ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



入れ歯があわない



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





口内炎
歯周病
インプラント
広告




入れ歯が合わない
「保険診療でお願いします」

<1>前歯の場合・・・・「硬質レジンの前装冠でお願いします」

<2>保険外のセラミックとあまり変わらない。

“一生もの”・・・・・なんてあり得ない。




<1>「ビタ社のA3でお願いします」80%の日本人の場合、この色で合う。

<2>白い色がいい人はA2。





「接着ブリッジによる欠損補綴並びに動揺歯固定」で高度先進医療が認められている病院(承認順)

・岡山大学医学部・歯学部附属病院
・広島大学病院
・長崎大学医学部・歯学部附属病院
・鹿児島大学病院





「光学印象採得による陶材歯冠修復法」で高度先進医療が認められている病院(承認順)

・岡山大学医学部・歯学部附属病院
・北海道大学病院
・広島大学病院
・新潟大学医歯学総合病院




歯ぐきの骨を再生する臨床研究を2011年から東京大学医科学研究所の各務秀明特任教授らが、始める。
歯周病などで傷ついた骨を再生させインプラント(人工歯根)の埋め込みなどの歯科治療を目指す。
臨床研究では歯槽骨の再生を目指す。
歯周病などによって歯槽骨が痛んでいると、インプラントを埋め込めない。現在は患者自身の腰の骨を削り取ったり、人工骨をつかって移植しているが、全身麻痺や費用の面で患者負担が大きい。







2010年、日本歯科大生命歯学部の中原貴教授と石川博客員教授らは、歯の一部から大きな歯を育てる実験をマウスで成功した。
体外で完全な歯の培養は初めて。
チタンなどを使うインプラントの代わりになる。
3年後に人の歯での応用を目指す。
生後5日のマウスの親不知に当たる歯根から膜の細胞を培養。長さ0.3mmぐらいの臼歯の歯冠部分を載せると歯根がのび、4週間で長さ2,mm程度の歯になった。




ポリマー樹脂で・・・・削りが不要
2012年、歯科材料開発のウェルデンツは、歯の抜けた部分にはめ込むタイプの入れ歯を開発した。ポリマー素材を採用。
長期間変性や変色せず使用できる。歯の抜けた部分にはめ込むため、周囲の健康な歯を削らずにすむ。



高度先進医療が認められている病院(承認順)
  • 東京歯科大学水道橋病院
    東京歯科大学千葉病院
    東京医科歯科大学歯学部附属病院
    日本歯科大学歯学部附属病院
    名古屋大学医学部附属病院
    佐賀大学医学部附属病院
    京都大学医学部附属病院
    愛知医科大学附属病院
    昭和大学歯科病院
    福島県立医科大学附属病院
    横浜市立大学附属病院
    琉球大学医学部附属病院
    金沢大学医学部附属病院
    徳島大学病院
    奈良県立医科大学附属病院
    三重大学医学部附属病院
    弘前大学医学部附属病院
    秋田大学医学部附属病院
    札幌医科大学医学部附属病院
    神戸大学医学部附属病院
    岡山大学医学部・歯学部附属病院
    信州大学医学部附属病院
    長崎大学医学部・歯学部附属病院
    慶應義塾大学病院
    金沢医科大学病院
    筑波大学附属病院
    九州大学病院
    新潟大学医歯学総合病院
    名古屋市立大学病院
    大阪大学歯学部附属病院
    久留米大学病院
    高知大学医学部附属病院
    兵庫医科大学病院
    滋賀医科大学医学部附属病院
    群馬大学医学部附属病院






パソコン入力
2009年、同志社大学の有田C三郎教授と大阪歯科大学の小出武・病院教授らのチームは、歯科医師が患者の歯の状態を調べた内容を音声でパソコンに入力できるシステムを開発した。
現在は歯科医師の発言内容を歯科衛生士らが聞き取って手書きしている。



木床義歯
江戸時代
  • 平安時代末期から木の土台に人や動物の歯を取り付けた木床義歯が使われた。
  • 現存する国内最古の入れ歯は1538年に亡くなった尼僧が使ったもの。
  • その後、江戸時代に入って木の土台はツゲ製で歯は蝋石製に進化。
  • 神奈川県歯科医師会・歯の博物館に展示。


歯科医でもかんたんに義歯作製
  • 2013年、歯科技工士に外注せずに歯の詰め物や義歯を作製できるCAD/CAMシステムをヨシダが販売する。2〜3時間で作製できる。

3Dプリンターで入れ歯
  • 三井化学が参入
  • 患者→歯型をポリマーで採取(歯科医)→3Dデーター作成(技工所)→入れ歯作製(技工所)→シミュレーションソフトで微調整(歯科医)






関連情報 口内炎」「歯周病」「インプラント






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査