ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



インデラル



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





(β遮断剤)血圧降下剤 広告





β-受容体遮断薬
一般名 塩酸プロプラノロール
商品名: 「アイデイトロール」「インデラル」「インデラルLA」「塩酸プロプラノロール」「サワタール」「サワタールLA」「シンプラール」「ソラシロール」「タグ」「ノルモテンス」「プルノーマ」「ヘルツール」「メントリース」「ラビノーゲン」




1.褐色細胞腫手術時
2.期外収縮
3.狭心症
4.新鮮心房細動
5.洞性頻拍
6.発作性心房細動の予防
7.発作性頻拍の予防
8.頻拍性心房細動
9.本態性高血圧症
10.麻酔に伴う不整脈





1.うっ血性心不全
2.気管支ケイレンの恐れがある者。
3.気管支喘息の恐れがある者。
4.高度の徐脈
5.心原性ショック
6.代謝性アシドーシス
7.洞性ブロック
8.糖尿病性ケトアシドーシス
9.肺高血圧による右心不全
10.房室ブロック





が必要
1.うっ血性心不全の恐れがある。
2.甲状腺中毒症
3.高齢者
4.重篤な肝障害
5.重篤な腎障害
6.長期絶食状態。
7.糖尿病でコントロールが不十分な者。
8.特発性低血糖症
9.末梢循環障害



1.アジマリンで心機能が過度に抑制される。
2.アドレナリンとの併用で血管収縮・血圧上昇・徐脈になる。
3.エーテルで交感神経が過剰に抑制される。
4.カルシウム拮抗薬で相互に作用増強。
5.クロニジン投与中止後のリバウンドが増強される。
6.ジソピラミドで心機能が過度に抑制される。
7.血糖降下薬の作用が増強する。
8.プロカインアミドで心機能が過度に抑制される。
9.レセルピンで交感神経が過剰に抑制される。




中毒 ○治療有効納所範囲:
トラフ値・・・・・30〜100ng/ml


○中毒症状
頭痛
めまい
ふらふら感
悪夢
気管支ケイレン
喘鳴




妊婦への影響 緊急時のみ投与可能。
授乳を中止する。
小児への影響 安全性は確立されていない。



インデラル副作用(五十音順)

1.息切れ(労作時)
2.うっ血性心不全
3.嘔吐
4.肝障害
5.気管支ケイレン
6.胸内苦悶
7.胸部に不安感
8.胸部に不快感
9.血小板減少性紫斑病
10.血小板非減少性紫斑病
11.下痢
12.幻覚
13.口渇
14.呼吸困難
15.上腹部不快感
16.徐脈
17.食欲不振
18.頭痛
19.喘鳴
20.低血圧
21.不眠
23.ねむけ
24.吐き気
25.腹部ケイレン
26.ふらつき
27.便秘
28.房室ブロック
29.発疹
30.末梢動脈の血行不全
31.無顆粒球症
32.めまい
33.抑鬱
34.涙液分泌減少




関連情報 (β遮断剤)血圧降下剤






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査