ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



フコイダン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





コンブ
アポトーシス
広告




(フコイダン)
  • モズクやワカメなどの褐藻類に含まれるヌルヌル成分の1つ。
  • 化学的にはフコースという糖がたくさん結合し、それにウロン酸や硫酸基などがむすびついた酸性多糖体の総称です。






海藻の種類によってその組成が異なります。
オキナワモズクフコダイン 高分子(10000MW以上)
ガゴメフコダイン 高分子MW3万〜30万
メカブフコダイン 高分子MW30万〜100万




フコイダンの生理活性
抗ガン作用
  • アポトーシス誘導作用
    フコダインにはガン細胞を自殺死させる作用(アポトーシス誘導作用)があると報告されています。正常細胞を傷つけることなくガン細胞のみを自己消滅させます。フコダインと接触したガン細胞は自殺用のスイッチが入り、DNA(遺伝子)を切断し核がバラバラになり、やがて消滅します。また、フコダインがガン細胞と直接接触しなくても、腸管のパイエル板という組織に取り込まれ、そこのリセプターを刺激することでアポトーシス誘発物質が産生されます。


血管新生抑制作用
  • ガン細胞が自己増殖に必要な酸素や栄養素を得るために、自分につながる新しい血管を作り出します。このことを血管新生と言いますが、この新しい血管は、転移の通路にもなります


免疫力強化作用
  • フコダインには、マクロファージ、ヘルパーT細胞、NK細胞などの免疫細胞を活性化する作用が報告されています。その活性化の強さは、高分子フコダインが低分子フコダインより強いという実験結果が出ています。
    フコダインが腸管免疫系を刺激します。まず、粘膜免疫の司令塔といわれている腸管のパイエル板に取り込まれ、そこの免疫細胞(マクロファージ)を刺激し、その結果、全身の免疫系が発動し、全身に分布する免疫細胞が活性化され、体内のガン細胞などを攻撃します


血栓防止作用 


血糖値上昇抑制作用 


肝機能改善作用 


コレステロール・中性脂肪低減作用 


抗ピロリ菌による抗胃潰瘍作用 


血圧上昇抑制作用 


その他
  1. 老眼予防





ガン治療物質発生
  • 2000年、宝酒造はコンブやワカメに含まれる食物繊維の一種『フコダイン』が、ガンの治療に有効な物質であるインターフェロンガンマ(γ)などを動物細胞から活発に発生させる作用を持つことを発見した。
    花粉症などによる抗体の過剰生産の抑制できるという。
    フコダインは海藻の表面の成分の1つ。宝酒造は人工的にガン状態のマウスを作製。その脾臓リンパ球を培養する際にフコダインを添加すると、ガン治療などに有効なインターフェロンγを活発に発生させることが分かったという。
    これらはウイルスやガンに侵された細胞がある時に必要な量だけ発生する。詳しい内容は日本農芸化学会で発表。宝酒造は経口摂取だけで効能を発揮する可能性を持つフコダインに着目し、抽出や物質構造に関する特許を世界各国で20件以上取得or申請中





関連情報 コンブ」「アポトーシス






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査