ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




胃酸過多症



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




胃酸過多症の漢方薬
  1. 安中散
    1. 食前、食後を問わず、臍傍に疼痛のある者に用いる。また嘔吐を訴え、すっぱい水を吐くことがある。腹壁は弛緩して栄養が悪く、臍傍で動悸の亢進を認めることがある。食欲が異常に亢進したり、甘味を好むものがある。牡蛎のかわりに、代赭石を用いて、頑固な噫気、胸やけの止むことがある。(漢方診療医典)
    2. 胸やけとともに胃痛や腹痛があるとき《山田光胤》
  2. 烏梅丸
  3. 黄連湯
  4. 括楼薤白白酒湯
  5. 枳実梔子湯
  6. 救逆湯
  7. 呉茱萸湯
  8. 五苓散
  9. 柴胡桂枝乾姜湯
  10. 柴胡桂枝湯
    1. 心下部の疼痛を主訴とする者に用いる。噫気や胸やけのある者には、茴香2.0、牡蛎3.0を加えるとよい。胸脇苦満と腹直筋の緊張を目標にする(漢方診療医典)
  11. 三黄瀉心湯
    1. 腹が痛んだり、おなかが張ったり、軽い胸やけがあって、便秘気味のとき《山田光胤》
  12. 四逆散
  13. 梔子乾姜湯
  14. 梔子大黄湯
  15. 小陥胸湯
  16. 生姜瀉心湯
    1. 心下痞硬、胃部膨満、噫気、胸やけのある者を目標にする(漢方診療医典)
  17. 小建中湯
  18. 小柴胡湯
  19. 小青竜湯
  20. 旋覆代赭湯
    1. 生姜瀉心湯よりも虚証の患者で、腹力も弱く噫気、胸やけのある者に用いる(漢方診療医典)
  21. 大柴胡湯
  22. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  23. 当帰芍薬散
  24. 人参湯
  25. 半夏瀉心湯
    1. 腹痛、軽い胸やけあり、下痢気味のとき《山田光胤》
    2. 30歳女性。生まれつき胃腸が弱く、数年前から胃のあたりが気になって、ときどきグーグー鳴って下痢する。眠りも浅くなって、胃に鈍痛を覚えるようになった。《山田光胤》
  26. 茯苓飲
  27. 六君子湯
    1. 食欲が無く、悪心があり、食後に胃の膨満を訴えるものによい(漢方診療医典)
  28. 苓甘姜味辛夏仁黄湯
  29. 苓桂朮甘湯
  30. 苓桂甘棗湯




漢方療法 漢方の治療では、胃酸過多症であとうと、過少症であろうと、それによって、治療の方針が変わるのではなく、胃の機能を回復せしめて、分泌障害を治するようにすればよい(漢方診療医典)
民間療法 ○アカメガシワ・イカ・エビスグサ・カキ・クチナシ・ゴボウ・ゴマ・スズメ・センブリ・ダイコン・ツルナ・ドクダミ・ニワトリ・ミカン・ヨモギ・リンドウ。
針灸のつぼ 《沢田流聞書鍼灸眞髄》
「膏肓穴(心兪の外方。肩胛骨の内縁陥中。一般書の神堂穴に当たる)」
「天クと肺兪と膏肓とへ灸する」
「膈兪、膏肓」
膈兪の1行又は至陽が効く。
重いものは膏肓が必要。全体療法が要る。










=「過酸症 hyperacidity」
食事をすると胃酸の分泌が高まり、空腹時には胃酸が低下するのが普通ですが、胃酸過多症では、食後3〜4時間後の空腹時にも胃酸の分泌が減らないので、胸やけしたり、ゲップが出たり、時にはすっぱいものが口に上がって来ます。

○胃酸過多とは:
「胃液に含まれている塩酸の酸度が異常に高い状態のことで、これによって胃部の圧迫感・不快感・胸やけ・げっぷなどの症状が起こるときに胃酸過多症といいます。」




重曹(炭酸水素ナトリウム)・・・即効性
ケイ酸マグネシウム・・・・・・遅効性
沈降炭酸カルシウム ・・・・持続性










関連情報 胸やけ

ウコン










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬