なおるコム/治るかも 
包茎

TOP広告病院ランキング血液検査副作用よく使う漢方薬



包茎


包茎
  • 包茎とは
    1. ペニスの亀頭部分が皮で覆われたままになっているもの。
    2. 生まれたときには、96%が包茎です。
    3. 大人になっても真性包茎という人は1%未満です。
    4. 亀頭包皮炎を防ぐには、汚れた手でおちんちんを触らない。お風呂でよく洗うことです。
    5. 陰茎ガンになる人のほとんどが包茎です
  • 包茎の種類
    1. 仮性包茎
      • 手で皮をむくと亀頭が露出する場合。問題はない。
    2. 真性包茎
      • 手を使ってもむけない場合。15才前後で、手術するしないを判断しても遅くはない。
  • 乳幼児の包茎
    • Oちゃんは1歳の男の子。生まれたときから元気な赤ちゃんで、乳離れも早く、体格も大きい方であった。母親が乳幼児検診に連れて行くと、「この子は包茎ですから一度泌尿器科を受診して下さい」と医者から言われたので、Oちゃんを出産した大学病院の泌尿器科へ受診した。診断は包茎であったが、そのまま放置するように言われた。
      小児は原則として包茎である。
  • この認識が無いためか、乳幼児検診医から数多くの不必要な症例が泌尿器科に送られてくる。現在の若い父親の認識も男でありながら非常に乏しく貧しい。包皮口が狭く亀頭部を出そうと包皮をずり下げて露出出来ないものを『真性包茎』、包皮口が狭くなく容易に露出出来るものを『仮性包茎』という。報告によると乳幼児に真性包茎だったものが70%以上であり、これが3歳時には28%に減少している。
    真性包茎という形のみでは病的とな言えない。まして日本人男子は思春期前後に陰茎の成長と共に包茎が解除される率が高いと言われている。従って包茎以外何らの症状も伴わないならば、自然解除を期待して思春期まで放置した方がよいだろう。
    ただし、包皮口がピンホール状になっており、排尿時に包皮全体が風船状になりながら糸のように細い尿線が見られたり、尿線が飛び散ったりして改善の見られない子供、また包皮内に恥垢(チコウ)が溜まり、亀頭部のビラン・膿が見られ、排尿時に疼痛を伴うような子供は、泌尿器科を受診し、場合によっては手術をしたほうが良い


解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用漢方薬針灸