ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



腹水



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)




腹水の漢方薬
胃苓湯

インチンゴレイサン
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱なし)


九味檳榔湯
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱あり)


桂姜草棗黄辛附湯


五苓散


五苓散ぷらす人参湯


五苓散ぷらす霊芝


五苓散ぷらす陳久散


柴胡加竜骨牡蛎湯


真武湯 
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱なし)


小柴胡湯
  1. 腹痛を主訴として入院した50歳の男性。肝肥大と腹水がみられ、軽微の黄疸もある。肝硬変の疑いで、某大学に入院して検査を受け、肝硬変症と診断されたが、2ヵ月の入院で、腹水は増加し、黄疸も強度になったので、退院して再び治を乞うた。そこで、小柴胡湯ぷらすインチンゴレイサンを用いたところ、1ヵ月あまりで、腹水も黄疸も消え、半ヶ年ほどで、愁訴は全くなくなり、2カ年あまりの服薬で、ほぼ全治した(漢方診療医典)


小青竜湯


大建中湯


大柴胡湯


大青龍湯


当帰芍薬散
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱なし、)


人参湯
  1. “ある日の朝早く、若い婦人が私の診察室を訪れた。その婦人は「私ではありませんが」と前置きして、彼女の夫の病気について、次のように語った。主人は目下○○病院に入院している。病気は肝硬変症で、もうあと1、2ヶ月の命だろうと病院の先生に云われたという。「そこで何とか先生に助けていただきたいのです」と、その病院への往診を懇願された。
    私は病院への往診は、その主治医の許可なしでは、出来ない旨答えて謝絶した。するとその翌日、その婦人は実家の父と連れだって再び来院し、何とかしてくれと云って泣いて動かない。私も困った。仕方なくその患者の病状を聞くと次のようである。
    年齢は39歳、背の高い痩せた体格で、大変な酒客である。こんどの病気を自覚したのは、約6ヶ月ほど前で、何となくひどく疲れるので近所の医師に診てもらったところ、胃が悪いと云われて、しばらく治療していたところ、腹がふくれてきた。そこである大学病院で診てもらったところ、入院せよと云われ、入院したところ間もなく黄疸が現れた。大学では肝硬変症と診断した。腹には水が溜まるようになり、これは穿刺によって何回も水をとったが、すぐまた溜まった。最近は足の方までもむくんで、一人で寝返りも出来ないほどになった。
    この話しを聞き終わって、私はその婦人の父親を診察した。そして云った。「この薬をあなたに差し上げます」と。それは茵k五苓散ぷらす人参湯であった。
    私はなぜこんな処方を用いたのかというに、これより先、54歳の男子で、黄疸と腹水があって、自ら肝硬変症と名乗って、診察を乞うた男に茵k五苓散を与え、たった1週間の服用で腹水のなくなったことがあり、それを思い出した。これが1つの理由であった。しかしこんどの患者はかなり衰弱しているらしい、食欲も無いというので人参湯を合方してみたのである。
    3日たつと、その婦人が顔面に笑みをたたえて診察室に入ってきた。「先生、おかげさまで大変よろしいんです」と前置きして、婦人は次のように語った。父に頂いた薬をすぐ煎じて、病院に持っていって病人に飲ませたところ、その夜から尿がひっきりなしに出るようになり、一夜の中に11回も排尿があった。次の日も、その次の日も、どんどん尿出て、病院の先生は不思議だ、不思議だと云っているという。
    私はまた前方を与えた。これを2週間飲むと、腹水も、足の浮腫も、ほとんどなくなり、1ヶ月後には、黄疸もなくなって退院した。退院するとき、病院の先生は「あなたは運がよかったですよ。こんなことは滅多にありませんよ」と喜んでくれたという。”
    《大塚敬節》


八味地黄丸
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱なし、)


補気建中湯


補気建中湯陳久散


補中治湿湯


分消湯
  1. (腹水、肝硬変、浮腫あり、気鬱あり、)


木防已湯


苓甘姜味辛夏仁湯




【民間療法】
○マンジュシャゲ+トウゴマ。
○大戟+甘遂+芫花
○大戟+甘遂+二丑





腹水  
=腹腔内に漏出液・滲出液・血液などが貯留した状態

  • 健常者でも20〜50mlの腹水が存在する。

  • 腹水は腹腔にうっ血性の漏出液が遊離状態でたまった場合をいい、炎症性浸出液がたまったものは、通例、腹水とは呼ばない。

  • 腹水は心臓、肺臓の病気、全身衰弱などによる循環障害の一症候として現れることがあり、また、腎炎ネフローゼなどに他部の浮腫と同様に現れる。

  • また門脈領域の血行障害の結果として、肝硬変症などのときにもみられる。(漢方診療医典)







漏出液が貯留する原因
門脈圧の亢進

血漿膠質浸透圧の低下低タンパク血症

血管壁の透過性亢進

内分泌因子:
  1. アルドステロン
  2. 抗利尿ホルモン






腹水を引き起こす疾患
鬱血性心不全

ガン性腹膜炎

肝硬変

結核性腹膜炎

収縮性心膜炎

低栄養

蛋白漏出性胃腸症

門脈血栓

ネフローゼ



(副作用で腹水に)
  • 「カンプト」「タキソテール」「トポテシン」「ノルバスク」「リウマトレックス」





異常に貯留した腹水
漏出性腹水 滲出性腹水
  1. 外観・・・・水様性透明
  2. 比重・・・・1.015以下
  3. タンパク濃度・・・2.5g/dl以下
  4. リバルタ反応・・・・陰性
  5. 線維素析出・・・・・微量
  6. 腹水LDH/血清LDH・・・0.6未満
  7. 細胞数・・・・・・少数
  8. 細胞成分・・・・中皮細胞、組織球


  1. 外観・・・混濁and/or血性and/or膿性
  2. 比重・・・・1.018以上
  3. タンパク濃度・・・3g/dl以上
  4. リバルタ反応・・・陽性
  5. 線維素析出・・・・多量
  6. 腹水LDH/血清LDH・・・0.6以上
  7. 細胞数・・・・・多数(100個/µl以上)
  8. 細胞成分・・・・好中球、リンパ球





漏出性腹水を引き起こす疾患と対策
循環障害
  1. 肝硬変
  2. 特発性門脈圧亢進症
  3. 門脈血栓
  4. 腫瘍塞栓
  5. バッドチャーリー症候群
  6. 肝静脈血栓症
  7. 右心不全

低タンパク血症
  1. ネフローゼ症候群
  2. 蛋白漏出性胃腸症
  3. 低栄養
  4. 亜急性肝炎
  5. 劇症肝炎亜急型

尿・血液生化学検査/超音波検査で原因疾患の診断と治療
  1. 血管造影が必要なのは、
  2. 治療→
    • ・食塩摂取の制限
      ・利尿薬の投与
      ・アルブミン投与
      ・腹水穿刺






滲出性腹水 を引き起こす疾患と対策
血性腹水
  1. 癌性腹膜炎
  2. 子宮外妊娠
  3. 肝細胞癌の破裂
  4. 腹部大動脈破裂


乳糜腹水
  1. 悪性リンパ腫
  2. 悪性腫瘍の転移
  3. 膵ガン
  4. 結核性腹膜炎
  5. 門脈血栓
  6. 腹部外傷
  7. 胸管・リンパ管の外傷などで破裂
  8. フィラリア


乳糜様の腹水を引き起こす疾患
  1. リンパ管の閉塞、乳糜管の破裂が原因。
  2. フィラリア
  3. 腫瘍による圧迫


膿性腹水
  1. 化膿性腹膜炎
  2. 真菌性腹膜炎


胆汁性腹水
  1. 急性胆嚢炎


粘液性腹水
  1. 腹膜仮性粘液種
  2. 悪性中皮腫

粘液性の腹水を引き起こす疾患
  1. 卵巣嚢腫
  2. 虫垂の仮性粘液腫





腹水濾過濃縮再静注法
(CART)

一度排出した腹水を濾過し、濃縮してアルブミンやグロブリンなど自己タンパクだけを取りだし、再び患者に静注する方法。
1981年から保険適用。
  • 仕組みは簡単 採取した腹水を循環バッグに入れ、腹水濾過器で濾過して腹水に含まれる有害なガン細胞や細菌のみを除去する。
    次に、腹水濃縮器で余分な水分などを除き、1/10ぐらいの濃度に濃縮し、点滴で体内に戻す。
    時間は1時間ぐらいで負担も少ない。


進行性のガンや肝硬変などでは難治性の腹水がたまりやすい。
患者にとって、腹部で強い膨満感を覚えたり、呼吸が苦しく感じる。
  • 体外に腹水を出せば苦痛は消えるが、腹水に含まれるタンパク質までも失うので、さらに状況が悪化する。
  • 腹水を抜くと弱るため、腹水を抜き続けることが難しい


メリット
  1. 自己のタンパク質を失うことなく再利用できる
  2. 腹部の膨満感などの苦痛が消えて、食事もとれるようになる。
  3. 患者の栄養状態や免疫状態が改善する例が多い。
  4. 抗ガン剤などの効果が高まる





チェック
関連情報
腹水の漢方薬
肝硬変
」「鬱血性心不全」「フィラリア」「癌性腹膜炎」「体温が低い」「蛋白漏出性胃腸症」「急性膵炎」「肝不全」「ネフローゼ」「肝機能障害」「Budd-Chiari症候群」「カルチノイド症候群」「ダイオキシン










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬