ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



イライラ



HOME naoruTOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品






広告



関連情報 不安
ストレス
神経過敏
ウツ病
怒りっぽい
バセドウ病
ノイローゼ
肝機能障害
疳積持ち
月経前緊張症
男性更年期障害
アレルギー
シックハウス症候群
音楽療法
買い物依存症
鉛中毒



イライラの漢方薬
①温清飲


②黄連解毒湯


③黄連湯


④加味逍遥散
  1. 63歳の婦人。2年前、胃潰瘍で吐血し、入院したことがある。1ヶ月前に風邪を引き、頭重・全身倦怠・肩こり・のぼせ・悪寒・便秘・発汗などがあり、イライラするという。食欲は普通、ゲップが出る。
    初診時には血圧が(140-90)。以前は低血圧であったとのことである。脈はやや弱く、腹を診てみると、軽度の胸脇苦満が認められた。。舌にコケはない。
    加味逍遥散エキスを15日分服用すると、諸症状が好転し、血圧も(120-80)となり、続けて飲んだところ、経過はますます良好となった」《矢数圭堂》


⑤加味逍遥散紅参


⑥桂枝茯苓丸


⑦柴胡加竜骨牡蛎湯
  1. 癇症(神経がイライラする症)にて、煩驚なく、四肢掣縦(不自由)、心志不安者は:「大黄・鉛丹芍薬・釣藤鈎・羚羊角・甘草」《勿誤薬室方函口訣》
  2. 癇症、夜安眠を得ず、喜笑止まず、あるいは痰喘壅塞し、精神爽やかならざる者を治す。《傷寒論識》


⑧柴胡桂枝乾姜湯


⑨柴胡桂枝湯
  1. 20歳女性。未婚。6歳の時に小児麻痺にかかり、その後、右脚に軽度の運動障害が残っている。一昨年、腎炎にかかったがこれは治った。
    この患者には幼少の頃からテンカンがあるが、それが何時発病したか、はっきりしない。小学校に通う頃には、時々意識消失を伴う痙攣発作があり、小学5年生の時、食事中に、茶碗を落とすことが度々あった。しかし3年間の服薬で一旦は痙攣発作が止み、10ヶ月後に再発した。最近は、大発作はないが、朝起きる前に、時々寝床に尿を失禁することがあり、気分がムラでイライラしたり、焦ったり、猫が私に乗り移っていると言ってみたり、ソワソワしたり、考え込んだりして、家事のことは何1つとしてしないと云う。
    初診は昭和37年2/11、体格も小柄で、血色は普通である。脈は浮大数である。腹部は左右の腹直筋が緊張し、ことに臍の左右の部分が硬い。心下に圧痛はあるが胸脇苦満はない。臍上で動悸が亢進している。しかも振水音も証明できる。大便はやや秘結がちである。月経は順調であるが、月経前になると腹を立てて困ると云う。
    私はこれに柴胡桂枝湯を与えたが、2.19の再来の時、母親の云うのに、この頃は気分が落ち着き、朝は起こされなくても、一人で起きて、掃除をするようになり、考え込むことがなくなった。それに昨日は一人で風呂に行く気になった。これは全く珍しいことであると云う。2/25、ほとんど常人と変わらなくなった。性格が変わって、別人のようになったと、母親が喜んで、何遍も礼をいった。《大塚敬節》


⑩三黄瀉心湯
  • 1 気分が不安でイライラして落ち着かないのを云ったものを、《備急千金要方》では「心気不定」という。
    興奮したり、気分がイライラしたり、落ち着きを失ったり、狂躁という状態がよく見られる。
    又、幻覚を訴える者もある。
    《大塚敬節》
    2 気分がイライラして落ち着かず、吐血・喀血する者《大塚敬節》
    3 気分がイライラして落ち着かず、安眠出来ず、食のすすまない者などで、腹部は膨満せず、表面には抵抗はないが、自覚的には、心下部につかえた感じを訴え、腹底に力がある者に用いる《大塚敬節》
    4 58歳女性。
    7、8年前の、丁度月経の閉止する頃に、腎盂炎にかかり、それが治ってのち、腎盂炎の時に経験したような悪寒が、1日の中に数回背中を通り、その後で背中が燃えるように熱し、その熱感は下から起こって上に通り過ぎる。その時、体温を測っても、平温であるという。その他、絶えず、気分がイライラして落ち着かず、耳鳴があり、大便は秘結する。こんな症状が7、8年の間、毎日続き、医師の診察を受けても、神経だとて相手にしてくれないと云う。
    昔からこのような症状を、血の道と呼んでいる。一種の神経症である。この気のいらつく感じ、背中が燃える感じ、便秘という症状は、三黄瀉心湯を用いる目標である。
    そこで10日分の三黄瀉心湯を与えた。これで症状はたいへん軽快したが、患者は6ヶ月間引き続きこの薬を呑み、ついに全治した。
    《大塚敬節》
    5 顔の赤い、がっちりした体格の56歳の男子が、夫人につれられて来院した。この人は3年前に軽い脳出血にかかり、その後、歩行が不自由になり、左手がシビレ、言語が滑らかに出なくなった。その上、腹がたちやすく、1日中イライラして怒っているという。脈をみると弦大で、腹部は一体に緊張している。三黄瀉心湯を与える。
    これを2週間分飲み終わる頃より、気分が落ち着き腹が立たなくなり、1ヶ月ほどで歩行が確かになり、3ヶ月目には、1人で青森まで旅行し、何の故障もなく帰宅した。
    《大塚敬節》


⑪酸棗仁湯   


⑫四逆散


⑬小柴胡湯


⑭神秘湯
  1. (感情が不安定)


⑮清心蓮子飲


⑯清肺湯


⑰大柴胡湯


⑱釣藤散


⑲猪苓湯


⑳猪苓湯四物湯


㉑天王補心丸


㉒防風通聖散


㉓木防已湯


㉔抑肝散加陳皮半夏


㉕竜胆瀉肝湯



イライラの針灸ツボ
「筋縮穴(第9椎の下)」  《沢田流聞書鍼灸眞髄》






イライラの芳香療法
  1. 安息香
  2. クラリセージ
  3. サンダルウド
  4. ジュニパー
  5. 乳香
  6. ネロリ
  7. バラ
  8. ベルガモット
  9. マージョラム
  10. メリッサ
  11. ラベンダー



イライラの宝石療法
  1. [真珠]
  2. [カルセドニー]・・・
  3. [ジルコン]





イライラ
イライラ、落ち着かないのは
  1. アレルギー
  2. チック
  3. バセドウ病
  4. ノイローゼ


情緒不安定
  1. 子供の情緒不安定の原因に、食品添加物過敏症の可能性がある。
    いつも健康状態がすぐれず、はっきりした理由も見あたらないときには、検査したほうが良い
  2. チェック→「有機リン化合物の慢性中毒


(副作用でイライラする医薬品)
  • 「コメリアン」「セレナール」「ダイヤモックス」「テオドール」「ナトリックス」「ハルシオン」「ペリアクチン」「マイスリー」「メイラックス」「メキシチール」「メトリジン」「リスミー」「リズミック」「リュープリン」「レンドルミン」「ワンアルファ」





イライラに対する対処法
  • アンガーマネジメント






チェック
不安」「ストレス」「神経過敏」「ウツ病」「怒りっぽい」「バセドウ病」「ノイローゼ」「肝機能障害」「疳積持ち」「月経前緊張症」「男性更年期障害」「アレルギー」「シックハウス症候群」「音楽療法」「買い物依存症」「鉛中毒」「検査で異常を示さない肝障害









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬