ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



胃がん



情報TOP






自己診断リスト・・・「以下の症状が2週間以上続く。」
1)早期胃ガンに見られる症状:
  • ○最近、食欲がない。
    ○空腹時に、胃が痛むようになった。
    ○以前より、胃が重く感じ、もたれる。
    ○嘔吐物のなかに、血が混じっていた。
    ○上腹部が張り気味で、気分がすぐれない。
    ○イカスミの様な真っ黒な便が出た。
    ○最近、油っぽい料理(カレー・肉料理)が苦手になった。
    ○ダイエットもしていないのに、急に痩せてきた。
    ○今まで丈夫だったのに、急に胃の調子が悪くなった。

(2)頻度は少ないが、要注意な症状:
  • ○みぞおちのあたりが断続的に痛む。
    ○時々、吐き気がある。
    ○飲み過ぎなどの思い当たることが無いのに、嘔吐した。
    ○同じ物を食べても、味が違うように感じる。

(3)進行ガンor他の疾患も考えられる症状:



黒色表皮腫
クビや脇の下、股間に
黒くザラザラしたブツブツ
がたくさんできた。

そんな症状があったら、早期の胃ガンが隠れている可能性がある。


黒色表皮腫と呼ばれ、不定形の黒褐色の発疹が皮膚のこすれやすい部分に出る。 

1つひとつは米粒大以下。 

触れると硬く盛り上がっていておろし金のような感触だ。 

痛みやカユミが生じることもあるが、何も感じない人の方が多い。 


黒色表皮腫は
  • 良性型、
    悪性型、
    仮性型
に大別されます。

黒色表皮腫の最大の原因は「胃ガン」だ
 

胃の腺ガンが出すタンパク質が引き起こす。 

糖尿病やある種の先天性疾患が原因のこともあるが数は少なく、中高年の場合は真っ先に胃ガンが疑われる。

X線などでは見えない小さなガンでも、黒色表皮腫はできる




胃がん
胃ガンの病態

胃粘膜上皮細胞から発生する悪性腫瘍


胃ガンの検査


上部消化管造影

内視鏡

超音波内視鏡・・・深達度診断

腹部超音波・・・・転移の検索

腹部CT

血算

一般生化学検査

CEA

発生場所は、
幽門部が最も多く、体部小彎、噴門の順です

胃ガンの発生に関わっているとみられていたヘリコバクターピロリ菌は、単独で発ガン作用を持つのではなく、ガンの成長を促進する「プロモーター」作用が主体であることを、愛知県がんセンター研究所の立松正衛・腫瘍病理学部長のグループが突き止めた
胃ガン患者はガンが進行するほど、血中のアディポネクチン 量が低下することが分かっている



親が胃ガンの人、気を付けて
40歳未満の進行性胃ガンは、家族に胃ガン経験者がいると、そうでない場合に比べて約9倍もなりやすいという調査を順天堂大医学部の菊地正悟講師らのグループが発表した。


「関東周辺の10施設から報告してもらった713人の胃ガン患者を調査。年令を(1)40歳未満、(2)40歳以上~50歳未満、(3)50歳以上~60歳未満、(4)60歳以上、の4段階に分け、両親が胃ガンになった人だけを選び出し、その患者が進行ガンかどうかの要素を加えて統計処理した。
その結果、家族歴がある場合、ない場合と比べて進行性胃ガンになる確率は(1)が9.1倍、(2)が1.0倍、(3)は0.4倍、(4)は0.8倍と差が出た。

菊地講師は「まだ遺伝子レベルで突き止めた訳ではないが、家族歴がある人は定期的に診断をするなど気を付けてほしい」と話している 






胃ガンのマーカー
早期胃ガンのマーカーには[CEA]等のタンパク質があるが、陽性率が5~10%と低い。

2008年、広島大学の大上直秀光子と安井弥教授らは、新しい診断マーカーを見つけた。 



[RFG4][OLFM4]の2種類のタンパク質で、
早期胃ガン患者の陽性率は
  • [REG4]・・・36%
    [OLFM4]・・・25%
    [REG4]と[OLFM4]を併用・・・52%

ガン患者でもないにもかかわらず陽性を示す例は低かった



★胃ガンの病期 リンパ節への転移
ナシ 胃に接
した部分
胃を
養う
血管
部分









胃の粘膜にとどまる ⅠA ⅠB
胃壁の外側の表面に出ていない ⅠB ⅢA
胃壁の外側の表面に出ている ⅢA ⅢB
周囲の臓器に拡大 ⅢA ⅢB
肝臓・肺へ転移
5年生存率(患者4万人で)
[ⅠA]93.3%
[ⅠB]85.3%
[ Ⅱ ]68.6%
[ⅢA]46.6%
[ⅢB]27.4%
[ Ⅳ ] 6.7%






胃ガン発生率が高い地域
飲料水の硝酸塩濃度 

胃ガン発生率が高い地域は、飲料水に含まれる硝酸塩の濃度が高い地域と一致するとして、
ハンガリーのソボルナ・サトマル地区をあげている。


ここでは飲料水の硝酸塩濃度が0.3g/㍑。

化学肥料として使用される硝酸塩は土中にしみ込み地下水に混入する。


そこで、微生物の働きなどにより亜硝酸塩に変化(還元)される。この亜硝酸塩は天然のアミン(アンモニアの誘導体)と反応しやすく、ニトロソアミンが生成される。これが胃ガンの原因となる
(「毒のはなし」p58~)
 


日本海側に多い 国立がん研究センターが公表。

胃がんは秋田、山形、新潟、島根など日本海側に多く、男女ともに全国平均より多かった。


スキルス胃ガン
悪性胃ガン・・・カドヘリンが関与 

悪性の胃ガンに深く関わっている遺伝子を持つ家系を、ニュージランドのオタゴ大学がん分子研究所のリーブ教授らが見つけた。同国に住むマオリ族の6世代98人の大家族で、そのうち最近30年間に25人が胃ガンで死亡している。染色体を調べた結果、特定の遺伝子が変異を起こしていた。 


英科学誌ネイチャー(3/26日号)に発表された。
ある種のガン細胞の中には、この遺伝子が突然変異を起こしているものがあり、浸潤や転移に関係していると分かっていた。
 

しかし、正常な細胞中に存在し、親から子に遺伝する例が判明したのは初めて。 


この遺伝子が、ガンの進行だけでなく、最初の発生段階から関与していることを示唆している。
変異を起こしていたのは、カドヘリン遺伝子 

その結果、カドヘリンが正常に作られなくなる。 


カドヘリンはタンパク質の一種で細胞同士をくっつける「のり」の働きをする。
京都大の竹市雅俊教授が1980年代に発見した。
 

国立がんセンター研究所の広橋説雄副所長らのこれまでの研究で、悪性ガンの一種である『スキルス胃ガン』組織の細胞では、約半数の患者でカドヘリン遺伝子に変異が起きている。
リーブ教授の今回の研究で、カドヘリン遺伝子の変異が世代間で引き継がれていることが実証された。

今回見いだされたマオリ族の家系で、この変異遺伝子を持つ家族のうち約7割がスキルス胃ガンとなり、そのほとんどが40歳代で発症していた。 



発症する遺伝子
胃ガン患者の6割は細胞の増殖を抑えるブレーキ役の遺伝子に異常があることを、京都大学ウイルス研究所の伊藤嘉明前教授らが突き止めた。

体の細胞は一定の速度で増殖しているが、ブレーキが利かなくなると異常増殖して、ガン化するという。

5日発行の米科学誌セルに発表した。
初期から末期までの胃ガン患者計46人から採取した細胞を調べた。患者の約6割で消化酵素の分泌を促す「RUNX3」と呼ぶ遺伝子の活動が停止していた
 





糖鎖が抑制機能・・・・胃粘液から発見
2012年、胃粘液に含まれる特定の種類の糖鎖が胃ガンの発症を防ぐとする研究結果を、信州大医学部の中山淳教授の研究チームが2/6発表。

糖鎖は、糖質が鎖のように結合し、細胞表面にある生体分子。

胃の粘膜の深部から出る粘液に含まれる糖鎖に注目。
遺伝子操作により、「α結合型N-アセチルグルコサミン」という糖を含む糖鎖を無くしたマウスの胃と十二指腸との結合部で、生後5週間後から腫れができ、30週間後にガンを確認した。

胃ガン患者でも同じ糖鎖が減少していることが分かり、発がんを抑える機能があると結論づけた。
中山教授によると、胃ガンはピロリ菌による発症が9割以上とされており、同糖鎖がピロリ菌の増加を抑えることが別の研究で分かっている。




悪性胃ガンの血液診断法
千葉大学と東京医科歯科大学、北里大学の研究グループは、悪性胃ガンの血液診断法を開発し、2005年9/16、日本癌学会で発表。

血液1滴で内視鏡検査で見つからない早期の悪性胃ガンが発見できる。

今後は、大規模臨床試験で検査精度を高める予定。

開発したのは、若い女性に多い、進行が速いスキルス胃ガンなどの低分化型の胃ガンを見つける診断法。スキルス胃ガンはレントゲン検査や内視鏡検査では見つかりにくく、見つかった時にはすでに手術できない患者が6割に達する。また、手術しても5年生存率は15~20%と低い。

千葉大の根津雅彦助手と野村文夫教授らがスキルス胃ガン患者の血液を高性能な解析装置で分析、血液に含まれる6個のタンパク質断片が診断に使えることを確認。診断精度は90%

鼻から入れる『経鼻内視鏡』



胃ガン  スーパードクター     
福島紀雅
  • 山形県中央病院  (外科)
長南明道
  • 仙台厚生病院  (内視鏡)
佐野 武
  • 癌研有明病院 (外科)
山口俊晴
  • 癌研有明病院 (外科)
藤崎順子
  • 癌研有明病院 (内視鏡)
片井 均
  • 国立がん研究センター中央病院 (外科)
小田一郎
  • 国立がん研究センター中央病院 (内視鏡)
小嶋一幸
  • 東京医科歯科大学医学部付属病院 (腹腔鏡下手術)
後藤田卓志
  • 東京医科大学病院 (内視鏡)
北川雄光
  • 慶應義塾大学病院 (腹腔鏡下手術)
藤城光弘
  • 東京大学医学部付属病院 (内視鏡)
比企直樹
  • 癌研有明病院 (腹腔鏡下手術)
貝瀬 満
  • 虎の門病院
岩崎善毅
  • がん・感染症センター都立駒込病院 (外科)
松田 年
  • 駿河台日本大学病院 (腹腔鏡下手術)
円谷 彰
  • 神奈川県立がんセンター (外科)
南 康平
  • 小田原丹羽病院 (内視鏡)
桜木信一
  • 北里大学東病院 (腹腔鏡下手術)
梨本 篤
  • 新潟県立がんセンター (外科)
林 賢
  • 昭和伊南総合病院(長野県) (腹腔鏡下手術)
小山垣男
  • 佐久総合病院(長野県) (内視鏡)
小寺泰弘
  • 名古屋大学医学部付属病院 (外科)
伊藤誠二
  • 愛知県がんセンター中央病院 (外科)
宇山一朗
  • 藤田保健衛生大学病院 (腹腔鏡下手術)
寺島雅典
  • 静岡県立静岡がんセンター (外科)
小野裕之
  • 静岡県立静岡がんセンター  (内視鏡)
矢野雅彦
  • 大阪府立成人病センター (外科)
瀧口修司
  • 大阪大学医学部付属病院  (腹腔鏡下手術)
古河 洋
  • 近畿大学医学部付属病院 (外科)
藤谷和正
  • 大阪医療センター (外科)
今村博司
  • 市立豊中病院 (外科)
平塚正弘
  • 市立伊丹病院 (外科)
笹子三津留
  • 兵庫医科大学病院 (外科)
豊永高史
  • 神戸大学医学部付属病院  (内視鏡)
栗田 啓
  • 四国がんセンター (外科)
二宮基樹
  • 広島市立広島市民病院 (外科)
岡 志郎
  • 広島大学病院  (内視鏡)
永井英司
  • 九州大学病院  (腹腔鏡下手術)
長浜 孝
  • 福岡大学筑紫病院  (内視鏡)
北野正剛
  • 大分大学医学部付属病院 (腹腔鏡下手術)


術前化学療法
  • 手術前に投与することで根治性を高める
  • 手術の数ヶ月前から抗ガン剤を投与。


術後補助化学療法
  • 再発リスクの低減が目的
  • 術後1年間、TS-1を内服するのが標準治療

内視鏡手術
  • 内視鏡手術の対象は、リンパ節に転移している可能性がほとんど無い大きさが2cm以下の早期がん
  • EMR(内視鏡的粘膜切除術)
    • 腫瘍を特殊な鉗子でつまみ上げ、その根元を高周波電流で焼き切る
    ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)
    • 粘膜内の腫瘍に電気メスを入れて粘膜下層から剥離する。
    • 粘膜をまとめて剥がす。
    • 2cmを超える大きさでも可能。

ダヴィンチ (手術ロボット)を使った手術
  • 2014年9月、先進医療として承認された。

外科手術
  • 縮小手術 胃の2/3未満を切除する外科手術
    定型手術 胃の2/3以上を切除する
    拡大手術 定型手術+他臓器切除
    術前化学療法 抗がん剤治療後に手術
    術後化学療法 外科手術+術後補助抗がん剤治療
    「胃がん治療ガイドラインの解説」金原出版

拡大手術・・・生存率に差なし
  • 兵庫医科大学の笹子三津留教授らは、進行性の胃ガン手術の治療成績をまとめた。標準的な治療であるリン節切除と、大動脈近くまで広い範囲で切り取る『拡大手術』を比べた。その結果、生存率に大きな差はなかった。
    成果は、2008年米医学誌ニューイングラド・ジャーナル・オブ・メディシンに発表。
    進行性の胃ガン手術では胃の周辺にあるリンパ節に転移する恐れがあり、胃とリンパ節の一部を切除する治療が一般的。
    切除する範囲に関して大動脈近くまで切除すべきだとする意見もあって議論が続いていた。
    笹子教授らは国立がんセンターなど24施設の1995~2001年の間に治療を受けた患者約500名の5年生存率を比較した。
    標準手術・・・69%
    拡大手術・・・70%
    と差が無く、ガンが再発する場所などにも違いが無かった。




併用療法
進行期の胃ガン(多剤併用療法)
①[5-FU]+[アドリアシン]+シスプラチン
②[ファルモルビシン]+[5-FU]+シスプラチン 

「ゼローダ」(中外)+「エルプラット」(ヤクルト)の併用
  • 切除不能な進行・再発胃がん。
  • 胃がん術後の補助化学療法(2015年~)。
「オキサリプラチン」
  • 2014年、点滴投与薬として承認された。

「トラスツズマブ」(ハーゼプチン)
  • 分子標的薬
  • ガン細胞を増やすタンパク質「HER2」と結合する。



温熱療法
2013年、愛媛大学発ベンチャーのアドテックは、胃がんや肺がんの治療器具を開発した。 


注射針の先端んき小型ヒーターを仕込んで、熱でガン細胞を死滅させる仕組み。 

体内に刺して、患部に60℃前後の熱を与えられる。
  • 5年後の実用化を目指す。






ガン幹細胞
2012年、慶應義塾大学の佐谷秀行教授と永野修講師と国立がん研究センター東病院の大津敦臨床間髪センター長らは、年内にも胃癌患者の臨床研究を始める。

ガン幹細胞はその表面に特殊なポンプを持っていて、既存の抗がん剤の攻撃をかわしていた。

そこで、マウス実験で炎症を抑える薬「スルファラジン」と抗ガン剤を一緒に投与。ポンプの働きをしていたタンパク質(CD44V)の働きを抑え、ガン幹細胞が死滅しやすくなった。増殖だけでなく、転移や再発も抑えられた。 


2013年4月に、慶応大学などは胃がん患者を対象に、ガン幹細胞に効く薬の臨床研究を国立がんセンター東病院など4施設で始めた。 




胃ガンにもガン幹細胞
2009年、東京医科歯科大学の深町博史講師らは、胃ガンにもガン幹細胞があることを確認した。 


2010年、慶應義塾大学医学部の佐谷秀行教授と永野修助教は、胃ガンの増殖に関わる「ガン幹細胞」が働く仕組みを解明した。
幹細胞の表面のタンパク質が活発に働いて、ガン細胞の増殖を促していた。
成果は日本癌学会で発表。
佐谷教授らは肝細胞の表面の「CD44」というタンパク質に注目。 


CD44は通常のガン細胞ではなく、ガン幹細胞だけを選んで付随している。 

ガン幹細胞が活性酸素に強い耐性を持っているが、CD44にあることを解明。 

CD44がある細胞ではガンの増殖を抑える「p38」というタンパク質の働きが弱くなっていた 
p38は細胞内に活性酸素があると働き、ガンの増殖を抑える。 

CD44は細胞内に抗酸化作用のある物質を取り込み、p38を働かないようにしていた。

活性酸素でガン細胞が死んでもガン幹細胞は生き残る。

その原因が「シスチン」というアミノ酸を細胞内に取り込み、抗酸化物質に変換するのとで、CD44がガン幹細胞を守っていた。 


胃ガンマウスでCD44の働きを抑えるとp38が活性化し、腫瘍が小さくなることを確認。


胃ガンの民間療法
アカメガシワ・カワラタケ・サルノコシカケ・ジュズダマ・タラノキ・ツルナ・フジ・ヒシ・マタタビ・リンドウ 

ニンニク 

緑茶
  • 静岡県の緑茶産地で、胃ガン死亡率が全国平均より極端に低いことから、緑茶には抗ガン作用や消化器系の発ガン抑制に効果がある、との研究報告もある



胃がんの漢方薬
①茵蔯五苓散 


烏頭赤石脂丸 


栝楼薤白半夏湯 


黄連湯 


九痛丸 


小建中湯
  1. 60歳男性。上諏訪の赤十字病院で、胃ガンの末期だと診断され、嫁にいっている娘を頼って上京し、東京大学の付属病院でも診てもらったが、ここでもガンの末期だから、レ線で調べる必要もないと言われ、患者はすっかりしょげこんでいた。
    患者は、痩せて血色も良くない、腹診してみると、腹壁一体が板のように硬い。主訴は、激しい胃痛と嘔吐で、吐物には血液様のものが混じっている。また大便には肉眼で分かるほど血液が混じっている。私は胃ガンよりも胃潰瘍を疑ったが、とにかく腹証によって人参湯を与えた。ところが少しも効かないので大建中湯に転方したが、これも駄目、そこで旋覆代赭湯をやてみたが、一向に痛みは止まらない。こんな風だから、患者は東京で有名な某胃腸病院を尋ねた。ここではレ線検査もしてくれたが、幽門ガンだという診断を下し、入院の必要はないと宣告したという。
    そこで、この患者はまた私を訪れ、今一度、何とかして欲しいという。
    私は考えた、《傷寒論》には、“嘔家には建中湯を与うべからず”とあって、嘔吐の有る者に小建中湯を用いてはならないことになっている。しかし、もうこうなっては、背水の陣だ。小建中湯を与える以外に方法はないと決心し、これを与えた。すると不思議なことに、胃痛が止まり、嘔吐が病み、血便も無くなり、2週間後には、あんなに苦しんだ症状がすっかりとれ、1ヶ月ばかりで元気を取り戻して信州に帰った。《大塚敬節》


旋覆花代赭石湯
  1. 半夏瀉心湯を用いる患者よりも、体力が衰え、心下痞硬食欲不振噫気のある者に用いる。
  2. 胃腸の蠕動不安、軽い腹痛、嘔吐を伴う者に用いて良い。
  3. また胃ガンの患者で、体力の衰えた者の便秘にも、本方はよく効く(漢方診療医典)


大烏頭煎 


大黄甘草湯 


大承気湯 


調胃承気湯 


半夏瀉心湯
  1. あまり体力の衰えていない患者で心下痞硬食欲不振、悪心などのある者に用いる、もし噫気の多いときは、生姜瀉心湯を用いたほうがよい。
    幽門ガンの患者に、半夏瀉心湯を与えたところ著効があって、2ヵ年あまりも生き延びた例がある。その患者を診たときは、発病10ヵ月ほどたっていて、幽門はほとんんど塞がっていたが、手術の予後の良くないのを知っている患者は、漢方治療を希望して来院した。そこで心下痞硬と心下部の鈍痛を目標に半夏瀉心湯を与えたところ、食が進み、心下のつかえが取れ血色も良くなり、肉がつき、治ったのではないかと思うほどによくなった。このようにして、レントゲン検査では依然としては消えていないにの、患者は病気を忘れて、2カ年あまり仕事をしていた。(漢方診療医典)


半夏地楡湯 


茯苓飲 


利膈湯 


六君子湯
  1. 病気が進行して、食欲が無くなり、悪心嘔吐、貧血、浮腫のあるものに用いると、食欲が出て、気力が回復する。
    これを用いて、床を払って、外出できることができるようになる者もいる。また手術後、再発した者に用いて、一時軽快するすることもある。癌そのものは、良くなっていないのに、一時的であるが、自覚症状がよくなり、元気になる(漢方診療医典)
  2. 食欲不振、心下部疼痛、衰弱した者《矢数道明》


胃ガン切除後の消化器症状に用いる漢方薬
四君子湯
  • (胃もたれ、上腹部不快感)


十全大補湯
  • (術後の回復)


人参湯
  • (心窩部抵抗)


半夏瀉心湯 


茯苓飲
  • (胃部振水音)


補中益気湯

六君子湯
  • (胃もたれ、上腹部不快感)


関連情報 スキルス胃癌ガンガン幹細胞







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査