情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



登校拒否
(不登校)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








非行
家庭内暴力
不安神経症
パニック障害
恐怖症
ウツ病
不安
亜急性硬化性全脳炎
対話が出来ない
閉じこもる
起立性調節障害
疲れやすい
キレる
引きこもり






不登校 (登校拒否)
登校拒否
  • 新学期が始まり1ヶ月以上経過してくると、毎年、様々な身体的訴えが多くなる。めまい立ちくらみ・気持ちが悪い・倦怠感・疲れやすい・頭痛・食欲不振・乗り物酔い・朝きちんと起きられないなどの症状を訴える子供が増える。
    このような症状を示す病気はいろいろあるが、患者の多いのが、起立性調節障害である。
  • これは、小学生〜中学生にかけて多く、痩せている子供や、低血圧の家系の子供が起こしやすい。
    自律神経失調の1つであり、
    • 本来は起立時に起きるはずの血管反射が失調しているために、血液が下半身にたまり、体のほかの部分への血流が減少し、上の血圧(収縮期血圧)が下がり、脳の血流量を低下させ、
    種々の症状を引き起こす。
    症状は午前中が特に悪く、午後から調子が良くなる傾向が多い。
  • 学校を休むが、午後から元気が出てくるので「怠け者」「仮病」のように誤解されることが多く、子供はあらぬ評価を受けることになる。
    また、この病気のあいだは意欲が乏しく集中力を欠き、学業成績も振るわない。
  • 生活全般にわたりシャキッとしたところがなく、生活の質(QOL)が下がる。
    しかし、治療をすれば、意欲や集中力、、QOLの低下は防げることが明らかになってきている。子供がこの時期にこのような症状を訴えたら、早期に小児科専門医の診察を受け、起立性調節障害か他の病気かを明らかにすることが重要である。治療は、薬物療法と自律神経鍛錬療法がある。いずれも小児科専門医の指導による治療が必要だ。





病気による不登校
体調不良で学校へ行けない子供を、登校拒否だと思い
  • 体調不良で学校へ行けない子供を、親や養護教諭が登校拒否だと思い悩んでいることが多い」と日本大名誉教授の大国真彦さん(小児科)が指摘している。

  • 『小児起立性調節障害』は
    • ・立ちくらみやめまいを起こしやすい、
    • ・朝起きられず、
    • 朝食は食べたくなく
    • ・午前中調子が悪い、
    • ・頭痛・腹痛が多い
    • などの症状を訴える。

    小学校高学年以上の3〜4%がこうした体質で、その一部が遅刻を重ねてだんだん登校しなくなる場合がある。

  • いじめなど他の原因の登校拒否と違い、治療すれば80%は治る。
  • 不登校がひどくなる春先までにぜひ小児科医に相談を」と大国さん。
    1. 朝、寝床で昇圧剤を
    2. 昼食前に[半夏白朮天麻湯]などを飲ませる。
    週2〜3日登校出来る子供なら1ヶ月前後で劇的に治るという


引きこもりと関連
  • 子どもを不登校に追いつめる背景には、画一的な教育、夫婦共働きなどの社会環境がよくあげられるが、それだけを要因と考えるのは正しくない。ただ、友人や家族との摩擦など内面の葛藤を抱えたとき、それを表現するため、以前より容易に不登校に走る子どもが増えたことは間違いない。
    私の病院の調査では小中学校で不登校だった子どもの大半は、20歳代半ばに就職などをして社会生活に適応した大人に成っている反面、引きこもりのため社会的には不適応状態と言わざるを得ない青年もいる。
  • 義務教育期間中の不登校と青年期の引きこもりは互いに関連が深く、ともに現代の若者の心を映す時代的な社会病理現象である。
    中学1年以来、私が相談に乗ってきたAさん(20)も、そんな1人だった。小学生のころは、学校では問題のない成績の良い子どもと評価されていたが、小学5年生の夏頃から過程で非常に疲れた様子を見せるようになった。学用品などがっこに関連したものを「汚い」と言って避けるようになり、下校するとただちにしつように手を洗うなどの不潔恐怖の症状が現れた。
    中学生になると、まもなく学校を欠席するようになり、家庭で1日中、母親に手伝わせて納得行くまで全身の「汚れ」落としをしなくてはならなくなっった。治療を開始したAさんは、学校に復帰したり休んだりを繰り返しながらも卒業し、高校へ進んだが、高校生活1ヶ月で不潔恐怖の悪化で休学せざるを得なくなった。家に引きこもり、結局、高校を中退した。
    しかし、最近では本気で大学検定資格を取ろうと考えるようになり、手始めにアルバイトをしたいと思っている。中学、高校時代は「汚れ」落としへの協力ぶりが足りないと言って母親に暴力を振るうこともあったが、最近ようやく親子で静かに語り合えるようになった。引きこもりからも抜けだしつつある。
    Aさんの不登校と、それに続く引きこもりは、精神医学的には主に強迫性障害と過剰な不安障害という疾患が関与したものである

(無料講義)・・・大学水準のオンライン教育
  • エデックス(edX)the world's best universities
    • ハーバード大学などが設立した
    • 2014年から京大も配信する。
  • コーセラ
    • スタンフォード大学のダフニー・コーラ教授らが設立
    • 2013年9月から東大が配信
    • 世界の有力校86校が参加
  • ユダシティー







登校拒否の漢方薬
  1. 加味逍遙散
    1. 虚弱な体質の女子で、精神不安、憂うつ感などの精神神経症状があり、脈も腹も緊張が弱く、腹診上、軽度の胸脇苦満を認めるものを目標に用いる。血徴候あるいは月経異常が見られることが多い(漢方診療医典)
  2. 桂枝加芍薬湯
    1. 虚弱な児童で反復性の臍疝痛や下痢、便秘がみられるものを目標に用いる。脈は弱く、腹部は膨満、腹直筋は拘攣して硬くツッパリ、棒を2本立てたようにみえる(漢方診療医典)
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. 体質的には実証で胸脇苦満、心下部の抵抗がある。臍上に動悸を認め、心悸亢進、不眠、煩悶、憂うつ感、神経過敏、集中力低下などの精神神経症状がみられる。脈は緊張強く、、便秘の傾向がある、小児の場合は胸脇苦満はくすぐったがるタイプが多い。(漢方診療医典)
  4. 柴胡桂枝湯
  5. 真武湯
  6. 沢瀉湯
  7. 釣藤散
  8. 桃核承気湯
    1. 思春期後期になると女子では下焦の血症状を呈するものがある。体力があり右、のぼせ、不安、興奮などの精神神経症状、便秘のある場合に用いる。左下腹部には抵抗・圧痛を認める(漢方診療医典
  9. 半夏白朮天麻湯
  10. 補中益気湯
  11. 抑肝散
  12. 苓桂朮甘湯



チェック
関連情報
非行」「家庭内暴力」「不安神経症」「パニック障害」「恐怖症」「ウツ病」「不安」「亜急性硬化性全脳炎」「スチューデント・アパシー」「対話が出来ない」「閉じこもる」「起立性調節障害」「疲れやすい」「キレる」「手首自傷症候群」「引きこもり」「摂食障害」「しつけ」「ズーノシス







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬