情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



インフルエンザの漢方薬






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








インフルエンザ 」 

鳥インフルエンザ」 

新型インフルエンザ







インフルエンザに用いる漢方薬
  1. 葛根湯
    1. 体質中等度。急性上気道炎のファーストチョイス。
    2. 胃腸が丈夫な者。
    3. 後頭部から項部のこりが著しい者。
    4. 発熱・悪寒・汗がでにくい、頭痛・脈浮の者。
    5. ノドが痛いときには、+桔梗石膏。
  2. 桂枝湯
    1. 胃腸虚弱者に。
  3. 香蘇散
    1. 胃腸虚弱者に。
  4. 柴葛解肌湯
  5. 柴胡桂枝乾姜湯
  6. 柴胡桂枝湯
    1. こじれたら。
  7. 小柴胡湯
    1. 体質中等度。
    2. 弛張熱、胸部不快感(胸脇苦満)。
    3. リンパの炎症
    4. 炎症が強い時は+桔梗石膏
  8. 小青竜湯
    1. 胃腸が丈夫な者。
    2. 鼻水・くしゃみが主な、アレルギー性鼻炎。
    3. 足が冷えてむくみやすい者。
  9. 参蘇飲
  10. 真武湯
    1. 悪寒が強く、全身倦怠感がある。
    2. 水様性の下痢をする者
    3. 新陳代謝が低下している者。
  11. 清上防風湯
  12. 大柴胡湯
  13. 調胃承気湯
  14. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  15. 白虎加人参湯
    1. 藤平健氏は、かって感冒にかかり、葛根湯や小柴胡湯+石膏、小柴胡湯+白虎加人参湯などを用いたが治らず、発病5日目に、次のような症状になった。
      「1/11、うとうとしているうちに、苦しさのため目を覚ます。4時、非常にのどが渇き、コップ1杯の水を飲み干す。心臓部が苦しい。熱はまた40、2℃に上がっている。汗は顔といわず、体といわず沸々として流れ出で、しかも背中は水中にひたっている様にゾクゾクと寒い、心下は痞硬して苦しく、鳩尾から臍にかけて盛り上がった様な自覚があり苦しい。朝5時、夜明けを待ちきれず、奥田先生に“御来診を乞う”の電報を打つ。胸の中が何ともいえず苦しくて、転々反側する。8時、熱依然として39、7℃。ただのかぜか、チフスか、敗血症かと心は迷い乱れる。10時、待ちに待った先生御来着。脈洪大、煩渇、自汗、背微悪寒心下痞硬があって、まさしく三陽の合病。白虎加人参湯証に間違いなしと、精診の後、診断を下される。背微悪寒というと背部の軽微な悪寒と考え勝ちだが、この微は幽微の微で軽微の微ではない。身体の深い所から出てくる悪寒と考えるべきで、従って、このように強く自覚される悪寒が本方証にあっても、チットも差し支えないとお教え下さる。同方を服して、1時間後、先ず悪寒、心下痞塞感は消退し、背中は温まり、鳩尾は軽くなって来た。3時半には体温も37、5℃に下がり、すべての症状が拭うが如くに消え去って、軽い頭痛を残すのみとなった。急に食欲が出てきたので、急いで粥を 作ってもらって食べる。実にうまい。発病以来はじめて快眠をむさぼる。」
      この治験のように、白虎加人参湯の熱には、はげしい悪寒と口渇、多汗、心下痞硬、胸苦しさが伴うことがある。《大塚敬節》
  16. 防風通聖散
  17. 麻黄細辛附子湯
    1. インフルエンザ:此方はもと表熱を兼ねる者故に、後世の感冒挟陰の証と同じ。
    2. 悪寒・咽頭痛・頭痛・鼻水。
    3. 発熱より悪寒が強い
    4. 暖房していても寒い
    5. こじれたら+桂枝湯
  18. 麻黄湯
    1. 小児、熱性病の初起にして、表熱甚だしく、卒然として、人事不省に陥れる者、此方を以て大発汗し、治癒することあり。《奥田謙蔵》
    2. 高熱で悪寒が強い。発汗せず、身体の節々が痛い、腰がうずく者。
    3. 症状が重く、葛根湯で発汗しない者。
    4. インフルエンザのファーストチョイス。
    5. 胃腸が丈夫な者。






インフルエンザの芳香療法
  1. 初期:
    「ティートリー、1〜3滴をバスタブに入れて熱い沐浴をすると、発汗させて治療」
    「ユーカリ+ラベンダー」:沐浴及び精油バーナーで蒸散噴霧。
  2. 回復期:
    1. ベルガモット
    2. ローズマリー


インフルエンザの民間療法
  • 緑茶



鳥インフルエンザ」「新型インフルエンザ」「急性脳症」「ウエストナイル熱」「白血球減少症」「かぜ」「毒素性ショック症候群」「傷寒」「肺炎」「中耳炎」「SNP」「筋肉痛」「関節痛」「人喰いバクテリア」「ギランバレー症候群








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬