ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



陰陽



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





熱証・寒証
実証・虚証
証(しょう)
日本漢方
漢方の用語
3000処方
漢方医学
広告




陰陽(いんよう)
陰陽とは、新陳代謝の状態を表現しています。

漢方医学では 


  • 体表の皮膚を陽とし、内臓を陰とする。
    • ところで同じ皮膚でも背の方が陽であり、腹の方が陰であり、
    • また内臓でも、六腑の方が陽であり、五臓の方が陰である。
    • また五臓の中でも上にある心や肺は、下にある腎よりも陽であり、逆に腎は心や肺よりも陰である。

  • 上半身を陽とし、下半身を陰とする。

  • 気を陽とし、血を陰とする。
    • また精神のような形のない、みることができないものを陽とし、肉体を陰とする。

  • 火を陽とし、水を陰とする。

  • 熱を陽とし、寒を陰とする。

  • 症状の発陽性のものを陽とし、沈状性のものを陰とする。

  • 浮かんだ脈は陽であり、沈んだ脈は陰である。
    • 数脈は陽であり、遅脈は陰である。

  • 新陳代謝の亢進が陽であり、新陳代謝の沈衰が陰である。






体質 疾病
(新陳代謝が亢進)
・血色が良い乳幼児
・活動的な成人
・暑がり
・多汗
・肥満的傾向
・感冒の初期に高熱/頻脈/赤ら顔

・高血圧症

・脂肪肝

・甲状腺機能亢進症
(新陳代謝が低下傾向)
・顔色が悪い高齢者に多い。
・動作緩慢
・やせている
・冷え症
・汗をかかない
・低体温傾向
・感冒でも無熱/悪寒/徐脈/青白い顔

・低血圧症

・胃下垂

・甲状腺機能低下症






陰証(いんしょう)
=病の状態が静的で、沈降性で、寒性で、新陳代謝の沈衰している状態をいう。
  1. 尿の色・・・・・うすく
  2. 手足は・・・・・冷え
  3. 脈は・・・・・・・沈、遅、細、微
  4. 顔色は・・・・・蒼く、生気に乏しい。
  5. 薬物・・・・・・・「乾姜」「附子」などが使われる。






陽証(ようしょう)
=病情が動的で、発揚性、熱性で、新陳代謝の亢進している状態をいう。
  1. 顔色・・・・・・・赤く
  2. 舌は・・・・・・・乾き、口渇を訴え
  3. 尿の色は・・・着色し
  4. 脈は・・・・・・・洪大、数(サク)、滑。




純陽も純陰もない
  • ここで注意しなければならないのは、陰陽には、純陰のものも、純陽のものもないということである。
  • 常に陽中にも陰があり、陰中にも陽がある。
    • 男性の中に女性ホルモンがあり、女性の中にも男性ホルモンがあるように。

  • 陽の性質の多い方を陽とし、陰の性質の多い方を陰とする。
  • 《漢方診療医典》より



【太極図】
  • 太極図陰陽が旋回運動をしながら、それぞれ消長的に変化する

    黒・白はそれぞれ陰・陽、あるいは無・有、もしくは空・色に対応するもので、たがいにまわりあい、しかも小さな点を通して互いに突き抜け、混ざり合って同一化している世界。
    そこでは有限と無限が溶け合って、互いに共鳴しあい、変わるこのない永遠の運動に身を任せています。

    (佐治晴夫著「ゆらぎの不思議な世界」p106)


関連情報 漢方の用語」「3000処方」「漢方医学















解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査