情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/










ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







脊椎と器官

胃炎

胃神経症


胃腸虚弱(胃弱)







 stomach
胃は心窩部付近にあり、腹膜でゆるく固定されている。


上部は肝臓の左外側区域に覆われ、左上腹部、すなわち心窩部~左季肋部に横たわる様に存在する。


その位置は姿勢・食物の有無で著しく変化する。


(幽門)
  • 胃の出口。
  • 坐位では・・・第1~2腰椎の高さ。
  • 立位では・・・第4腰椎まで下がる。


胃は、食物を胃液とまぜて攪拌し、本格的な消化を行う十二指腸に送り出す一時的な貯蔵庫


胃に食物が入ると、胃粘膜にある胃腺から胃液が分泌される。食物についている細菌を殺したり、繊維を軟らかくする塩酸や、タンパク質を分解するペプシンという酵素が主成分。


胃粘膜の下は、タテ・ヨコ・斜めに伸び縮みする3層の筋肉で構成されている。

この筋肉によって食物が胃液と混ぜ合わされ、粥状に攪拌される。


胃から十二指腸につながる部分(幽門前庭部)からはアルカリ性の粘液が分泌され、これによって酸性の食物が中和される。


食物が中性か弱酸性になると、括約筋でできている幽門が開いて十二指腸に送られる。


食物が胃を通過する時間は、通常1~2時間




胃の画像



(細胞の寿命)
  1. 胃(幽門)・・・・1.8~1.9日
  2. 胃(噴門)・・・・9.1日





食物咽頭食道横隔膜
咽頭
  1. 口と食道の中間にあって、気道とも通じていて、食物と空気の通路となっている
  2. 咽頭にはアーモンドの種の形をした「扁桃」がある


扁桃
  1. 免疫に関係するリンパ器官
  2. 免疫細胞や抗体が集まって、病原菌やウイルスの侵入を防いでいる。


食道
  1. 食道の長さ(大人)・・・25cm
  2. 食道の太さ(大人)・・・2cm
  3. 食道の筋層・・・2層から
  4. 神経系によってぜん動がおきる。
  5. 食道の入り口は食物の貯留・排出を括約筋によって開閉され、食物は食道へ、空気は気道へ分別される。
  6. 胃に入る前に「横隔膜」を突き抜ける構造で、急に曲がる形状。これによって胃から食道への食物の逆流を防いでいる。


  1. 食道から胃への入口には括約筋でできた「噴門」があり、胃への急激な食物の流入を防いでいる。
  2. 胃の出口には、括約筋からなる「幽門」があり、十二指腸への急激な流入を防いでいる。
  3. 空腹時の長さ・・・・25~30cm
  4. 空腹時の容積・・・50~100ml
  5. 満腹時の容積・・・2㍑~4㍑
  6. 胃粘膜の胃壁には、胃酸分泌細胞、ペプシン分泌細胞がある。
  7. 胃の働き・・・ペプシンや酸を使って塊状の食物をドロドロ状にすること。


胃腺
  1. 胃腺から胃液が分泌される・・・・2㍑/日
  2. 胃液には・・・水分、塩酸、消化酵素前駆体(ペプシノーゲンなど)


G細胞」・・・腸内分泌細胞の1つ。
  1. 食物が胃に入ってくると、幽門の前(幽門前庭)や十二指腸上部にあるG細胞が察知し、ガストリン(消化管ホルモン)を直下にある血管に分泌する。
  2. ガストリンが胃酸分泌細胞やペプシン分泌細胞などが集まった「胃腺」に作用すると、胃の中に塩酸とペプシン(タンパク質分解酵素)が分泌される。


幽門

塩酸とペプシンによって、粥状になった食物が胃壁にある受容体を刺激すると、胃の出口にある幽門の扉が開き、少しずつ食物は小腸に向けて送られていく。


小腸

小腸に届いた粥状の食物は、すい臓からきたトリプシンやキモトリプシンなどの消化酵素によってペプチドにまで分解される。

さらに、吸収細胞上の酵素でアミノ酸まで分解。

→はじめて吸収される






(ホルモン)
分泌部位 ホルモン 作用 刺激成分
・幽門前庭
・十二指腸
(G細胞)
ガストリン ・胃酸↗
・ペプシン↗
アミノ酸
・十二指腸
(S細胞)
セクレチン ・胃酸↘
・重炭酸塩↗
・ガストリン↘
・十二指腸
(M細胞)
コレシストキニン ・すい臓酵素↗
・胆汁↗
アミノ酸
脂肪酸





胃は腹側間膜を持つ
消化管の中で胃と十二指腸のごく一部だけが、腹側間膜(小網)と背側間膜(大網)の両方を持つ。


(小網)
  • 肝臓の静脈管索裂と胃の小弯の間に張る脆弱な膜。
  • 右端はやや肥厚し、肝十二指腸間膜という。
  • 内部には左前に固有肝動脈、右前に総胆管、後ろに門脈が存在する。


(大網)
  • 大弯から垂れ下がり、反転して横行結腸(およびその間膜)に癒合する。
  • その後、後壁に移行し、十二指腸・膵臓を覆う。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬