補陽還五湯の適用範囲
  ■気力がない
   気虚による瘀血に

■筋力が低下

■口眼喎斜

■言葉がもつれる

■シビれる

■小便頻数

■大便が乾燥する

■脳梗塞後遺症

■口角によだれ

■脳卒中の半身不随

■出血がない時

■疲れやすい

■尿もれ

■皮膚が黒ずんでいる

■頻尿




補陽還五湯
◎気虚による瘀血に

◎脳卒中で半身不随、

    

◎意識がはっきりしている。
    

◎体温が正常。

    

◎出血が止まっていることが条件。出血を止めるのが最優先する。
    

◎脈浮で弱のとき。浮有力は不可。








鑑別
還元清血飲 瘀血全般
痛み、シビレ、狭心症
疎経活血湯 手足・腰・関節の痛み。
筋骨・経絡の瘀血
芎帰調血飲第一加減 女性のイライラ、手足が冷える。
女性の疲れに。
産後・術後の瘀血
桂枝茯苓丸 うっ血しやすい。
子宮の瘀血
桃核承気湯 うっ血して便秘。
胃腸・子宮の瘀血






















補陽還五湯 5 3 3 2 2 2 2
続命湯 3 2 3 3 4 3 2 2 6
還元清血飲
冠心Ⅱ号方 15 15 12 24 12




よく使う漢方薬(繁用処方)
(50音順)漢方薬
古方の漢方処方
後世派の漢方処方
東洋医学
傷寒論

病位
病質
熱証・寒証
実証・虚証
生薬の薬性・薬向
臓腑の主治薬
臓腑の引経薬













    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved