フルンケルの画像

フルンケルの漢方薬
  1. 越婢加朮湯
  2. 葛根加朮附湯
  3. 葛根湯
  4. 桂枝加黄蓍湯
  5. 桂枝茯苓丸
  6. 荊防敗毒散
  7. 三黄瀉心湯
    1. 癰疔内攻し、胸膈寃熱し、心気恍惚たる者《類聚方広義》
  8. 紫根牡蛎湯
  9. 十味敗毒湯
    1. 6歳女性。1年中顔面、項部などに癤が出来ている。1つ治ると又出来るので、いろいろ抗生物質やペニシリンなども用いているが良くならないと言う。患者は中肉中背で、血色はあまり良くない。糖尿病はない。商売柄、毎夜酒を少しずつ飲むという。私はこれに十味敗毒湯を与えたが、1ヶ月ほど飲むと癤の出るのが止んだ。そこで休薬していたところ、1ヶ月ほどたつとまた出始めたので、さらに3ヶ月ほど服薬を続けて全治した。《大塚敬節》
  10. 小柴胡湯
    1. 「フルンケル」、及びその類似疾患にして、往来寒熱を発する証《奥田謙蔵》
  11. 大黄甘草湯
  12. 大黄牡丹皮湯
  13. 桃核承気湯
  14. 排膿湯
  15. 排膿散及湯
  16. 排膿散
  17. 白朮附子湯
  18. 防已黄蓍湯
  19. 竜胆瀉肝湯




フルンケル
フルンケル

癤(せつ)のことで、黄色ブドウ球菌・レンサ球菌により、毛包・皮脂腺が感染して起こる







癤腫症 furunculosis
  • 癤が次々と引き続いて出来るのを、癤腫症furunculosisといい、
    1. 糖尿病
    2. 全身衰弱
    3. ガン
    4. ステロイドホルモンの長期投与
    などが原因となることが多い


面疔
  • 顔面のフルンケル








フルンケルの針灸ツボ
  • 「癤・疔・癰などの要穴。之に灸してはじめ熱くない場合は熱くなるまで、はじめ熱い場合は熱くなくなるまで幾壮でもすえる。化膿しないうちなら散ってしまうが、既に化膿しかけはものでは早く化膿して治る。疔・癰の場合は養老穴を併せ灸した方が治癒が早い。《沢田流聞書鍼灸眞髄》










    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved