ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



インドメタシン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




抗炎症薬
一般名 インドメタシン(非ステロイド性抗炎症薬)
商品名 「インダシン」「インテバン」
作用機序 プロスタグランジン生合成阻害作用から鎮痛効果と解熱作用を有する
使用目的 消炎鎮痛の目的で用いる。
[リウマチ性関節炎][痛風][強直性脊椎炎]に良く用いられる
効能・用途
関節リウマチ
顎関節症
変形性関節症
変形性脊椎症
腰痛症
痛風発作
肩甲関節周囲炎
急性中耳炎
症候性神経痛
膀胱炎
前立腺炎
歯痛
歯槽骨膜痛
解熱
手術後及び外傷後の炎症・腫脹の寛解
急性上気道炎の解熱・鎮痛




禁忌 消化性潰瘍(消化管への直接刺激作用と、プロスラグランジン合成阻害作用によって胃粘膜防御能が低下する)
重篤な血液異常
重篤な肝障害
重篤な腎障害
重篤な心機能不全
重篤な膵炎
重篤な高血圧症
本剤成分・アスピリンに過敏歴ある者
[ジフルニサル][トリアムテレン]を投与中の者
併用注意 プロペネシド
アスピリン
クマリン系抗凝固薬(ワルファリン
メトトレキサート
リチウム製剤
β遮断剤
ACE阻害剤
ループ利尿薬(ラシックス
ジゴキシン
シクロスポリン
慎重な投与
が必要
消化性潰瘍の既往歴ある者
NSAIDs長期投与
血液異常またはその既往歴ある者
出血傾向の者
肝障害の既往歴ある者(悪化・再発の恐れ)
腎障害の既往歴ある者(悪化・再発の恐れ)
心機能異常の者
高血圧症の者(血圧上昇)
膵炎の者(悪化の恐れ)
過敏症の既往歴ある者
テンカンパーキンソン症候群などの中枢神経疾患(悪化の恐れ)
気管支喘息(喘息発作を誘発する)
SLE
潰瘍性大腸炎の者(悪化の恐れ)
クローン病の者(悪化の恐れ)
高齢者
注意 過度の体温効果に注意
虚脱・四肢冷却の発現に注意
胃腸障害の発現に注意→食後服用





副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状
    アナフィラキシー 冷汗
    顔面蒼白
    呼吸困難
    血圧低下
    →中止・処置
  2. 胃腸出血・・・・→中止し処置必要
  3. うっ血性心不全・・・・→中止し処置必要
  4. S状結腸で穿孔・・・・→中止し処置必要
  5. 黄疸
  6. 潰瘍性大腸炎・・・・→中止し処置必要
  7. かすみ目・・・・・・→中止
  8. かゆみ・・・・・・→中止
  9. 眼窩が痛い
  10. 肝機能障害・・・血液検査が必要
  11. 間質性腎炎・・・・→中止し処置必要
  12. 胸痛
  13. 急性腎不全・・・・→中止し処置必要
  14. ケイレン
  15. 血管浮腫
    血液 貧血
    血小板減少
    出血時間の延長
    紫斑病
    →直ちに中止
  16. 血糖値が上がる
  17. 結膜炎
  18. 結節性紅斑・・・・・・→中止
  19. 血圧上昇
  20. 限局性回腸炎・・・・→中止
  21. 骨髄抑制
  22. 昏睡・・・・→中止し処置必要
  23. 再生不良性貧血
  24. 錯乱・・・・→中止し処置必要
  25. GOT上昇
  26. GPT上昇
  27. 失神
  28. 消化性潰瘍・・・・→中止し処置必要
    消化器症状 腹痛
    消化不良
    食欲不振
    腹部膨満感
    口渇
    口内炎
    悪心
    嘔吐
    胃炎
    下痢
    軟便
    便秘
    膵炎

  29. ショック・・・・→中止し処置必要
  30. ジンマシン・・・・・・→中止
  31. 神経過敏
  32. 振戦
  33. スチーブンズジョンソン症候群・・・・→中止し処置必要
  34. 頭痛
  35. 性器出血・・・・→中止し処置必要
  36. 喘息発作・・・・→中止し処置必要
  37. 脱毛・・・・・・→中止
  38. 脱力感
  39. 知覚異常
  40. 中毒性表皮壊死症・・・・→中止し処置必要
  41. 動悸
  42. 難聴
  43. ねむけ
  44. 尿糖
  45. ネフローゼ症候群
    ネフローゼ 乏尿
    血尿
    血中クレアチニン上昇
    タンパク尿
    BUN上昇
    高カリウム血症
    低アルブミン血症
    →直ちに中止・処置
  46. 肺水腫・・・・→中止し処置必要
  47. 発汗亢進
  48. 鼻血
  49. 疲労感
  50. 頻尿
  51. 不安
  52. 不快感
  53. 不眠
  54. 浮腫
  55. ふらつき感
  56. 発疹・・・・・・→中止
  57. ほてり
  58. 末梢神経炎
  59. 耳鳴り
  60. 脈菅炎・・・・・・→中止
  61. 無顆粒球症
  62. 溶血性貧血
  63. 抑うつ
  64. 離人症




備考 過度に体温下降と発汗・血圧降下・腎機能低下を来す



副作用を防止する
タンパク質で

2010年、関西医科大学の岡崎和一教授と京都大学の淀井淳司教授らは、関節リウマチの痛み止めに使われているインドメタシンなどの消炎鎮痛剤の副作用を防ぐ方法を発見した。

「チオレドキシン」と呼ばれる炎症を抑えるタンパク質を摂取すると、副作用である胃潰瘍などが起きなかった。

動物実験で効果を確認した。

関節リウマチの痛みをやわらげたり脳梗塞を防いだりする非ステロイド系の消炎鎮痛薬は、薬を飲み続けると胃や十二指腸、小腸などに潰瘍を起こすケースがある。
チオレドキシンを混ぜたエサをマウスに与えた後に、インドメタシンを注射したところ、潰瘍は起きずに、正常な胃粘膜に近い状態を保った。

チオレドキシンは体内にある物質。

イレッサの副作用もガードする



















関連情報






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査