ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



トゥレット症候群



HOME TOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告




トゥレット症候群
ヒスタミンの生産量低下が一因?

エール大学の神経遺伝学のチームは、父親とその子供8人の全員がトゥレット症候群の家族を調べた。

この家族は脳でのヒスタミンの生産に関与している遺伝子が通常よりも短く、生産量も少なかった。


ヒスタミンは炎症反応に必要な物質。

研究チームはヒスタミン濃度が低いためにチックが生じると考えている。

この家族とヒスタミン欠乏マウスに類似点が見つかった。
  • トゥレット症候群患者の多くが「プレパルス抑制」が弱く、平均的な人よりも驚いたり取り乱したりしやすい。
  • 2011年の米国生物学的精神医学会でエール大学のピッテンジャーはトゥレット症候群の家族とヒスタミン遺伝子欠損マウスのどちらもプレパルス抑制が弱く、チックを起こしたと報告。
  • 別の実験では、ヒスタミン増加薬によってマウスのチック様行動が減ることが分かった。

ヒスタミン
  1. アレルギー反応の一因となる。
  2. 夜には眠れなくする働きがある。
  3. トゥレット症候群に関連する脳領域を含め、脳の全域に存在する神経伝達物質でもある。


向精神薬はドーパミンを遮断することによってチックを和らげる。
  • ドーパミン濃度が下がるとヒスタミン濃度が下がる。

  • ヒスタミンは脳の全域に存在する神経伝達物質でもある。









チェック
ヒスタミン
チック
あくび
ジスキネジア
不随運動







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬