ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




胃潰瘍



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





胃潰瘍消化性潰瘍)の漢方薬
1>安中散
  1. 本患者は3年前にもしばしば胃痙攣を繰り返し、毎月1回1週間ぐらい臥床することが半年ほど続いた。右臍傍に拇指頭大の硬結様抵抗を触れ、家族歴に胃ガンや子宮ガンが数人出ているので3回レ線検査を受け、わずかに幽門部の通過障害があり、胃液検査の結果、酸欠乏症を起こしているので充分癌腫の疑いがあるので、試験開腹を勧められていた。当時私は五積散や香砂六君子湯などを与え、服薬3月ほどで 痙攣もなくなる。体重が10kgも減少したのを完全に取り戻し得た。このたびの初診時の訴えは約10日ほど前から再び心下部疼痛が始まったが、以前のように七転八倒する痛みではない。朝起きる頃や、食後1時間ぐらいに痛むという。疼痛は左臍傍に、絞め付けられるように痛み、30分ぐらいジットして耐えて寝ていると解消する。
    診候、体格は普通。栄養はやや衰え、顔色はそれほど悪くはないが元気なく、顔貌苦悶状である。皮膚筋肉弛緩し軟弱、心下水分の辺りから左臍傍天枢穴の辺りにかけて著明な動悸を触れ、左臍傍において動悸の処を按すと痛む。疼痛もこの場所に起こるという。疼痛が起こると左の背及び腰にも波及する。食欲は悪くはないが、食後の苦しみが予想され、恐ろしくて摂れない。大便1行で、嘔吐も恷Gもない。胃内停水を認める。
    経過、脈状や腹候によれば脾胃の虚、停痰の症である。現代病名では慢性胃炎か胃潰瘍であろう。小野寺氏圧痛点は陽性で膝の下まで放散する。前回にならって五積散や加味平胃散、次いで香砂六君子湯を与えたが効果がない。このような虚証の慢性胃潰瘍の痛みに苓桂甘棗湯の有効だったことを思い出してこの方に変えたところ、やや好転したが、即効とまではゆかない。そこで安中散茯苓に転方すると10日の服薬で痛みの大半が消失した。引き続き1ヶ月の服薬でほとんど全治廃薬した。《矢数道明》
  2. 胃痛があり、口に水が上ってきたり、胸やけがしたりするものに用いる。患者は冷え症で、腹に力なく、臍部で動悸が亢進し、脈にも力のない者を目標とする。本方を用いてよい患者には、甘味を好むものが多い。(漢方診療医典)

2>黄連解毒湯甘草
  1. 比較的体力があり、暑がりで平素からのぼせ気味の人に《山田光胤》

3>黄連湯

4>加味逍遥散

5>甘草湯

6>五苓散

7>柴胡桂枝乾姜湯

8>柴胡桂枝湯


  • 49歳の男性。
    「10数年来胃下垂と言われていた。1ヶ月前から病状が悪化し、会食後と空腹時に鳩尾が痛み、全身がだるく、起立時にめまいがして、左胸部と背部に痛みが放散するという。口の中にツバがたまり、胸焼けがあり、腹がゴロゴロ鳴る。胃は骨盤まで下垂しているという。
    レントゲン検査をすると、胃の上部と十二指腸に潰瘍があり、潜血反応が陽性であった。診察すると、鳩尾のあたりではっきりした圧痛があり、腹直筋に軽い緊張があるが、腹全体はへっこみがちである。全身が衰弱しており、手術が勧められた。
    はじめ堅中湯呉茱萸牡蛎を与えてみたが、あまり好転せず、柴胡桂枝湯牡蛎小茴香とし、摂生に注意したところ諸症状が好転し、5ヶ月間服用したあとで再検査したところ、手術の必要なしと言われた。」《矢数道明》
  • H2ブロッカー使用時の回復期に使える。


9>三黄瀉心湯

10>四逆散

11>四君子湯
  1. 50歳あまりの男子で、
    2ヶ月ほど前から胃潰瘍の診断で治療を受けているが、いまだに少量ずつの出血が止まず、食欲もなく、次第に体力も衰え、歩行にも困難を感じるようになった。私が往診した時は、顔は青ざめ、下肢には浮腫が有り、舌は米粥を塗ったように白く、脈は遅弱で、1分間に52至という状態である。腹部は軟弱で陥没し、臍部で動悸をふれる。腹部には自発痛はないが、心下部にやや抵抗があり、軽い圧痛がある。大便は3日〜4日に自然便があり、軟い。肉眼では、それとは見えないが、潜血を証明する。5月だというのに、足が冷たく湯たんぽを入れている。起きあがろうとすると、めまいがくる。
    こんな状態だから、私は胃ガンを疑った。そして予後を心配しながら、四君子湯を与えた。ところが、ころを飲み始めると、食欲が出る、浮腫が去る。元気が出る。出血もなくなる。そして2ヶ月後には外来として電車で1時間あまりのところから通院出来るようになった《大塚敬節》

12>四物湯
  1. 胃潰瘍の出血:
    • 「小柴胡湯」
    • 「黄連解毒湯」
    • 「三黄瀉心湯」
    • 「四逆散」

13>梔子甘草黄連湯

14>小建中湯

15>清熱解欝湯

16>旋覆花代赭石湯

17>大柴胡湯

18>当帰湯
  1. 冷え症で、血色悪く、腹壁の緊張が弱く、脈も遅弱の患者で、痛みが心下部から胸に放散し、それが背にまで抜けるような者によい。
    肋間神経痛とか、狭心症 というような病名がつけられている患者に本方で治るものがある(漢方診療医典)

19>桃核承気湯

20>当帰湯

21>人参湯
  1. 腹壁うすく、心窩部拍水音<強>
  2. 心窩部の腹筋緊張
  3. 食欲不振・下痢・手足冷・低体温傾向
  4. 体力が低下した虚弱体質の人で、顔色がさえず、また冷え症ぎみの人に《山田光胤》

22>半夏瀉心湯
  1. 体質中等度
  2. 上腹部緊張・胃部膨満感
  3. 腹鳴下痢
  4. 潰瘍の再発防止にも

23>平胃散

24>六君子湯
  1. 体質やや虚弱
  2. 腹部軟弱・心窩部振水音
  3. 食欲不振・胃もたれ・嘔気








・胃の内壁は精油類で容易に損傷を受けます。

・精油はたとえ希釈したものであても、それを経口的に摂ることは止めましょう。

・精油は皮膚から吸収させるほうがより効果的です。



<1>レモン色
<2>藍色



○アイ・アカメガシワ・アマドコロ・イワタバコ・ウシ・オオイヌタデ・カニ・キンミズヒキ・クサノオウ・ゲンノショウコ・サルノコシカケ・ジャガイモ・ジュズダマ・ジュンサイ・シラン・スベリヒユ・タケニグサ・タラノキ・タンポポ・ツルナ・トロロアオイ・ナスビ・ノビル・ハス・ホウセンカ・ヨモギ・ワレモコウ。
胃潰瘍とコウジン



漢方治療では、胃潰瘍と十二指腸潰瘍の区別を必要としない
(漢方診療医典)





胃かいよう(胃潰瘍)
消化性潰瘍 peptic ulcer

胃が空のときは[pH1]の酸性であるが、食べ物が入るとpHが7の中性近くなったり様々に変化する

ストレスが溜まると
胃液の分泌が止まったり、逆に過剰に分泌されたりする。
胃液に含まれている食べ物のタンパク質分解酵素[ペプシン]は[pH3.5]で最もよく働くので、胃酸が少なくても、又多すぎても作用しなくなり、消化不良下痢腹痛の原因となる。



胃液が出過ぎると、胃の粘膜を侵し、消化性の潰瘍となる。

潰瘍が出来る原因
  1. 心配事・不安などの精神的ストレス。「心身症
  2. ピロリ菌 ・・・70〜80%
  3. NSAIDs(エヌセイズ)による副作用

(副作用で胃潰瘍になる)

[ガスター」「タガメット」「ダントリウム」「ニューロタン」「プレドニン」「ポンタール」「ロキソニン





潰瘍の主な症状としては
  1. みぞおち(鳩尾)を中心とした胃部の痛み吐血胃酸過多
  2. 一般に、
    胃潰瘍では・・・・・・・・・・・食後に、
    十二指腸潰瘍では・・・・・
    • 空腹時に痛むことが多いと されています
  3. また、痛みの他に胃部圧迫感・胸やけげっぷなどの症状もありますが、全く自覚症状の無い場合もあります


診療ガイドライン


胃潰瘍は最近の研究で、ヘリコバクター・ピロリ菌や一部の鎮痛薬の副作用で発症することが多いことが明らかになってきた。

ガイドラインは「傷ついた胃壁を修復する」として国内で広く使われている約20種類の薬について、3種類以外は「効果を示す明確な根拠がない」として否定、これに代わる治療手段として「ピロリ菌の除菌」を採用した。
今までは医師のさじ加減で、有効性に疑問がある薬が使われるなど、国際的に確立された“根拠のある治療法”からかけ離れていた


夜中から朝にかけて発症しやすい

その理由は、胃酸の分泌が夜多く、朝少ないからです。
(田村康二著「病気の時刻表」p21)




うつ病で
A子さんは胃潰瘍で入院、退院してからもスッキリしない日を送っていた。家族のすすめで病院に行くと、「うつ病」と診断された。薬を飲み始めたら、ずいぶん楽になった。
  ・眠れない、
  ・食欲がない、
  ・やる気が起きない、
  ・食事を作る事が出来ない、
  ・何をしても楽しくない、
  ・死を考える・・・。
他の病気がないのに、2週間以上こんな状態が続き、生活や仕事に支障が出るようなら、受診しよう。→「うつ病






男に多く、40才代に最も多い
胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、発生する場所は違いますが、その症状などにおいて共通するところが多く、両方が同時に存在することもあります。

欧米では十二指腸潰瘍が圧倒的に多いのに、日本では胃潰瘍が非常に多い。
なぜこのような差があるのかよく分かっていない。
胃潰瘍は・・・酸の関与が比較的少なく、
十二指腸潰瘍は・・・酸の関与がより大きいというのが、定説だが





「カルパイン8」「カルパイン9」・・・酵素で予防
2010年、東京都臨床医学総合研究所などのチームは、胃の中で胃潰瘍や胃のただれなどを予防する酵素を発見した。
アルコールや塩分、ストレスなどで胃の粘膜が傷ついても修復する。
この酵素の働きには個人差がある。

研究チームは、人の体で胃だけに見つかる[カルパイン8][カルパイン9]という酵素に注目。

これらの酵素を作れなくしたネズミに、アルコール濃度を40%に高めた溶液を飲ませた。胃の様子を観察したところ、胃の粘膜が剥がれ、胃壁の組織が壊れて出血、胃潰瘍のような状態になっていた。
一方、酵素を普通に作れるネズミは、高濃度のアルコール溶液を飲ませても、胃はほぼ正常だった。
「カルパイン8」「カルパイン9」がアルコールなどで傷ついた粘膜を修復している可能性が高いという。
両酵素を作る遺伝子配列は個人によって微妙に異なる。酵素の効き方の弱い人と強い人と考えられる。都臨床医学研の反町洋之参事研究員は「酵素の効き方を検査して胃潰瘍になりやすさを診断できる可能性がある」という。
成果はプロス・ジェネリックス(電子版)に7/30掲載




口内細菌が胃潰瘍の予防に役立っている
スウェーデンのウプサラ大学は、ある種の口内細菌が胃潰瘍の予防に役立っていると報告。
この細菌は食事で野菜を食べたときに『硝酸塩』という植物成分を有用な物質に替える働きをしているという。

[ハツカダイコン]や[カブ]の一種に含まれる硝酸塩が口内細菌の作用で亜硝酸塩という物質に変わる。

唾液に含まれた亜硝酸塩と胃液が混じることで胃の粘膜を保護する」

口腔洗浄剤の多用はよくないようだ。






うそ発見器・・・胃の筋電図
2005年、米テキサス大学の研究官らは、胃の働きに伴う微弱な電気を計測する筋電図を使って、その人が嘘を言っているかどうか判断できることを発見した。
心電図などを使った既存のポリグラフに胃の筋電図を加えれば、精度を高められる。
16人の健常者に、胃の筋電図と心電図を同時に取りながら質問に答えてもらった。
ウソとつくときは心拍数が増えると共に、胃の筋電図にも明確な変化が見られた。
ストレスを感じると中枢神経系が腸壁神経系に作用し、消化器官に影響を与えるためとみられている。




胃潰瘍の西洋薬  消化性潰瘍治療薬
ファモチジン
(H2ブロッカー)
ガスター
テプレノン セルベックス
シメチジン タガメット
飲み合わせ
「胃潰瘍の薬シメチジンには、カフェインの解毒作用を止める働きがある。
コーヒーと一緒に飲むと、吐き気がしたり、気分が悪くなったりする。
塩酸ラニチジン ザンタック
アズレンスルホン酸ナトリウム マーズレンS
スルピリド ドグマチール
塩酸セトラキサート ノイエル
ランソプラゾール タケブロン
オメプラゾール
(プロトンポンプ阻害剤)
オメプラール」「オメブラゾン」






H2ブロッカー
副作用で12人死亡

「胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療薬、『ヒスタミンH2受容体拮抗剤』(H2ブロッカー)の副作用で、重い血液障害を起こす例が相次いで報告されていることから、厚生省は27日、医薬品副作用情報に記載し、医師らに対し改めて注意するように呼びかけた。94年9月以降、同省に報告された副作用例は136件にのぼり、内12例が死亡している。
ただ、死亡した患者の大半は肝障害など重い疾患を持ちその上に胃潰瘍などを併発していた。
H2ブロッカーは胃酸分泌を抑制する作用を持つ胃潰瘍治療で柱になる薬。81年にシメチジンが承認されたのを始め、塩酸ラニチジン・ファモチジン・塩酸ロキサチジンアセタート・ニザチジンの5薬が製造され、年間出荷額は薬価ベースで計約1613億円。同薬の使用対象となる患者は全国で約216万人いる



胃には食事だけでなく、細菌など病原微生物も入ってくる。胃液は病原体も攻撃し、病気から体を守る感染防御機構を兼ねている。ただし胃液が出過ぎると胃の粘膜も攻撃する為、胃潰瘍が出来やすく、また治りにくくなる。
H2ブロッカーは血中に入って作用し、胃酸の分泌を抑えて胃潰瘍の治りをよくする。Hは
ヒスタミン の意味。
通常の抗ヒスタミン剤はH1を抑制し、花粉症のクシャミや鼻水を止める。
逆に、H2ブロッカーで胃酸の濃度が下がると、胃中の細菌が増えて感染も増えるという問題がある。又、他の感染防御機構、例えば白血球を作り出す骨髄や、免疫で重要な役割をしているリンパ球の働きも抑えてしまう。
だから腎臓や肝臓が悪くて抵抗力が弱っている人は副作用が出やすい。
病原性大腸菌O-157などによる腸炎でも胃の痛みから始まるが、これにH2ブロッカーを使用すると腸炎が重くなる危険がある。
高齢者では痴ほう症状が、ケイレンの素質がある人はそれが起きやすくなり、一般薬としては問題があると考える





喫煙が再発招く
嗜好品と潰瘍には深い関係がある。

私たちの研究では、喫煙は明らかに胃粘膜血流を低下させる。このため、少なくとも急性胃粘膜病変の直接的な原因になりうる。
また、十二指腸潰瘍が治癒した後に、喫煙者と非喫煙者にそれぞれH2-ブロッカーと偽薬を投与して、再発率を調べた疫学的調査では、当然ながら非喫煙者でH2-ブロッカーを投与された群が最も再発率が低く、喫煙者で偽薬を投与された群の再発率が最も高かった。さらに喫煙により再発抑制効果が打ち消されるという結果になっている。潰瘍の患者さんは喫煙を控えるべきである。
私たちの調査では、胃潰瘍と喫煙、ピロリ菌との関係では、ピロリ除菌により再発は約1/10に低下するが、このうち再発したのは喫煙している人が圧倒的に多かった。完全に再発を防止するには、除菌した後に禁煙する必要がある。」
(川野淳・大阪大学医学部保険学科・病態生体情報学教授)サイアス99/8p48





たばこ吸う人は・・・感染・・・続きやすい
胃潰瘍や胃ガンとの関係が注目されている細菌『ヘリコバクター・ピロリ』は、タバコを吸っている人の胃のなかで細菌感染しやすいことが愛知県がんセンター研究所疫学部の浜島信之室長らの調査で分かった。10日から横浜市で始まった日本癌学会で発表した。従来、喫煙者は非喫煙者に比べて胃ガンの死亡率がやや高いと指摘されており、ピロリ菌と胃ガンとの関係が改めて論議を呼びそうだ。
浜島室長らは同センターの受信者を対象に、ピロリ菌の抗体検査とともに食事など生活習慣に関するアンケートを実施。50代・60代を中心にした男性63人から結果が得られた。
その結果、タバコを吸っている人27人のうちピロリ菌感染者は26人(96%)、吸っていない36人のうち感染者は26人(72%)で、喫煙者は感染率が高かった。食生活や飲酒とピロリ菌感染率との関係も調べたが、はっきりした結果が出たのは喫煙だった。女性では喫煙者数が少なくて比較出来なかった。
ピロリ菌は子供の頃に経口感染して大人になっても感染が続くとされる。浜島室長は「子供の時に感染しても、その後、抗生物質などで細菌が死ぬこともある。子供の時は非感染者も同様に感染していたと考えられ、喫煙者は感染が持続しやすいことを示しているのではないか」と話している。
胃潰瘍患者はピロリ菌を除菌すると再発防止に役立つという報告がある。胃ガンとの関係では、患者はピロリ菌の感染率が高いといいう報告があるものの因果関係はまだはっきりしない。ただ、国立がんセンターなど疫学調査で喫煙者の胃ガンの死亡率(男性)は非喫煙者の約1.45倍という報告があり、浜島室長は「ピロリ菌は関係を解く糸口になるのではないか」とみている








関連情報 胃潰瘍の漢方薬
潰瘍」「消化性潰瘍」「十二指腸潰瘍
萎縮性胃炎

慢性胃腸病横隔膜下膿瘍
診療ガイドライン」「喫煙」「心身症
乳房が大きくなる」「ステロイドの副作用
ウコン」「田七
紅参









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査