ようこそ!!     ナオルコム へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



不定愁訴



HOME ブログ 通 販 価格表 病名(症状) 漢方薬(50音順) 医薬品(一般名・商品名)






広告



不定愁訴に用いる漢方薬
安中散

加味帰脾湯
  1. やせて、不安と抑うつ
  2. 胃腸虚弱、不眠、血色不良、


加味逍遙散
  1. 不定期の熱感
  2. 更年期の不定愁訴、症状が変わりやすい。
  3. 体格中等度〜やせ型、不安、抑うつ
  4. 加味逍遥散は、年中、肩が凝るとか、頭が重いとか、めまいがするとか、足が冷えるとか、のぼせるとか、とかく訴えのたえない者に用いる。《大塚敬節》

帰脾湯
  1. やせて、不安と抑うつ
  2. 胃腸虚弱、血色不良、無気力

桂枝加芍薬湯
  1. 過敏性腸症候群

桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. 動悸、前胸部の不快感
  2. 残尿感、頻尿

香蘇散

呉茱萸湯

柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 愁訴が多く、同じ愁訴を繰り返す
  2. 動悸、前胸部の不快感
  3. 体格中等度以上、不安、抑うつ


柴胡桂枝乾姜湯
  1. 動悸、前胸部の不快感
  2. やせて、不安と抑うつ


柴胡桂枝湯
  1. FD(機能性ディスペプシア)


柴朴湯
  1. 咽喉頭異常感、呼吸困難
  2. 不安、


四逆散
  1. 過敏性腸症候群


四君子湯

小建中湯
  1. 過敏性腸症候群


小半夏加茯苓湯

清心蓮子飲
  1. 残尿感、頻尿


大建中湯
  1. 過敏性腸症候群


女神散
  1. 愁訴が多く、同じ愁訴を繰り返す


人参湯
  1. FD(機能性ディスペプシア)


半夏瀉心湯
  1. FD(機能性ディスペプシア)
  2. 胃炎、過敏性腸症候群


半夏厚朴湯
  1. 咽喉頭異常感、呼吸困難、空気が足りない感覚
  2. 不安、抑うつ


半夏白朮天麻湯

茯苓飲

平胃散

補中益気湯
  1. 無気力で倦怠感がある


抑肝散
  1. 体格中等度〜やせ型、不安、抑うつ
  2. 易努性、不安焦燥感


抑肝散加陳皮半夏
  1. やせて、不安と抑うつ
  2. 胃下垂気味


六君子湯
  1. FD(機能性ディスペプシア)
  2. 胃もたれ、食欲不振、腹部軟弱、胃下垂




(不定愁訴と和漢薬)
  • 肩がこる、頭が痛い、食欲がない、腰のあたりが冷えるなどと訴えて病院に行っても、血液検査などの結果はすべて正常で、「あなたはどこも悪くありません」といわれた経験をもつ人も多いだろう。

  • はっきしした原因がない、いわゆる“肩こり症”“頭痛もち”“食欲不振”“冷え症”といったような症状は、総称して不定愁訴と呼ばれている。

  • 肩こりを考えてみよう。
  • 原因の1つは、肩に分布する血管(小動脈)が収縮し、その結果、酸素や血糖の供給が悪くなり、筋肉やそれをとりかこむ結合組織の代謝が低下するためだと考えられる。
  • 小動脈の収縮は、この血管に分布する交感神経の興奮によって、その末端から分泌されるノルアドレナリンによって引き起こされる。

  • 交感神経の中枢は、脳の視床下部と呼ばれるところにある。おもしろいことに、この交感神経の中枢は、食欲不振(いいかえれば満腹感)をもたらす満腹中枢と同じ場所にあるらしい。よく肩こりや冷え症の人に、食欲がないという訴えが多いのはこのためだからと思われる。

  • 交感神経は、副交感神経とともに自律神経と呼ばれる。
  • 副交感神経の中心は、交感神経とは異なり、空腹中枢に存在するらしい。自律神経が交感、副交感と陰陽に分かれているように、食欲も満腹、空腹と陰陽にわかれているところが興味深い。(中略)
  • 不定愁訴は基本的には、脳の視床下部の自律神経のアンバランスによって起こるものと推測される。すなわち、交感神経と副交感神経の陰陽のバランスが、交感神経のほうに優位に傾いた時に不定愁訴があらわれるようである。(中略)
  • 自律神経の命令範囲は、末端の細胞、たとえば結合組織にある脂肪細胞にまで及んでいる。この脂肪細胞は、脂肪の合成と分解作業をもっぱらとする細胞である。

  • 脂肪の合成は、インスリンによって促進され、副交感神経の支配下にある。一方、脂肪の分解はノルアドレナリンによって促進され、交感神経の支配下にある。したがって脳の自律神経中枢のアンバランスは、脂肪細胞に反映する。
  • 副交感神経が、交感神経より優位の時は、脂肪の合成がすすみ肥満にある。逆に交感神経が優位のときは、ヤセになる。
  • 肩こりや冷え症を訴えるときの状態は、副交感神経に比べて交感神経の作用が強すぎる状態であるから、脂肪がたまって肥満になるより、脂肪の分解が大きいためにやせてくる。肩こりや冷え症で悩む人にやせている人が多いのはそのためである。

  • 脂肪細胞は簡単に動物から取り出せる。これを試験管に入れ、ノルアドレナリンを作用させると脂肪が分解し、脂肪酸とグリセロールが遊離する。また、放射性グルコース(血糖)とともにインスリンを作用させると、脂肪の合成が促進するのを検出することができる。
  • つまり、脂肪細胞での脂肪の合成と分解を調べることによって、脳の自律神経中枢のバランスを推測することが可能なのである。

  • 不定愁訴が起きるのは、交感神経が副交感神経より、強すぎる状態である。これは、脂肪細胞では脂肪に分解が促進し、合成が抑えられている状況に相当する。
  • そこで、ノルアドレナリンを脂肪細胞に加えることにより脂肪分解を高めておき、これに薬用人参八味地黄丸のエキスを加えて、高まった脂肪分解が低下するかどうかを見た。
  • 結果は、確かに低下したのである。これは、いきすぎた交感神経の作用を、薬用人参や八味地黄丸が抑えることを示している。


  • 薬用人参からまず見つかったのはアデノシンである。
  • これは核酸の一種で、局所ホルモンとして注目の物質。
  • つぎにみつかったのは、グルタミン酸5個とグルタミン、グルコースをそれぞれ1個からなる糖ペプチドである。
  • 薬用人参に含まれるアデノシンや糖ペプチド、八味地黄丸を構成するボタンピ(牡丹皮)には、ノルアドレナリンの脂肪分解作用を抑えるだけでなく、インスリンによる脂肪合成作用を促進する働きがある。

  • つまり、薬用人参や八味地黄丸に含まれる特定の物質は、脂肪分解という交感神経由来の作用は阻害し、脂肪合成という副交感神経由来の作用は促進するという陰陽を見分ける目を持っているということができる。
  • 交感神経の働きを抑え、副交感神経のそれを促進させるのであれば、不定愁訴は改善されるはずである。

  • 現代医学では、ベーターブロッカーという交感神経を抑える物質が知られているが、このベーターブロッカーは、副交感神経の支配下にあるインスリンの作用をも抑えてしまう。つまり交感神経、副交感神経双方の働きが抑えられ、不定愁訴の改善にはなりえない。
  • (奥田拓道著「和漢薬」中公新書p5〜)





愁訴とは?
◎ドーラント医学大辞典には、complaintを愁訴とし、患者が最初に医師に訴える症状や症候群と説明している。


◎わが国での意味(以下の症状・病態とされている)
  • ・息切れ
    ・息苦しさ
    ・胃部不快感
    ・意欲低下
    ・インポテンス
    ・喉頭閉塞・異物感(漢方でいう「梅核気」)
    ・易疲労感
    ・嘔吐
    ・悪心
    ・肩こり
    ・かゆみ
    ・眼精疲労
    ・乾燥感
    ・記銘力低下
    ・胸痛
    ・胸中苦悶感
    ・緊張する
    ・月経障害
    ・下痢
    ・口のかわき(口渇・口乾)
    ・呼吸促迫
    ・四肢熱感・冷感
    ・しびれ感
    ・集中困難
    ・食欲不振
    ・焦燥感
    ・心気症
    ・振戦
    ・睡眠障害
    ・頭重
    ・頭痛
    ・性欲障害
    ・せき
    ・背腰痛
    ・セネストパチー(senecetpathy病的老化)
    ・全身倦怠感
    ・動悸
    ・寝汗
    ・不安感
    ・ふらつき感
    ・めまい感
    ・熱感
    ・のぼせ
    ・排尿困難
    ・発汗
    ・頻尿
    ・腹痛
    ・腹部膨満
    ・便秘

    ・耳なり
    ・抑鬱感







◎不定愁訴がない
「メルクマニュアル」や「ドーランド医学大辞典」には不定愁訴の項目がない。
◎南山堂「医学大辞典」には
「不定愁訴症候群」として掲載。unidentified clinical syndromeとある。不定愁訴を持ち器質的疾患を見いだし得ない一群の患者を不定愁訴症候群として一括している。自律神経失調症は教義に解釈して不定愁訴症候群の一型とされ、一般的な概念からする自律神経失調症は不定愁訴症候群とほぼ同一のものと考えられるとし、臨床的には不定愁訴症候群を以下の3つの型に分けるとする。
1.「本体性自律神経失調症」
2.「心身症としての自律神経失調症」
3.「神経症(ノイローゼ)」
(南山堂「医学大辞典p1834)





自律神経失調症 

不定愁訴の漢方薬







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬