情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





胃アトニー






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)




腹部膨満感
胃部の膨満感

機能性ディスペプシア)






胃アトニー症  gastric atony
胃アトニー


胃の蠕動運動が弱っている状態を胃アトニーという。

摂取した食物を胃から排出する時間が延長するため、



(症状)
心窩部に痛み、膨満感が起きる

(atony)=筋の緊張が消失又は衰弱した状態

胃アトニーは胃無力症のことで、
  • 胃の壁の筋肉がゆるんで無力化し、
  • 胃の運動や消化作用が弱まった状態のこと
で、食事をすると胃がふくれて膨満感と圧重感を覚えます。


一般に空腹時には苦痛がほとんど無いのが特徴で、食欲不振の原因になります


胃壁の弛緩している病気で、胃の筋肉の緊張が弱いから、胃に膨満感を感じ、食べたものが胃につかえ、噫気、悪心、食欲不振などを訴える


アトニータイプの無気力体質の者が多く、疲れやすく、神経質である。


胃下垂を伴うことがある。(漢方診療医典)





胃アトニーの民間療法
アカマツ・アキグミ・アロエ・イカリソウ・イワタバコ・ウツボグサ・エビスグサ・オオジシバリ・オウレン・オオバコ・オケラ・カワラケツメイ・キササゲ・キハダ・キンカン・鶏卵・ゲッケイジュ・ゲンノショウコ・玄米・サフラン・サンショウ・スイカズラ・スッポン・センブリ・タカサブロウ・タンポポ・チョウセンニンジン・ツリガネニンジン・ニラ・ニンニク・ノアザミ・ハコベ・ビワ・フキ・ヘチマ・マタタビ・ミカン・ヨモギ・リンドウ

[ハブソウ+ゲンノショウコ]




胃アトニーの食事
  • イチジク
    胡椒
    そら豆(胃の筋肉を強める)
    パセリ
    ハチミツ

    ヤマイモすり下ろして食べる。(消化酵素アミラーゼ4〜5%含有)





胃アトニーの針灸ツボ
  • 胃下垂や胃アトニーには肝の兪と胃兪、腎兪、臍の周囲を





胃アトニーの漢方薬
  1. 安中散
  2. いんちんごえいさん
  3. 甘草瀉心湯
  4. 甘草粉蜜湯
  5. 甘麦大棗湯
  6. 香砂養胃湯
  7. 呉茱萸湯
  8. 五苓散
  9. 四君子湯
    1. 体力が衰えている者で、いつも胃が張っている感じがする
  10. 生姜瀉心湯
  11. 小建中湯
  12. 小半夏加茯苓湯
  13. 真武湯
    1. 顔色悪く、手足が冷え、胃のあたりが柔らかく、下痢しやすい者
    2. 腹部が軟弱無力で、脈も沈弱、沈遅弱などで、血色がすぐれず、手足は冷え、下痢気味のものによい(漢方診療医典)
  14. 旋覆代赭湯
  15. 大建中湯
  16. 大黄甘草湯
  17. 通脉四逆加猪胆汁湯
  18. 当帰芍薬散
  19. 人参湯
  20. 半夏厚朴湯
  21. 半夏白朮天麻湯
    1. 腹が張り、胃で振水音がして、頭痛・めまい・悪心がある者
    2. 六君子湯の証に似ていて、頭痛、めまいを訴え、足冷を訴えるものによい(漢方診療医典)
  22. 茯苓飲
    1. 胃「アトニー」、及びその類証《奥田謙蔵》
    2. 胃で振水音がして、胃酸が上がってくる者。胸焼け・ゲップを伴うことが多い
    3. 腹にも脈にも比較的力があって、胃の膨満感、停滞感があって振水音もあり、噫気が出たり、胃液が口に上がってきたりする者に用いる。胸やけや噫気の多いものには呉茱萸2.0、牡蛎3.0を加えるとよい(漢方診療医典)
    4. 中肉中背の男性。ものを食べると胃につかえ、胸やけがしてゲップが出る。少し無理をすると背中が痛くなって、ひどく疲れる。腹部を押してみると、それほそ柔らかくないが、みずおちを叩くと振水音がして、脈も沈んで弱い。半夏瀉心湯か茯苓飲かで、胃のあたりを押しても痛くないようなので、まず茯苓飲を使ってみたところ、10日ほどで改善した。《山田光胤》
  23. 茯苓沢瀉湯
  24. 附子人参湯
  25. 平胃散
    1. 軽症の胃アトニー症で、心下痞、腹部膨満感のある者には、平胃散を用いる。また胃に刺激を与えて、機能の亢進をはかる目的で、香砂平胃散を用いることもある(漢方診療医典)
  26. 補中益気湯
  27. 六君子湯
    1. いつも胃でつかえ、たくさん食べられず、食べても太らず、疲れやすい者
    2. 病状が一段と進み、血色が悪く、気力が衰え、脈にも、腹にも力がなく、食後にねむけを催し、体がだるく、頭重、めまいなどを訴える者には、六君子湯を用いる。もしみずおちのつかえがひどく、気分が沈みがちであれば、香砂六君子湯とする(漢方診療医典)
  28. 苓桂朮甘湯
    1. 半夏白朮天麻湯証よりも、実証で、腹にも脈にも力があり、心下部が膨満し、めまい、動悸を訴え、尿利の減少のある者によい。腹診によって、振水音を証明し、臍部で動悸の亢進を触れるものが多い(漢方診療医典)
    2. 軽症の胃「アトニー」及び其の類似疾患等。《奥田謙蔵》




チェック
関連情報
腹部膨満感」「胃部の膨満感







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬