情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




ホウオウ
(蒲黄)







ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








蒲黄 ほうおう
【基原】 各地の沼地・水中に自生する多年草。
ガマ科(Typhaceae)寛葉香蒲Typha latifolia L.ガマの成熟した花粉を乾燥。
★《神農本草経》:「蒲黄」「香蒲」で収載。
【性味】 味は甘、性は平。
【帰経】 肝・心包経。
【分類】 止血薬。
【薬性歌】 “蒲黄味甘崩疼主 生則破血炒可補”《万病回春》






蒲黄の効能効果
  1. 止血・通経・利尿剤として
    • <1>種々の出血
      <2>小便不利
      <3>血滞経閉
      <4>産後の痛み
      <5>心腹痛
      <6>血淋
      <7>打撲傷
      <8>癰腫
  2. 一切の破血を止める。
    • 「炒ったものを冷水で2〜3銭づつ服用。」
      生は補血に。
  3. 崩漏と赤・白帯を治す。
    • 「蒲黄(炒)末2銭を温水で調服し、又は丸服」
  4. 重舌と舌の生瘡を治す。
    • 「少し炒って振りかける。」
  5. 妬乳と乳癰の腫痛を治す。
    • 「生の根を裂いて貼る。食べてもよい。」
  6. 産後出血の多い症を治す。
  7. 小児の虚熱に良い。
  8. 打撲傷で血が内にあって煩悶する症を治す。
    • 「蒲黄末3銭を熱酒で調下する。」
  9. 慢性結腸炎で膿血便:
    • 「L五霊脂、葛根(゚)、肉豆q(゚)」
  10. 排尿痛、血尿:
    • 「L滑石」各同量煎服






【修治】 <1>(生):血を去る。
<2>(炒):止血。
漢方薬  蒲黄散
蒲灰散《金匱要略》[蒲灰、滑石]







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査