遺尿症の漢方薬
  黄蓍建中湯

桂枝加竜骨牡蛎湯
  1. 小児の遺尿に《浅田宗伯》
  2. 私はこれを遺尿症に用いる時は、臍部の動悸の亢進と神経質で物に感じやすい点や寝ぼけるというところに注目している。《大塚敬節》
  3. 此方は虚労失精の主方なれども、小児の遺尿に効あり《勿誤薬室方函口訣》

五苓散

滋陰降火湯《万病回春》

滋栄養衛湯《済世全書》

四君子湯

参蓍湯《万病回春》

真武湯

人参白虎湯《万病回春》

八味地黄丸

白虎加人参湯

白虎湯《傷寒論》

茯苓甘草湯

補中益気湯《寿世保元》

苓姜朮甘湯

六味丸−沢瀉牡丹皮+五味子・遠志・鹿角膠《軒岐救正論》





遺尿 (いにょう)=小便失禁

enuresis=遺尿。 「遺溺」

尿

⇒漢方の病証名。


小便失禁
・寝小便のこと。


不随意に尿をもらすことだが、排尿のコントロールは3才以下では出来ないのが普通なので4才以上を病的とする。(南山堂ー医学大辞典)



チェック
夜尿症」「小便失禁











    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved