ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



不安神経症



HOME 血液検査 漢方薬(選び方)
漢方医学 色彩療法
ブログ 病名(症状) 漢方薬(臨床) 生薬の薬性 宝石療法
病 院 (副作用) 漢方薬(50音順) 生 薬 名 音楽療法
針 灸 ツムラ番号 漢方薬3000処方 臓腑(主治薬) 養生





広告



不安神経症の漢方薬
@黄連解毒湯

A加味逍遥散

B甘麦大棗湯

C桂枝加竜骨牡蛎湯

D牛黄清心丸

E五積散

F柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 49歳女性。7、8年前から頭痛(頭頂痛)が常にあって、動悸がして不安が起こり、乗り物には恐ろしくて乗れず、音に敏感になって驚きやすく、疲れやすく、欠伸が多く、おっくうで仕事をする気にもならず、入浴するのも面倒でならない。今年に入ってから特にひどく、顔ばかりのぼせて足が冷え、足裏に氷をつけているように感じる。時々立ちくらみや不眠がある。
    以前はホルモン注射をすると一時楽になったが、この頃は効果が無いと言う。
    現症。体格中等、肉づきやや肥満型、体質は冷え症でのぼせ性、夏は肥って調子が良いという。
    精神症状の主なものは、不安、心気的訴え、不眠、精神作業能の減退などであり、また知覚異常その他より、自律神経症状も推定された。
    身体的には、血圧164-90mg/Hgでやや亢進しているほかには、理学的診断上著変を認めない。
    漢方的には、便秘、食欲不振、胸焼け、白苔、月経やや遅れ気味である。脈は沈でやや弦、腹部は筋肉の緊張がよく、左側胸部に自発痛及び圧痛があり、且つ左季肋下に軽度の抵抗を認め、心下部に抵抗、圧痛(心下痞硬)を認めた。
    治療及び経過。柴胡加竜骨牡蠣湯、(大黄1.5)を投与。1週間後、明らかに気分がよくなって、頭が軽くなったという。左側胸部の疼痛は、自他覚的で消失した。血圧144-86。
    2週間後、気分はよいが月経の際、頭痛が起こる。しかし以前ほど強くないという。血圧128-74。
    5週間後、手がむくまなくなった。墓参に行って来たが不安が起きなかった。動悸は時に起こることがあるが、対して気にならない。血圧に対して不安が無くなった。血圧136-84。約1ヶ月半後、結婚式に参列して、疲れたら震えが出た。
    約2ヶ月服薬を続け、患者は非常に気が楽になり、仕事も出来るようになったといって廃薬した。
    (山田光胤・日本東洋医学誌第12巻1号)

G柴胡桂枝乾姜湯

H柴朴湯

I三黄瀉心湯

J四逆散

K四物湯

L炙甘草湯

M小柴胡湯香蘇散

N天王補心丸

O女神散

P半夏厚朴湯
  1. 神経症の患者で、気鬱、不安感などの有る者によく用いられる《大塚敬節》

Q半夏瀉心湯

R抑肝散加陳皮半夏湯




不安神経症
「不安障害」
病的な不安状態

「不安」とは、対象のない恐れのことで、
「恐れ」は対象への集中がある。

 すなわち、
   などが起こる。 

  • 心配症で競争的な性格の人は、ペットを飼う傾向がある






正常な不安
  • 理由は自分で分かっていることが多い。
  • 他人に説明できるし、理解してもらえる。
  • 長く続かない。
  • 苦痛があっても耐えられる。
  • 普通に生活でき、生活習慣の変化もない。
  • 消失すれば忘れてしまう






病的な不安
  • 理由はつかめないことが多い。
  • 他人に説明しにくく、理解されない。
  • 長く続く。
  • 苦痛が大きくて我慢できない。
  • 普通に生活できず、生活習慣が変化する。
  • また起こるのではという不安がある






不安障害の分類
(DSM-W=精神疾患の分類と診断の手引き)
  1. パニック障害
  2. 全般性不安障害
  3. 社会恐怖
  4. 単一恐怖:
    • 「日本では『特定恐怖』と呼んでいる」
  5. 強迫性障害
  6. 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  7. 非定型性不安障害







関連情報 心気症」「不安」「パニック障害」「PTSD」「恐怖症」「神経症」「心身症」「脱力感」「ふるえ」「めまい」「ドキドキ不眠」「頻尿







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査