ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



フッ化物(フッ素)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




フッ素
  • ミネラルの一種
  • 微量元素の1つ。
    • 成人体内に、少量が骨・歯に存在
  • 骨・歯、他の組織の構成成分。


フッ素の機能
  1. 歯の構造を改善し、虫歯を予防する
  2. フッ化物は、細菌がつくる酸が歯の表面を溶かすのを抑える。
    カルシウムやリンが溶けた部分の再石灰化を促して歯の表層を強くする。

フッ素の欠乏症
フッ素の毒性
  • @フッ素沈着症
    A永久歯の斑状化およびくぼみ
    B脊椎の外骨腫症

フッ素欠乏症
  • 虫歯予防のためにフッ化ナトリウム1.1〜2.2mg/日を経口投与


有害なフライパン
・・・テフロン加工
有機フッ素化合物
  • 「フッ素を含む有機化合物『パーフルオロオクタンスルホン酸』(PFOS)は繊維や紙の表面加工や消化剤などに広く使われている。
    構造の似た毒性物質が『パーフルオロオクタン酸』(PFOA)で、調理器具などの表面が焦げ付かないようにフッ素加工する過程などで使われている。
    テフロン加工のフライパンなどを作る過程で使用されています。
    • PFOAは動物実験で[発ガン]との関連や[生殖毒性][甲状腺]への影響が指摘されています。
  • これらの有機フッ素化合物で、南極のゾウアザラシやトウゾクカモメの一種、南太平洋のアホウドリなどに汚染が広がっていることを愛媛大学沿岸環境研究センターと米ニューヨーク州立大のグループが2007年5/16までに報告をまとめた。
  • グループが調べたのは、
    • 『パーフルオロオクタンスルホン酸』(PFOS)
    • 『パーフルオロオクタン酸』(PFOA)
    などのフッ化化合物.
    衣類などの撥水剤として使われたり、食器の表面加工や界面活性剤などに使われるフッ素化合物の製造過程から環境中に漏れ出した結果と考えられている。」


フッ素を含むもの
  • 紅茶・海産物
    [魚介類]
    [野菜][穀物]
    [茶][コーヒー]
    [フッ素添加水]

フッ素を測定
  • 2007年、産業技術総合研究所は、気体・液体・固体に含まれるフッ素の量を高感度で測定できる装置を開発した。従来品と比べて数百倍の感度。0.6ナノcのフッ素を検出できる。20分で測定可能



関連情報 ミネラル







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査