ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



腹部膨満感(腹満)



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




腹部膨満感の漢方薬
安中散

胃苓湯

インチンコウトウ
  1. 少し<+>腹部が膨満する
  2. 上腹部の膨満感(微満):☆この方の腹診は上腹部の軽微の膨満である。もし肝の腫脹があって、胸脇苦満が著明であれば「大柴胡湯」《大塚敬節》
  3. 熱性証候劇しからず、腹満あるも能く食し、尿赤渋して糞便硬く、汗無くして煩悶する証《奥田謙蔵》
  4. 汗下の後、熱性証候なく、腹満ありて糞便黒く、時々蒜臭を自覚し、煩悶し、然かも反って能く食する証《奥田謙蔵》
  5. 発汗の後、腹満し、譫語し、或いは時に狂状をい発し、尿不利、大便難、その脈微にして沈なる証《奥田謙蔵》
  6. 腹満著明<>なら→「承気湯類」を考える。
  7. 腹満<>なら:→「小柴胡湯」を考える


インチンゴレイサン

カッコウショウキサン

枳実導滞丸

帰脾湯

桂枝加厚朴杏仁湯

桂枝加芍薬湯
  1. <虚満>
  2. 或いは発汗し、或いは下して後、熱候去り、腹柔軟なるも虚脹し、或いは疼痛を発し、便通に著変無き証。《奥田謙蔵》
  3. 傷寒論では腹部が膨満して時々腹痛を訴える者に用いている。この方を用いる腹満は大承気湯などを用いる腹満と異なり、腹直筋が緊張して腹部の表面を硬くふれるが、腹全体は弾力に乏しく内部に充実した感がない。腹証奇覧翼では“桂枝湯の腹状で、一等張りが強く、三指で按ずるに、筋ばり引きつるものがある。この証は腹満とあるけれども実の腹満ではない、腹皮が拘攣して張り満つるものである。それゆえ按じても底にこたえるものがない”と説明している 《大塚敬節》


厚朴生姜半夏甘草人参湯

厚朴七物湯《金匱要略》
  1. 熱性病・腹膜炎・常習便秘・裏急後重・脈浮数


呉茱萸湯
  1. 胸腹に膨満感あり、腹を按ずるに軟弱なり。而して或いは嘔吐を発し、或いは乾嘔し、その脈微緩なる証《奥田謙蔵》


柴胡疏肝湯

柴朴湯

柴平湯

四逆散

実脾飲

小建中湯
  1. 腹部虚脹し、腹筋の拘攣或いは疼痛を発する証。《奥田謙蔵》


参蘇飲

神秘湯

旋覆代赭湯

大黄牡丹皮湯

大建中湯
  1. 腹部に虚満を現す等の証《奥田謙蔵》


大柴胡湯
  1. 腹満・実熱証・脈沈実


大承気湯

当帰建中湯

当帰芍薬散

当帰湯

調胃承気湯
  1. 腹満・心煩・悪熱・不悪寒・嘔吐・脈沈実


通導散

女神散

人参湯
  1. 食物停滞の感あり胃部虚満し、熱候なくして時々粘液を吐出する証《奥田謙蔵》


半夏厚朴湯

半夏瀉心湯

茯苓飲
  1. 胃部の膨満感:胃部にガスが充満して食べられない場合に用いる。ひどい時は、胸が一杯になって仰臥出来ないことすらある。四君子湯や六君子湯の証よりも腹力があって膨満している。気が出る、水が口に逆上してくる、このような場合に用いる《大塚敬節》


平胃散

防風通聖散

保和丸

木香檳榔丸






腹部膨満感
腹部膨満感とは?
  • =腹(ハラ)がはる、「腹満」
腹部膨満感の原因
  1. 脂肪肝
  2. 卵巣ガン
  3. 腸内のガスの異常発生
  4. 神経性腹部膨満症

医薬品の副作用

「アクトス」「アデカット」アレジオン」「アロフト」「エラスチーム」「エリスパン」「オイグルコン」「ガスター」「カルスロット」「クラビット」「グラマリール」「グルコバイ」「ザンタック」「シグマート」「セレスタミン」「セルベックス」「セロケン」「タガメット」「タミフル」「ダントリウム」「テオドール」「デプロメール」「ノイエル」「バイロテンシン」「バクシダール」「ブリブラチン」「プレドニン」「プロノン」「ベイスン」「ベザトールSR」「ペンタサ」「ポラキス」「マーズレンS」「ミオナール」「メキシチール」「メトリジン」「メバロチン」「ラミシール」「リスモダン」「リズミック」「リピトール」「リポクリン」「リュープリン」「ルボックス」「ロコルナール」「ロドピン」「ワイパックス」「ワンアルファ」





神経性腹部膨満症
自虐的な心身症
  • 心と身体は分かち難く結びついた全体であるが、その全体を理解することは大変難しい。
     A子さんは、友達付き合いがうまくいかずいろいろ気を使ううちに、19歳頃から[めまい][息切れ][腹痛]がするようになった。20歳の時[虫垂炎]の診断で手術を受けたが、その後も[腹痛]が続き、[遊走腎]の診断で再手術。腹部が著しく張って大きくなり、しばしば妊婦と間違われるようになった。
     その後、別の病院で[]の手術。さらに腹部の張りの精密検査のためまた別の病院に入院し、各科を“たらい回し”(A子さんの表現)されて何十種類もの薬を飲むようになった。
  • その後も[胆石]などの診断で何回も手術を受けたが、症状は改善しなかった。
      腹部の張り(腹部膨満感)の他にも、
    1. 腹痛
    2. 便秘
    3. めまい
    4. 失神
    5. 月経不順
  • など多彩な症状があるので、A子さんは病院からもらう薬に加えて、自分で鎮痛剤や下剤などを買って多量に服用するようになった。
    医師からは“本当の病気ではない”“自分で作っている”などと言われながら、病院を転々とするドクター・ショッピング(医師あさり)を繰り返した。
  • ときどき自分で自分が分からなくなって手首を切ったり、睡眠剤を多量に飲んだりするようになり、紹介されて精神科を受診した。
    この例は、腹腔内にはっきりした器質的病変がないにもかかわらず持続的に腹部が張る(神経性腹部緊満症)と呼ばれる心身症の1例である。




  • 鼓腸】(こちょう)
    • =腹部膨満。
    • 腸にガスが溜まったもの。腹水をかねたもの。
  • 【蠱腸】(こちょう)
    • =腹部膨満。
    • 腸にガスが溜まったもの。腹水をかねたもの。


鼓腸
ゲップ
ガスがたまる
下痢
おなら
腹膜炎
チアノーゼ
癒着
脹満
大腸ガン
急性腹症
不安
胃アトニー
胃部の膨満感
脂肪肝
ウツ病







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬