情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ヒルシュスプリング病





イレウス/腸閉塞

ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







腸の運動

腸閉塞

麻痺性イレウス






ヒルシュスプリング病
神経細胞が近道して移動
  • 2012年、理化学研究所の榎本秀樹研究質量らは、マウスの胎児を観測して、腸管の神経網ができあがる際に、神経細胞が近道となる血管組織を横切って小腸から大腸に移動していることを突き止めた。
  • 成果は8/20ネイチャー・ニューロサイエンス(電子版)に掲載。

  • 小腸や大腸からなる腸管は神経網で囲まれている
  • マウスでは受精後10日ぐらいで小腸から大腸に向けて神経細胞が移動して神経網を作る。完成するまでわずか1日という短期間で何故できるのかが不明だった。
  • 研究チームは、マウスを遺伝子操作して神経細胞を光るようにした。

  • 胎児の腸管を特殊な顕微鏡で見ると小腸と大腸がU字状になったとき、神経細胞がその間にある血管組織を横切って大腸に移り神経網を作っていた。

  • 腸管に神経網ができず腸閉塞を引き起こす「ヒルシュスプリング病」との関連も調べた。
  • この疾病マウスは近道を通る細胞が少なく神経網の形成が遅かった。
  • ヒルシュスプリング病は新生児5000人に1人の割合で発症する








チェック
関連情報
麻痺性イレウス」「急性腹症」「急性腹膜炎」「鼓脹」「腹痛」「コウジン(紅参)











TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬