ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



不安(不安感)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





不安感があるときの漢方薬
@黄連解毒湯

A加味温胆湯
  1. おどおどしている

B加味逍遥散
  1. 心身の過労により、全身が衰弱し、不眠、健忘、精神不安などを訴える者
  2. 感情不安定
  3. 登校拒否。虚弱な体質の女子で、精神不安、憂うつ感などの精神神経症状があり、脈も腹も緊張が弱く、腹診上、軽度の胸脇苦満を認めるものを目標に用いる。血徴候あるいは月経異常が見られることが多い(漢方診療医典)
  4. イライラして怒りっぽく、熱感と悪寒が交互に現れ、手足が不快にほてり、顔面紅潮、頭重、めまい、寝汗、不眠、全身倦怠感、食欲不振 などの不定愁訴がある者
  5. 年中、肩が凝るとか、頭が重いとか、めまいがするとか、足が冷えるとか、のぼせるとか、とかく訴えのたえない者に用いる。《大塚敬節》


C甘麦大棗湯
  1. 腹直筋がひきつり、神経の興奮がひどい者
  2. 涙もろい
  3. 少しのことに泣き悲しんだり、不眠、生あくびする者
  4. 小児が夜中にふと起きて家の内を歩き回り、またふとして寝床に入って眠り、翌日、そのことを知らないことがある。この[寝ぼけ]の症は、男女共に甘麦大棗湯のゆくところである。腹の左右のどちらが凝っていても用いて良い。もし心胸につかえている者は柴胡剤を用いる。とかく甘麦大棗湯は蔵躁悲笑が目的である《百レ一貫》


D桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. 虚証で神経症傾向のものに用いる。臍上悸を触れることが多い(漢方診療医典
  2. 癇症で、腹中が拘急し、動悸がたかぶる者《荒木正胤》
  3. 虚弱タイプで、疲れやすく、冷えのぼせて、小水の近い神経質な者


E五積散
  1. 何事につけても不安になる。
  2. 足の冷えとのぼせを訴える者


F柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 49歳女性。7、8年前から頭痛(頭頂痛)が常にあって、動悸がして不安が起こり、乗り物には恐ろしくて乗れず、音に敏感になって驚きやすく、疲れやすく、欠伸が多く、おっくうで仕事をする気にもならず、入浴するのも面倒でならない。今年に入ってから特にひどく、顔ばかりのぼせて足が冷え、足裏に氷をつけているように感じる。時々立ちくらみや不眠がある。
    以前はホルモン注射をすると一時楽になったが、この頃は効果が無いと言う。
    現症。体格中等、肉づきやや肥満型、体質は冷え症でのぼせ性、夏は肥って調子が良いという。
    精神症状の主なものは、不安、心気的訴え、不眠、精神作業能の減退などであり、また知覚異常その他より、自律神経症状も推定された。
    身体的には、血圧164-90mg/Hgでやや亢進しているほかには、理学的診断上著変を認めない。
    漢方的には、便秘、食欲不振、胸焼け、白苔、月経やや遅れ気味である。脈は沈でやや弦、腹部は筋肉の緊張がよく、左側胸部に自発痛及び圧痛があり、且つ左季肋下に軽度の抵抗を認め、心下部に抵抗、圧痛(心下痞硬)を認めた。
    治療及び経過。柴胡加竜骨牡蠣湯、(大黄1.5)を投与。1週間後、明らかに気分がよくなって、頭が軽くなったという。左側胸部の疼痛は、自他覚的で消失した。血圧144-86。
    2週間後、気分はよいが月経の際、頭痛が起こる。しかし以前ほど強くないという。血圧128-74。
    5週間後、手がむくまなくなった。墓参に行って来たが不安が起きなかった。動悸は時に起こることがあるが、対して気にならない。血圧に対して不安が無くなった。血圧136-84。約1ヶ月半後、結婚式に参列して、疲れたら震えが出た。
    約2ヶ月服薬を続け、患者は非常に気が楽になり、仕事も出来るようになったといって廃薬した。
    (山田光胤・日本東洋医学誌第12巻1号)


G柴胡桂枝乾姜湯
  1. 神経衰弱様疾患にして、欝々として楽しまず、身体疲倦し、胸満感あり、臍上に動悸劇しき証。《奥田謙蔵》
  2. 柴胡加竜骨牡蛎湯を用いるような場合で、患者の体力が衰えて、虚証になっている者に用いる。患者は貧血し、動悸・息切れを訴え、胸脇苦満は軽微かまたはほとんど証明出来ない程度で、腹力は弱く、臍上で動悸が亢進しているような者に用いる。《大塚敬節》
  3. 体力が弱く、血色がすぐれず、急いで歩くと息切れがし、口が燥き、臍部で動悸が亢進する。こんな患者で、寝苦しい、夢を多く見る、夢に脅かされるというような場合によい《大塚敬節》


H柴朴湯
  1. 不安神経症


I三黄瀉心湯
  1. 精神不安
  2. 24歳男性。口どもりて語ること能はず、また時として夜中に目覚めて、自ら身体の大なることを誇ることあり、来たりて診を乞う。
    診するに、心煩甚だしく、心下痞す。瀉心湯を与える。数ヶ月ならずして諸症悉く治り、言語意の如し。
    《長沙腹診考》


J四逆散
  1. 情緒不安定
  2. 癇が高ぶる者の諸症状に
  3. 怒りっぽい(多怒)
  4. 驚きやすい(易驚)


K四物湯
  1. 何事も不安で怖い・驚きやすくビクビクする


L炙甘草湯


M小柴胡湯香蘇散


N天王補心丸


O女神散


P半夏厚朴湯


Q半夏瀉心湯


R抑肝散加陳皮半夏湯



不安感のサプリメント
[コウジン(紅参)][セントジョンズワート][カルシウム][胎盤エキス][SOD][ローヤルゼリー][イソフラボン]


不安感の針灸ツボ
  • 「行間」「



不安感の芳香療法
以下の精油が利用可能です
  • [安息香][ベルガモット]
  • [カミルレ][シダーウッド]
  • [クラリセージ][サイプレス]
    [乳香][ゼラニウム][ヒソップ]
    [ジャスミン][ジュニパー]
  • [ラベンダー][マージョラム]
    [メリッサ][ネロリ]
  • [パチュリー][バラ]
    [サンダルウッド][レモンバーベナ]
    [イランイラン]



不安によって起こす身体症状




動悸
脈がはやくなる(頻脈)
胸の痛みを感じる
顔が青くなる
チアノーゼが出る
血圧低下
冷や汗が出る
体温低下



口の渇き
食欲不振
飲み下し困難(嚥下困難
吐き気(嘔気)
嘔吐
下痢
腹痛
みぞおちの痛み
腹部膨満感



息切れ
ため息
呼吸困難
胸を締め付けられる感じ


頭痛頭が重い
めまい
ふるえ
性欲低下

尿

インポテンス
頻尿
排尿困難


筋肉のケイレン
肩こり
全身各所の痛み



不安感
  • 恐がり不安な気持ち。おびえる


ほどほどの不安は必要
  • 不安障害は、不安のために毎日の生活に支障が出てくる状態の総称で、脳科学からは扁桃体が敏感になりすぎた状態だということが分かっている

  • 警報機に例えてみれば、警報機が鳴り続けている状態だ

京都大学の村井俊哉教授が書いた「社会化した脳」という本に、実験的に扁桃体が働かなくなったサルは、危険なことを平気でするようになるという話が載っている。

サルはヘビが苦手で、普通なら近づかない。
ところが、扁桃体が働かないサルは、平気でヘビに近づいて、手でつかんで食べようとすることもあるという



(サルは群れ社会で行動する)
  • 他のサルの群れに入れられても、平気で他のサルに近づいて行く。群れが違うと襲われるかもしれないという警戒心が全くなくなってしまうのだ。


同じような現象は、人間でも起きてくる。

  • 脳炎などで扁桃体が働かなくなった人は、誰にでも親しく近づいていくようになる。

  • 誰とでも仲良くできるのはよいことのように思えるが、これも、時と場合によっては危険な目にあう可能性がある
  • (大野裕・慶應義塾大学保健管理センター教授)




正常な不安
いくつかの環境のもとで不安になるのは、全く正常で健全な反応です。
例えば、人にインタビューを求めたり受験を申し込んだりする前に軽い不安を覚えるのは正常なことですし、又、この不安は有用でもあります。それは私たちに準備や復習を完全にするように促すからです。
  • 子供が外出して帰るが遅い時に親が不安になるのは正常ですが、子供が見えなくなるたびに不安を感じるのは正常ではありません


ノルアドレナリンが問題

大脳の下にある脳幹は間脳・中脳・橋・延髄から成り立っています

の部分に
などの自律神経発作を起こす中枢である『
青斑核』という神経核(神経細胞の集まり)が左右一対あります。


その青斑核の神経細胞からノルアドレナリン(興奮性の神経伝達物質)で作動する神経線維が出て視床下部〜大脳辺縁系、大脳皮質の隅々まで達する『青斑核ノルアドレナリン系』と呼ばれる神経経路を構成しています。

その役割は様々な感覚情報を脳内で統合処理し、生存に必要なものを取捨選択することです。生存にとって有害な情報を察知すると、警報を発するシステムでもあります。



動物実験では
  • 青斑核を電気刺激すると不安・恐怖状態になり、その自律神経症状は人間のパニック発作時に診られるものとそっくりです

また、
ネコを自由に行動できようにしておいて、大きな音や犬で脅すと、ネコの青斑核神経細胞が興奮して電気的活動が活発になるという実験結果もあります。

反対に、青斑核を破壊したネコを脅しても、それほど不安・恐怖反応を示さなくなります。
(貝谷久宣著「脳内不安物質」p56)



パニック発作とは?
ある限定した時間内に
  • [激しい恐怖感]や
  • [不安感]とともに


次のような症状のうち、・・・・・
  • 4つ以上が突然出現し、
  • 10分以内にピークに達する状態です。
  • @ 心臓がドキドキする
    A 冷や汗をかく
    B 身体や手足のふるえ
    C 呼吸が速くなる、息苦しい
    D 息がつまる
    E 胸の痛み
    F 吐き気、腹部のいやな感じ
    G めまい、頭が軽くなる、ふらつき
    H 非現実感、自分が自分でない感じ
    I 常軌を逸する、狂うかもという心配
    J 死ぬのではないかと恐れる
    K シビレやうずき感
    L さむけ、又は、ほてり




副作用で不安感を招く医薬品
「アキネトン」「アタラックス」「アタラアックス-P」「アーテン」「アナフラニール」「アモキサン」「アルダクトンA」「インデラル」「オイグルコン」「グラマリール」「グリミクロン」「グルコバイ」「コントミン」「コニール」「ジプレキサ」「セレネース」「ゾビラックス」「ダルメート」「テオドール」「テシプール」「デジレル」「テトラミド」「デプロメール」「トフラニール」「ドラール」「トリプタノール」「トレドミン」「ニューレプチル」「バイロテンシン」「PL顆粒」「ベイスン」「ベゲタミン」「ベンザリン」「ボスミン」「マイスリー」「ミケラン」「リスバダール」「リーマス」「ルジオミール」「ルボックス」「レンドルミン」「ロドピン」「ロヒプノール」




大量の女性ホルモンが不安を高める
(恐がり)

通常の状態を大きく上回る大量の女性ホルモンが不安を高める作用を持つらしい、ことが東京農業大学の研究グループの動物実験でわかった。

女性ホルモンに構造が似ている内分泌攪乱物質(環境ホルモン)にさらされることで、精神的影響を受ける可能性を示唆する結果だ。

東京農大の喜田聡講師らは、大人のマウスに通常量の約10倍に相当する女性ホルモンを注射して行動を調べた。
  • 高い場所に設けた狭い通路にマウスを置く実験で、女性ホルモンを投与したマウスは落下防止の壁のない部分にいる時間が通常のマウスより3割〜4割少なく「こわがり」の傾向があることが分かった。

また子供のマウスに対する関心や、動きの活発さも通常より乏しい傾向がある。

逆に女性ホルモンと結合する受容体(タンパク質)の働きを抑える物質を与え、ホルモンの働きを弱めると、普通のマウスより活発になる例もあった






ホルモン濃度が影響する
2013年、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史教授らのグループは、不安を軽減する新しいメカニズムを発見したと発表。

ストレスに関係するホルモンの濃度の1日の変動量の振れ幅が大きくなると、メスのマウスでは不安が抑制されることを実験で確認した。

成果は12/6の米科学誌「セル」(電子版)に掲載

研究グループは人間では更年期以降に相当する生後6ヶ月のメスのマウスのうち、腎臓のとなりにある副腎の表面付近の細胞が厚くなったマウスと、そうでないマウスを使って実験した。



50ab角の箱にマウスを入れると、細胞が厚くなっていないマウスは不安を感じて箱の壁際に集まった。


一方、細胞が厚くなったマウスは箱の中央に集まり、不安が抑えられていた。

ただ、オスでは不安を軽減できなかった。


年を経たマウスでは、しばしば副腎の表面付近の細胞が厚くなる。

その部分から放出されるモルヒネと同様の働きをする神経伝達物質の一種が、受容体「CXVR7」と呼ばれるタンパク質を刺激。ストレスに関係するホルモンであるグルココルチコイドの濃度の1日の変動量の振れ幅が大きくなり、不安な状況でも落ち着いていることが分かった


たんぱく質が不安を抑える
2013年、東京大学の広川信隆特任教授らは脳内の特定のタンパク質が不安を抑える働きがあることを、マウス実験で突き止めた。

成果は米科学誌セル・リポーツ(電子版)に掲載。

これまでの研究で、
脳内にある「
キネシンスーパーファミリー」(KIF)と呼ぶタンパク質群が、神経細胞の形成や記憶などに関与することが知られている。


研究チームは
その中の「KIF13A」と呼ぶタンパク質の働きに着目。


遺伝子操作でこのタンパク質を持たないマウスを作製しテストした。

マウスは不安を感じて積極的に動き回らず、明るい場所を避ける行動をとった。


マウスの脳内を調べると、うつ病の発症と関係があるとされるセロトニンの受容体の量が神経細胞表面で減少していた。

通常は、KIF13Aがこの受容体と結合し、神経細胞表面に運んでいるという。

人の場合もKIF13Aの働きが弱いと不安を強く感じ、不安障害やうつ病にかかりやすい可能性がある。




抗ケイレン剤
ケイレンは脳の神経が異常に興奮することで起きる。
  • その興奮を鎮めてケイレンを止めるのが抗ケイレン剤である。

  • 抗不安剤のジアゼパム
    (ごく少量) 極少量を飲み薬として服用すると、不安を抑える作用があり、
    (増量) 量を増やすと、鎮静作用があり、睡眠剤にもなり。
    (注射) 痙攣を起こした人の静脈に比較的大量に注射すると、ケイレンを止め、筋肉の緊張の和らぐ。
    (大量を注射) さらに急速に大量投与すると、全身麻酔剤
  • このようにある種の抗不安剤は
    • ・鎮静剤や
    • ・睡眠剤
    • ・筋弛緩剤
    • ・抗ケイレン剤
    • ・全身麻酔剤
    としてマルチタレントとして使用できる。

  • @ アルコールとよく似た性質を持つので、アルコール類似物質とも呼ばれる
    徐々に効き目が薄れて、中止するとイライラケイレンが増す点もアルコールと同じだ。
    A
    大量かつ長期間にわたって使用している人が中断すると、ケイレンなど重大な離脱症状を起こす
    B 熱性ケイレンの場合には症状が激しい時に限って使う
    C テンカンのように一時的で無い場合は、長く飲み続ける必要があることが多い
    D 長期間発作を起こさず脳波にも異常が認められなくなった人は、主治医とよく相談して徐々に減量し中止に持っていけることもある。しかし自分で判断して中止するのは危険。



抗不安薬
ベンゾジアゼピン系
  • ベンゾジアゼピン誘導体は、ギャバによる抑制性シグナルを強めることで脳の異常な興奮を抑え、不安・あせり・緊張などの症状を改善する薬物で、以下のものがあります
    • エチゾラム<デパス(吉富)>
      オキサゼパム<ハイロング(萬有)>
      オキサゾラム<セレナール(三共)>
      クロチアゼパム<リーゼ(吉富)>
      ジアゼパム<セルシン(武田)>
      プラゼパム<セダプラン(興和)>
      フルジアゼパム<エリスパン(スミトモ)>
      プロマゼパム<レキソタン(ロシュ)>
      ロフラゼブ酸エステル<メイラックス>
      ロラゼパム<ワイパックス(ワイス)>


ヒドロキシジン系




抗不安薬を飲んでいるときの注意
(1)アルコール
  • アルコールと一緒に服用すると、血液中のベンゾジアゼピン誘導体の濃度が急に高くなり、効き目が強くなる。
    さらに、アルコールとベンゾジアゼピン誘導体の双方から中枢を抑制するので、運動障害が起きたり、呼吸が抑制され
    死亡の危険がある

(2)コーヒー
  • 脳の異常な興奮をベンゾジアゼピン誘導体で抑えようとしているのに、コーヒーに含まれるカフェインが脳のアセチルコリン神経を刺激し大脳皮質を興奮させるので、薬の効果が半減する

(3)タバコ
  • コーヒーと同じような結果になる
  • ニコチンは今でも農業用の殺虫剤として利用されている猛毒物質です。
    そこで、タバコを吸うと肝臓のシトクロムP-450がニコチンを酸化し水溶性に変えて尿と一緒に体外へ排泄するのだが、普段からタバコを吸っている人はシトクロムP-450が増えているため、ニコチン以外の必要な薬物でも、素早く分解し体外へ捨ててしまう。そのため、抗不安薬の効き目も悪くなる



関連情報 不安神経症
パニック障害
ストレス
ドキドキ
恐怖症
ウツ病

冷や汗が出る


不整脈

心悸亢進

心室細動








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査