ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




骨(ほね)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





ほね(骨)
骨と訳す
  • ベンデレン。これを骨と訳す。
  • その色は白くてかたく(剛く)、知覚のないものである。その表面は密であるが、裏面は麁(そ)である。一般にこの骨が筋の幹となるのである。(講談社「解体新書」p56)


骨は、コラーゲン細線維のすき間をチーズのような均質な有機質で埋め、そこへカルシウム塩を沈着させて薄い層状の板を作り、それを血管を通す「中心管」の周りに同心円状に何枚も巻き付けて出来ている。
(岩波新書「細胞紳士録」p20〜)



1738年、ロンドンの外科医J・ベルチャーはある日、友人の農家で食事をしたさい、皿の上のブタの骨が赤いことに気づいた。不審に思って調べると、農家のブタの飼料に、布を赤く染めるアカネ(茜)の根汁が混じっていた。
ロンドンの外科医であったジョン・ハンターはアカネの色素が新生中の(正確には石灰化を起こしつつある)骨の層に沈着することを突き止める。
そこで、ブタにアカネを1週間食べさせて1週間休む。また食べさせる、という実験を繰り返し、骨の成長を年輪のように示すことができた
(岩波新書「細胞紳士録」p22〜)



1937年、東京高等歯科医学校の薬理学教授だった岡田正弘は、色町の女性の乳飲み子の歯が黒いことに気づき、母親の乳房についた白粉のが原因と考えた。そして、動物実験で成長中の象牙質と骨にが沈着するのを発見。
以外にテトラサイクリン(静菌性抗生物質の1つ)も石灰中の骨に沈着することが分かったのは1950年代になってから




骨の種類
形から(5種類)
  • 長骨=長い骨。ex.大腿骨
    短骨=小型の骨。ex.手の甲(手根部)
    扁平骨=薄い板状の骨。ex.頭蓋骨を形成する。
    含気骨=空洞をもつ骨。ex.あごの上顎骨。
    混合骨=扁平骨でありながら、厚い部分に空洞がある骨。


われわれの体には約 206個の骨があり、関節でつながった骨を筋肉で動かすことによっていろいろな仕事や運動をしています。
  • 頭蓋骨(とうがいこつ)(29本)
    脊椎骨(26本):
        頸椎(cervicales)(7本)
        胸椎(thoracicae)(12本)
        腰椎(lumbales)(5本)
        仙骨
        尾骨
    肋骨と胸骨(25本)
    肩・腕・手(64本)
    1. 手の骨(片方)・・・27個
    2. 肩から手首(片方)・・・4個
    骨盤・脚・足(62本)
    1. 足の骨(片方)・・・26個





人体の中の骨の数
  1. 頭蓋骨・・・25
  2. 背骨・・・・・34
  3. あばら骨・25
  4. 肩甲骨・・・4
  5. 上腕部・・・2
  6. 前腕・・・・・4
  7. 手根骨・・16
  8. 中手骨・・10
  9. 指・・・・・・28
  10. 骨盤・・・・6
  11. 大腿部・・2
  12. 下肢・・・・4
  13. 足根骨・・14
  14. 中足骨・・10
  15. つま先・・28
フリント著「数値でみる生物学」丸善p208






骨の代謝
血中のホモシスティン濃度を下げ、コラーゲンの繊維タンパク質を強化に。

骨と軟骨の強度を守る
  1. 葉酸
  2. ビタミンB6
  3. ビタミンB12
  4. ベタイン
    • ベタインとは、ビート(砂糖大根)から分離精製される天然の物質で動植物界に広く存在している。
      正式名称:トリメチルグリシン
(要素)
  • 運動・・・運動で負荷をかけるほど骨が丈夫になる
  • Ca・・・骨基質を硬くする
  • リン・・・骨基質を硬くする
  • Mg・・・骨芽細胞が正常に働くのに必要
  • ビタミンC
    • ・骨基質が変化しないようにする。
    • ・不足すると膠原線維の合成能力が低下し骨の成長と骨折の修復が遅れる。
  • ビタミンD
    • ・小腸から血液へカルシウムの吸収を促進する。
    • ・骨粗鬆症の発症を抑えるが高濃度の摂取は有害
  • インスリン・・正常な骨の成長を促す
  • hGH(ヒト成長ホルモン)
    • IGFsの産生を増やす
  • IGFs(インスリン様成長因子)
    • アミノ酸の取り込みを促進し、組織の修復と骨成長を促す
  • PTH(上皮小体ホルモン)
    • 破骨細胞に骨吸収を促す。Ca2+の再吸収を増やす。ビタミンDの活性型(カルシトール)の合成を促進する。
  • 甲状腺ホルモン
    • 正常な骨の成長を促す




骨代謝・・・指示出す細胞を発見
  • 2011年、東京医科歯科大学の高柳広教授らは、古い骨が新しい骨に置き換わる「骨代謝」の際に、骨細胞と呼ばれる細胞が司令塔の役割を果たしていることを突き止めた。
    成果はネイチャー・メディシンに掲載。
    骨は古くなると破骨細胞によって壊され、その一方、骨芽細胞が新しい骨を作り出す骨代謝を繰り返している。
    グループは、マウスを使って骨細胞だけを分離することに成功。さらに骨細胞は「RNKL」(ランクリガンド)という分子を作り出し、破骨細胞の働きを活性化していることが分かった。
    マウスの骨細胞でランクリガンドが出来ないようにして操作すると、破骨細胞が働かなくなった。その結果、破骨細胞が骨を溶かすことができなくなり、骨芽細胞が新しい骨をつくれないあめ、骨が石のようになる大理石骨病を発症した。




骨を形成
  1. カルシウム
    • カルシウムとマグネシウが骨構造の中心です
  2. マグネシウム
    • Ca:Mg=2:1が大切
  3. ビタミンD3






軟骨を形成
  1. グルコサミン
    • 骨と関節を一緒に作る
  2. コンドロイチン
    • 関節の弾力性を保ち、
      骨の成長、
      骨折の回復、
      老化による眼球・角膜混濁を予防。
  3. コラーゲン
    • 骨や軟骨の強度を守り、肌の弾力性を向上。

コラーゲン産生を促進
  1. ビタミンC
    • 細胞間のコラーゲン生成と保持に抗酸化作用
      骨や関節のコラーゲン生成に関与






骨を保護
  1. 大豆イソフラボン
    • 女性ホルモン様作用による骨粗鬆症の予防
      (骨量低下抑制作用)
      更年期障害の軽減
      サポニンは脂質代謝に



関連情報 免疫
骨免疫学
軟骨人工骨











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬