ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



特発性正常圧水頭症(iNPH)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





認知症に用いる漢方薬
@黄連解毒湯

A加味温胆湯

B桂枝茯苓丸

C牛車腎気丸

D十全大補湯

E釣藤散

F桃核承気湯

G当帰芍薬散

H当帰芍薬散陳久散

I補中益気湯

J八味地黄丸

K八味地黄丸亜鉛DHA

L抑肝散

M抑肝散加陳皮半夏

N六味丸



手術で治る 認知症
特発性正常水頭症

認知症の中で手術で治るタイプに『特発性正常水頭症』がある。
  • 脳を守る脳脊髄液が過剰になって脳を圧迫して発症する。



認知症患者の5%を占めるとされる。
  1. 余分な髄液をチューブを介して腹腔内に流し出す「シャント術」。
    全身麻酔で約1時間。
    • 脳にチューブを入れる[V-Pシャント]と
    • 腰の背骨付近にチューブを入れる[L-Pシャント]
    がある。
    • 1週間〜10日間の入院が必要。
    • 健康保険が使える。
  2. 京都市にある洛和会音羽病院の正常圧水頭症センターは、脳脊髄液が過剰になり脳を圧迫する水頭症の一種の治療を通じ、認知症を手術で治す取り組みに力を注いでいる。
    2008年4月、音羽病院は国内で初めて特発性正常圧水頭症(iNPH)を専用医に治療する正常圧水頭症センターを設置した。
    [iNPH]は脳脊髄液が脳を圧迫し、認知症状を引き起こす病気。国内に160万人居るとされる認知症患者のうちの約5%がこの病気とみられている。
    センターでは診療所からの紹介を受けた患者を診察している。
    水頭症と診断された患者には、余分な髄液を体内の空きスペースに流す「シャント」と呼ぶ手術を施す。頭蓋骨に穴を開けて、脳から腹腔までカテーテルを皮膚の下を通し、途中に髄液の排出量を調節するバルブを取り付ける。
    [iNPH]は1960年代に発見され、シャント手術が1970年代に始まった。ところが、術後に髄液が流れ過ぎ、
    手足のマヒや言語障害など深刻な合併症を引き起こした。90年代に入って、磁力を使ってコントロールするバルブが登場し改善された。



サプリメント




バラ
芳香療法で認知機能障害が治療できることを実証したのが認知症研究の第一人者、鳥取大学医学部の浦上克哉教授。

その内容は、脳の海馬の神経に異常が生じて物忘れがひどくなる前に、嗅覚機能が低下することに着目したものだった。

嗅覚障害



ラベンダーなどの植物の芳香成分を蒸留してつくったアロマオイルの香りを認知症患者に嗅がせた(毎日)ところ、症状が改善したというもの。



DHA
「脳血管性の痴呆症患者13人、アルツハイマー病の患者5人に、6ヶ月間脳の循環改善薬とDHAを経口投与。

DHAは1日に、700mg〜1400mg。 

その結果、脳血管性痴呆の13人中10人は、生活意欲が高まったり、妄想が減少。
アルツハイマー病の5人は意欲・対人関係・落ち着きがやや改善した。

知的機能の簡易検査結果では、DHAを与えなかった患者が徐々に低下したのに対し、投与した患者は計算力や判断力に改善傾向があった。1人が脂肪の過剰摂取で腹痛を起こした以外に、副作用はなかった。
「脳の循環改善薬だけを 24人に6ヶ月飲んでもらった場合、症状が良くなったのは2人だけだった。










関連情報 認知症」「老人性痴呆症」「アルツハイマー」「ボケ」「高齢者」「介護」「クロイツフェルト・ヤコブ病」「健忘(物忘れ)」「ハンチントン病」「亜急性硬化性全脳炎」「甲状腺機能低下」「脳血栓」「音楽療法」「記憶力」「廃用症候群」「うつ病」「せん妄」「水頭症」「デトックス






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査