ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP







HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





漢方薬の選び方



東洋医学

病質

熱証・寒証

実証・虚証
広告



茵k五苓散


(効能効果)
  • 体力中等度以上をめやすとして、ノドが渇いて、尿量が少ないものの次の諸症
    1. ジンマシン
    2. 二日酔い
    3. むくみ
    4. 嘔吐


(適応)
  • 五苓散に茵k蒿を加えた処方で、口が渇き、尿量が減り、むくんだりするタイプに用いる。
  • また、肝胆に炎症があり、気持ちが悪くて吐いたり、時に黄疸が出ることもある。
  • このような方の「二日酔い」「ジンマシン」などに応用する。
    • 一般には脾胃湿熱、肝胆湿熱の肝障害や吐き気(ときに黄疸を伴う)などに用いる。
    • 湿熱とは湿邪と熱邪が合わさって起こった病症のことで、
      1. 発熱
      2. 頭痛
      3. からだが重くて痛む
      4. お腹がはって食欲がない
      5. 小便が少なく黄赤色を示す
      ことがある。
    • 応用として、湿熱の病症としての二日酔いやジンマシンに用いる。
  1. 黄疸
  2. 肝炎
  3. 腎炎
  4. 腎硬変
  5. 蕁麻疹
  6. 腹水
  7. 二日酔い



インチンゴレイサン(金匱要略)
インチンコウ6.0 澤瀉4.0 茯苓4.5
猪苓4.5 白朮4.5 桂枝3.0













関連情報 漢方薬」「」「病位」「病質」「熱証・寒証」「実証・虚証」「陰虚」「病名一覧」「漢方医学」「日本漢方」「古方の漢方処方」「韓国漢方」「漢方処方集」「漢方書籍」「臓腑の主治薬」「臓腑の引経薬」 「医食同源






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査