薬剤はいっしょに保管しない。
別々の戸棚に貯蔵する。







免疫療法」 
宝石療法」 
色彩療法」 
栄養療法」 
音楽療法






2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved