ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



いじめ



情報TOP



ミルグラムのアイヒマン実験
・・・権威への服従

第二次世界大戦中、ヨーロッパでは約600万人のユダヤ人が強制収容所で虐殺された。

1960年、当時ゲシュタポのユダヤ課長であったアドルフ・アイヒマンは亡命先の南米ブエノスアイレスで逮捕され、イスラエルで裁判を受けた。

判決は死刑。そして1962年5月に、刑は執行された。

彼は裁判中
「私はただ上官の命令に従っただけだ」と一貫して主張し続けた。


法律的にはともかく、心理学的には、彼の主張には一片の真理があった。それを示したのがミルグラムの実験である。

ミルグラムは新聞を通じて「記憶に及ぼす罰の効果」に関する実験に参加してくれる被験者を募った。


被験者はごく平凡な市民である。

実験は、
  1. 2人の被験者が実験室にやってくると、それぞれ生徒と教師の役を指定させた。
  2. 生徒役はイスに縛り付けられ、手首に電気ショックを送るための電極が取り付けられた。
  3. 一方、教師役は隣の部屋でショック送電器を操作するように言われた。
  4. 送電器には30個のスイッチがあり、それぞれ電圧と電圧に対するショックの強さが前もって表示されていた。
  5. 実験は生徒役に対連合学習を行わせ、生徒役が誤った答えを出すたびに、一段づつ強いショックを与えるように教師役に要請した。

この実験で生徒役になったのは実は実験協力者であり、それぞれの強さに応じて痛がったり、実験の中止を訴える演技をするように指示されていた。

また、実験者は教師役がショックを送ることをためらった時には、実験のためにショックを送り続けるように要請した。


常識的に考えればたとえ、実験のためとはいえ、200ボルト以上のショックを与えることは人を傷つける恐れがあり、人道的にためらわれるところであろう。
ところが、実際には教師役になった被験者の62.5%が最大450ボルトのショックまで与え続けたのである。



この結果は、
平凡な一般市民であっても、権威ある者からの命令に接すると、たとえ、不合理な命令であろうと、みずからの常識的な判断を放棄して、その命令に服従してしまうことを示している



 言い返す言葉覚え・・・強くなる
「小学4年生の女の子が友達を突き倒し、大けがをさせてしまった“事件”があった。
彼女はクラスの中でいじめにあっていた。
  「のろい」
  「一緒に遊んでもつまらない」
  「うざったい」
というのがいじめる側の理由だった。
母親は、何かと娘がクラスメートたちと交われるようにと、誕生会にいじめ側の子供たちも招くことにした。夜遅くまでかかって母親と一緒に作った招待カードを渡しながら、母親から教えられたとおり女の子は言った。「お誕生日会に来てね」。
しかし相手の少女から返ってきた言葉は「や・だ・よ」だった。そしてその子はカードをこれ見よがしに捨てた。女の子はどう言ってよいか分からず黙って立ったままだった。それから急に目の前の女の子を両手で突いたのである。不意を突かれた少女はそのままコンクリートの廊下に仰向けに倒れ後頭部を強打した・・・。これが“事件”のあらましである。

ほかにどんな方法があっただろうか。「そんなこと言わないでおいでよ。○○ちゃん、来ないとつまんないよ」とあくまでもお願いする、
「へっ、あんたなんか来なくていいよ」と悪態をついてやる。
さっと無視して別な友達の所へ行ってしまう・・・。
女の子はいずれの方法も取ることが出来なかった。ただ怒りだけがあった。
自分がどのように言い返したら良いか困ってしまいそうな場面が描いてある一コマ漫画。吹き出しの部分には何も書いていない。「こんな時どんなふうに言い返したらよいだろう?」。女の子と一緒に考えてみる。とっさには出てこない言葉でもゆっくり考えてみるといろんな言い方が思いつく。それらの「せりふ」を漫画の中に書き入れ、それを台本にしてロールプレイング(役割演技)をする。これまで言ったことのない言葉も使ってみる。次に役割を交換してやってみる。彼女が「いじめ役」、私が「いじめられ役」である。

こうしたロールプレイングを繰り返すうちに、彼女はこれまでの自分のボキャブラリーにはなかった表現を、たくさん身につけていった。表現が変わると人間関係も変わっていく。
はっきり言い返す言葉を獲得した彼女は、いじめをはね返すようになっていった




 A少年と祖母の愛情
祖母の死後、A少年の行動が変わったと言われる。
少年にとって祖母はどのよ うな存在だったのか?
8年前、連続養女誘拐殺人の犯人として逮捕された宮崎勤もおじいちゃん子だったと言われる。彼もまた祖母の死後、行動が著しく変わるのである。それまで暴力などふるったことのない彼が、妹の髪をつかんで引きずり回して殴ったり、祖父の形見分けをしていた親族たちに“出て行け”と怒鳴り散らしたりする。父の髪の毛をつかんで車のドアの何回も頭を打ち当てた、とも報告されている。彼自身は、昏睡状態の祖父を見て“どうしようか、どうしようか”とオロオロし、“気が付いたら、ころっと感情を失ってしまった”と述べている。
祖父は宮崎勤にとってどんな存在だったか。彼は幼い頃から、手の障害について悩んでいた。外見的には変わらないが骨の異常のため、手のひらをクルッと回す「ちょうだい」の動作が出来なかったのである。人が何かあげようと近寄ってくると、彼の心はこわばってしまう。どう受け取ったらよいか分からない。買い物も釣り銭のないように神経を使う。しかし幼稚園では手首をくるくる回したり、手を取り合って踊るお遊戯があり、そのたびに相手の手を払いのけたりしながら、彼は友達のいない「変な子」になっていくのである。
  しかし、両親は我が子がそんなに悩んでいるとは全く気付いていなかった。彼も話さなかった。彼が心を許したのは祖父ともう一人、両足が不自由で軽度の精神遅滞のあった使用人だけだったと言う。幼い頃一番よく遊んだのは?という問いに、「おじいさん」と彼は答えている


チェック
PTSD」「性犯罪被害」「少年犯罪の心理分析」「子供をいじめる」「キレる





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬